恋ケ窪公民館 「幼い子のいる親のための教室」

「じぶん」を見つめ
生き方・家族・子育てを前向きに考える場

1階が図書館で2階が公民館

恋ケ窪公民館の保育室担当の萩野可奈子さんにお話しを伺いました。

 

Q1.恋ケ窪公民館での講座の特色

教室のあとはピクニック気分でランチができる公民館の中庭

 

「今年度は、全回を通して『母でもなく、妻でもなく、自分自身を考える時間をもつこと』をテーマにしています。教室の内容はアサーティブというコミュニケーション技法を学ぶことが主ですが、地域のお役立ち情報・ヨガ・食育・キャリアを考える・交流会なども組み込んでいます。

また、毎年教室と並行して、おすすめの遊び場やレシピ、子育てアイテムがまとまった冊子作りもしています。恋ケ窪公民館は全面人工芝の広い中庭があるのが特色なので、参加者は教室後にランチをして帰ることもあります」

ママたちのおすすめ情報が詰まった冊子

※アサーティブとは?
アサーティブ(自己表現・主張)トレーニングとは、アメリカの人権運動、女性解放運動のなかで生まれたコミュニケーションのための教育法です。自分の感情や考えを素直に伝えて、「自己を尊重し、相手も尊重する」という考え方・態度により、対等で良好な人間関係を築いていこうとするものです。単なる言葉のテクニックではなく、自分のコミュニケーションのパターンや性格の傾向に気づき、無理なく自分に使える表現を身につけていきます。(NPO法人 ウィメンズ・サポート・オフィス 連 講座案内より引用)

 

Q2.講座の内容・進め方

保育の日は、子ども達のために保育室外の廊下に長いじゅうたんが敷かれます

「教室の講座は、全回を通してアサーティブの講師にお願いしていますが、講座内容によって栄養士の方や地域情報に詳しい地域コンシェルジュの方など専門の方もお迎えしています。講義の進め方も、講師による講義だけでなく、話し合い・自分自身の振り返り・グループワークなど、講座の内容によってさまざまです。ヨガをすることもあれば、親子交流会でハロウィンパーティーやクリスマス会など、季節感を取り入れたイベントを行うこともあります。教室の内容はほぼ決まっていますが、もう少し深く話を聞きたいなど参加者の希望があれば、講師に相談することもあります」

 

子ども達の大好きなおもちゃがたくさん

Q3.保育室の施設について

「すべり台などの大型の遊具はありませんが、お布団やたくさんのおもちゃ(大きなブロック、おもちゃのついたベビーサークル、ままごとキッチンやミニカーなど)があります。また、保育室には大きな窓があり、そこから車や人が通るのを見るのも子ども達の楽しみのひとつです」

 

Q4.教室後の自主グループ活動について

「現在、保育室を利用しているグループは『ともとも』、『あさがお』、『SBちょきちょきず』の3つです。公民館祭の参加や、共催講座の企画、運営、メンバーの得意なことを教え合うなどの活動をしています。保育室を卒室した子どものお母さん方も、不定期で集まって自主グループとして活動をしています。教室が終了した後は、ほぼ毎年自主グループとして活動しています」

 

参加希望者へのメッセージ

「子育てをしていると、自分のことはつい後回しにせざるを得ない時も多いかと思います。自分に焦点を当てる時間を持つことで、『私は何がしたいのか』、『私はどう思うのか』と自分を見つめなおす時間になり、時にリラックスできる時間になります。また、講師に話を聞いて、勉強し、大人同士で意見を交換しあうというのは、なんとも新鮮でワクワクできる時間になります。こういった長期講座や自主グループに保育をつけられる予算が出ている市は少ないと思います。子育て世代のコミュニティーを大切にする国分寺市に住み、子育てしている方は是非活用して頂きたいと思います。
自分のことや生き方・家族のこれからをしっかり考えていくと自信が持てるようになり、子育てにもこれからのことにも前向きに取り組めるようになります。親子で気軽にリフレッシュできる親子ひろばとはまた違う、自分を見つめ直せる大人だけの時間がもてる公民館保育室。どちらの良さも是非ご体験ください」
 
リポーターの感想

教室の講座にヨガがあることに驚きました。じっくりと自分のこころとからだ、両方に向き合える教室なのだなあと感じました。また、参加者の方のおすすめがたっぷり詰まった冊子は、知りたい情報が満載で、私も「この冊子、欲しいなあ」と思ってしまいました。教室後の中庭でのランチで、更にお母さん同士で話が深まり充実した時間が過ごせるのではと思います。

 

取材:ぶんハピリポーター


育児サークル はとぽっぽ

育児サークル はとぽっぽを取材して来ました。

児童館内のメンバー募集のポスター

ほとぽっぽは、しんまち児童館を主な活動場所としている育児サークルです。現在は、主に幼稚園入園前の子どもとママ達が中心となって週2回(火・木)活動しています。サークルメンバーは、現在5組の親子。用事があったり、子どもやママの体調が悪ければお休みすることも。毎回、集まれるメンバーで一緒にお昼ご飯を作ってみんなで食べるという気軽なゆるいサークルとのこと。現在のメンバーの中には、パートタイムで働いているママも参加しているそうです。

 

Q1 はとぽっぽの活動はいつからスタートしましたか?

昭和50年頃に創設され、親子で楽しむサークルとしてメンバーが入れかわりながら40年以上活動が続いています。創設当時は、幼稚園に代わる居場所・遊び場を目的とするお母さんたちの自主保育サークルだったそうです。

 

Q2 活動内容

児童館内のキッチンでお昼ご飯を準備するママ達

おひなさま、七夕、お月見、運動会、クリスマスなどの季節の行事を行ったり、サークルOB・OGのお兄さん・お姉さんを巻き込んで子ども祭りを行っています。児童館の体育館で行う運動会では、タイムを測定するおんぶ競争やママ達のパン食い競争などで盛り上がります。特に目的を決めず、しんまち児童館に集まって、子どもたちを自由に遊ばせる日もあります。室内遊びでは、新聞破りが子どもたちに人気です。暖かくなったら、児童館の近くを散歩したり、窪東公園などへ行って外遊びもしたいと思っています。

 

Q3サークル活動でよかったことは?

自由に好きなおもちゃで遊ぶ子どもたち

家庭でママが一人で準備をするのが大変な年中行事も、サークルのみんなと一緒に行えば子どもを見合いながらラクに準備でき、楽しさは何倍にもなります。

現在のメンバーは、第1子が幼稚園、小中学生で、2人目や3人目が1歳前後という人が多く、それぞれ住んでいる地区が異なるため小学校の学区も違います。市内の色々な地域の情報交換(子どもを遊ばせやすい公園の情報、スーパーのお得情報など)ができるのと学区が違うからこそ、育児だけでなく幼稚園や学校での様々な悩みなどを相談しやすいですね。

 

Q4 代表の小川さんからのメッセージ

はとぽっぽの活動では、自分たちでやりたいことをやっています。ひとりで子育てしていると、いっぱいいっぱいになってしまいますが、サークルに入って集まると、心が楽になります。お金をかけずに楽しむことができる育児サークルの良さを、もっとたくさんの人に知ってもらいたいです。

取材の日は、クリスマス会だったのでメンバー5組全員が参加していました。ママ達は楽しそうに話しながらお料理を準備して、お子さん達は児童館のおもちゃで遊んで待っていました。正規メンバーではない親子も1組参加していましたが、どの子がビジターかわからないくらいなじんで一緒に遊んでいました。その様子から新しい人が参加しやすい開かれたサークルであることが良く分かりました。

はとぽっぽでは、いつでも体験参加OKだそうです。直接児童館へ気軽に遊びに行ってみてください。

 

小川さんのぶんハピ    国分寺歴15年

はとぽっぽ代表 小川祐子さん

身近な自然と新鮮な野菜

国分寺は都心へのアクセスが良いのに、自然が残っていて程よく田舎なところが良いですね。野菜の直売所が多く、とても新鮮な野菜を安く買えることもうれしいです。

 

取材:ぶんハピリポーター

 

基本情報

育児サークル はとぽっぽ

代表:小川祐子さん

連絡先:080-5035-5664

活動日時:毎週火・木 10:30~13:00過ぎ

主な活動場所:しんまち児童館


本多公民館 「幼い子のいる親のための教室」(子育て支援事業)

講座内容は参加者のオーダーメイド
語りつくせる仲間ができる教室

 

向かって右が本多公民館、左が図書館

本多公民館の子育て支援事業担当の木場さん、櫻井さんに「幼い子のいる親のための教室」について、お話しを伺いました。

 

Q1.本多公民館での講座の特色

「『本多公民館の幼い子のいる親の教室』は、お母さんたちに話し合いたいテーマを事前に出してもらい、毎回の話し合いのテーマを決めています。教室の前半5回は子どものことについて、後半4回は自分の生き方について話し合います(最後の2回は教室の振り返りと保育者懇談会)。

各回でテーマはあるものの、話し合いの途中で出た違う話題についても取り上げることがあり、自由な雰囲気で行っています」

 

Q2 講座の内容・進め方

毎回、みんなで決めたテーマを話し合います

「事前に集めたテーマをもとに、毎回違うテーマを話し合います。2017年度の講座では、子どもの食事や叱り方や、夫や親との関係など、さまざまなことを話し合います。毎回、この教室が終わったあとは、次回までに教室の感想を出してもらっています。参加者の方が感想を送ることは、教室で聞いたことを復習し整理することにつながります。より教室が有意義な時間になるよう工夫しています」

 

Q3.保育室の設備について

窓から光が差し込む3畳の畳スペース

「保育室は親子20組が入れるほど広々としています。本多公民館の保育室にはすべり台やトランポリン、大型ブロックなどの大型遊具があり、ダイナミックな遊びも子ども達に人気だそうです。3畳分の畳スペースもあるため、万が一子どもが寝てしまっても布団を敷いて寝かせることができます」

 

子ども達に人気のすべり台。(こちらは収納時の状態)トランポリンなどの大型遊具もあります。

 

 

Q4.教室後の自主グループ活動について

「教室が終了した後は、そのままグループ活動をする方がほとんどだそうです。しかし、ここ数年は、職場復帰する方が増えており、人数が減少した場合は他のグループに合流することもあるようです。

現在はカンガルー、くれよん、ぽっぽ、ルピナスの4グループがあります。アロマやヨガの学習、お裁縫、調理実習、子育てに関する話し合いや幼稚園・学校の情報交換などの活動をしています」

 

参加希望者へのメッセージ

「子育てをする中で、不安や悩みは付きまといます。他の人の意見に耳を傾けることで、新たなものの見方や発見があります。最初は毎回参加できるだろうか、知らない人の中に入るのはちょっと気が引ける、という気持ちになるかもしれませんが、一歩踏み出すことで、今までとは違う子育てや生き方に出会うことができると思います」

 

リポーターの感想

私自身、子育てをしているとあっという間に1日が過ぎてしまい、自分のことを考えることもままならないことがよくあります。私も今年の教室に参加させていただいておりますが、子どもを預けて同じ境遇の仲間とじっくり話をする時間はとても貴重だと思いました。教室を終えたお母さんも保育室から出てくる子どもたちもみんな晴れ晴れとした顔をしており、母子がハツラツとした良い関係を築く絶好の機会になると感じました。

 

取材:ぶんハピリポーター

 

施設情報

本多公民館

TEL:042-321-0085

住所:国分寺市本多1-7-1

 


公民館の子育て支援事業「幼い子のいる親のための教室」紹介

「幼い子のいる親のための教室」とは? 

 国分寺市内の公民館で行われている、子育て支援事業。幼い子を育てる人たちが子育てで感じている疑問や悩み、家族のこと、自分の生き方などを地域の仲間と話し合う目的で、各公民館にて年1回開催されています。

開催時期は公民館によって異なり、毎年他の子育て支援講座との兼ね合いを考慮しながら決められています。教室に参加している間は、お子さんを公民館内の保育室に預けるので、お母さんが自分自身を見つめる貴重な時間になります。また教室を通して地域に仲間をつくり、子育てを支えあう関係ができるので、講座が終了したあとも、引き続きグループ活動を始める人達もいます。

※教室の参加募集は、公民館だよりやホームページにてお知らせしています。地域の仲間づくりが大事な要素になっているので、市内在住者であることが条件になっています。

各公民館が独自に講座を企画しています。どんな講座を企画されているのか。保育室ってどんなところ?保育してくれる人は?などアンケートに答えていただく形で取材しました。

 

「幼い子のいる親のための教室」開催の経緯

昭和46年、公民館で小さい子ども同伴で活動していたお母さんのグループが、「『教育講座』の時に保育をしてもらいたい」と公民館に要望しました(この時は、先輩グループがボランティアで保育を行っています)。「子育てをしている時期こそ、自分の生き方や子どもの発達について学習したい」というお母さんたちの強い思いを受けて、今に至っています。

昭和47年に保育者の賃金が予算化され、保育室は上記のことを受けて本多公民館から順に各館に設置されました。主催講座と自主グループ活動時に、保育室で保育を行うようになりました。

(本多公民館保育室は、昭和49年に公民館の向かいにある児童館内に設置された。その後、昭和58年の本多公民館改築の際に館内に設けられた。恋ヶ窪公民館は、平成21年まで和室を保育室として利用した)。

子どもたちの保育室での過ごし方

保育室の入り口には子ども達が大好きなアンパンマンがお出迎え(恋ヶ窪公民館)

お母さんたちが教室に参加している間、子どもたちは保育室で過ごします。各公民館に保育室が設けられており、原則子ども3名に対して1名の保育者がつきます。

保育費用は無料で、おやつ代(1回40円×回数)のみ徴収とのこと。2時間の教室の間、子どもたちは、保育室にあるおもちゃで遊んだり、おやつを食べたりして過ごします。初めて親から離れる子でも、保育の間ずっと泣いているということはないそうです。保育者は、子どもたちが遊び始めるに至る見通しをもっています。「泣いている子も他の子が楽しそうに遊んでいるのを見て、自分も一緒になって遊び始めますよ。」と担当の方がおっしゃっていました。また、事前に開催される保育のオリエンテーションで、自分の子どもに関することを保育者に直接伝える時間があるので安心です。対象は、生後6ヶ月から小学校入学前まで。赤ちゃんから幼児までが一緒に保育室で過ごす時間は、集団生活に入る前のよい経験になるようです。

保育室利用について

明るく広々とした保育室(本多公民館の保育室)

保育室は「幼い子のいる親のための教室」以外の人も利用することができます。

利用条件

ⅰ)市内に住所を有する生後6ヶ月から小学校入学前までの子どもを育てている保護者で

・保育付・託児付の公民館事業へ参加する人(保育費は公費負担)

・講座から継続してグループ活動を行う人(保育費は公費負担)

・グループが講演会や会議を開催するときに、子どもを預ける人(保育はグループ

で行う)

ⅱ)小学校入学前の子ども、及びその保護者で

・親子グループが学習会等を行う会場として利用する人(親子一緒に過ごす。利用者の半数以上が国分寺市内在住であること)

*保育室の利用についての詳細は各公民館の保育室担当の方にご確認ください。

 

この教室の内容や講師は、公民館ごとに企画し、依頼しています。

各公民館の2017年度の企画内容(毎年違う内容)について子育てカテゴリーで順次ご紹介します。

本多公民館

TEL:042-321-0085

住所:国分寺市本多1-7-1

幼い子のいる親のための教室 2017年度は10月~2月開催

また、2018年1月から「コミュニケーション講座」を5回開催。

 

もとまち公民館

TEL:042-325-4221

住所:国分寺市東元町2-3-13 2階

幼い子のいる親のための教室 2017年度は6月~1月開催

また、9月から「子育て中こそわたしのライフプランニング」を12回開催。

 

恋ヶ窪公民館

TEL:042-324-1926

住所:国分寺市西恋ヶ窪4-12-8

幼い子のいる親のための教室 2017年度は9月~1月開催

 

光公民館

TEL:042-576-3991

住所:国分寺市光町3-13-19

幼い子のいる親のための教室 2017年度は6月~11月開催

また、2018年1月から「お母さん応援講座(仮)」を5回と「お父さん講座」を開催予定。

 

並木公民館

TEL:042-321-9971

住所:国分寺市並木町2-12-3

幼い子のいる親のための教室 2017年度は6月~11月開催

また、11月から「環境について考える講座 ものづくりからエコを学ぼう」を5回開催。

 


子育てサークル バンビーニ

子育てサークル バンビーニ

バンビーニバンビーニを取材してきました。

バンビーニが活動している場所は、トミンハイム住宅の一角にある集会所。取材した日もたくさんの親子連れで賑わっていました。

4月に引越ししてきた親子からお話を聞くと、「初めは輪に入っていけないのではと心配したけれど『バンビーニ』は自由に出入りができる上、スタッフの方が親切で安心しました」とのこと。

「親子で自由にリラックスして、楽しんでいってほしい」という気持ちが伝わっているのでしょう。バンビーニを作った岡本麗子さんからお話を伺いました。

 

毎回人気の親子リトミック&ベビーマッサージ 講師の岩崎さんや長内さんは、バンビーニの利用者で、2人のお子さんのママ

毎回人気の親子リトミック&ベビーマッサージ
講師の岩崎さんや長内さんは、バンビーニの利用者で、2人のお子さんのママ

Q1 バンビーニはいつからスタートしたのですか?

13年前、4人の仲間と始めました。

 

Q2 活動内容は?

月に1回。室内では読み聞かせ、手遊び、英語リトミック、リトミック、ベビーマッサージ、工作、季節行事(ハロウイン、クリスマス)など。

年に2、3回は武蔵国分寺公園にて、外遊びもやりますよ。

 

クリスマスイベント時、 参加者のみんなで賑やかに記念撮影

クリスマスイベント時、
参加者のみんなで賑やかに記念撮影

Q3バンビーニを作ったきっかけは?

以前、小学校の教師をしていました。こちらに引越ししてきた当時、子育てサークルが近くになく、集会所もあまり使われていなかったので知り合いに声をかけて始めました。まだ自分に子どもがいない時でした。

トミンハイム内の掲示板に子育てサークル参加募集の貼り紙をしたところ、初めからたくさんの親子が来てくれました。

その後、市内の児童館や公民館で活動する子育てグループにも出張し、それぞれでサークルも誕生しました。

 

毎回、初めて参加する親子の自己紹介 同じ月齢のお友達を見つける助けにも

初めて参加した親子の自己紹介タイムが毎回あり、
同じ月齢のお友達を見つける助けに

Q4 活動を通して良かったことは?

親子の成長を見られること、そして何より皆さんに喜んでもらうこと。

実際にバンビーニに来ているお母さんから「お友達ができました」や「産後ブルーのときに外に出るきっかけになりました」などの声が寄せられるのは嬉しいです。

 

Q5 子供達に人気のあそびは?

エプロンシアターが人気です。遊びは色々な月齢の子どもが楽しめるように、色々なバリエーションを用意しています。バンビ日記という幼稚園の連絡帳のようなものがあり、参加したお母さんから感想を書いてもらうようにして、活動が一方通行にならないように工夫しています。

 

Q6 未就園児を持つ保護者へメッセージ

バンビーニは、出入自由。

親子一緒に心と体を育みながら、楽しく遊びましょう!

 

岡本さんのぶんハピ 国分寺歴 13年

真ん中に岡本麗子さん、左からスタッフの野村さん、蓑田さん、河野さん、岩崎さん

真ん中に岡本麗子さん、左からスタッフの野村さん、蓑田さん、河野さん、岩崎さん

円形公園〜姿見の池〜お鷹の道

自然がいっぱいで、癒しの空間です。子どもと一緒に新しい発見ができ、心身ともにリフレッシュでき、すべてを感謝と喜びにかえられる場所です。

 

 

 

取材:ぶんハピリポーター
matsushita3

 

活動情報

バンビーニ

活動場所:泉町2-6公社トミンハイム国分寺泉町集会室、武蔵国分寺公園(年に2,3回外遊びあり)

連絡先:090-1416-1294(岡本)

開催日時:第3月曜 10:30〜12:00

会費:100円/1回

※参加者には毎回、ミニジュースなどのお土産があります。

●チェックポイント
 おむつがえ