yuka(ゆか)さん(星と香りのあしもみサロンOWL主宰)

自身が癒されたアロマセラピーを仕事に
女性が「私に還る時間」を提供する

「星と香りのあしもみサロンOWL」のyuka(ゆか)さん

「星と香りのあしもみサロンOWL」のyuka(ゆか)さんは、東元町の「カフェスロー」や西国分寺の「まめカフェ」で定期的に施術を行うほか、出張トリートメントやワークショップなど、さまざまな方法で女性が「私に還る時間」を提供しています。子育てもしながら「OWL」の活動を着実に広げているyukaさんの「これまで」と「これから」を聞きました。

今までの仕事

1.アロマとの出会い

yukaさんが提供してくれるOWLのしつらえは隅々まで美しく体だけでなく心も安らぎます

大学では映像芸術を専攻していたyukaさん。視覚的な表現について学びを深めていた4年目の冬に、日本国際博覧会「愛・地球博」の公式記録映像を制作するプロジェクトが発足。愛知県は祖父母も住むなじみの土地だったということもあり、卒業を待たずにスタッフとして働き始めました。

飛び込んだ職場は、全国のテレビ局や通信社が集まるプロフェッショナルの最前線。即戦力を求められ、大学卒業の浮き足立った気持ちを十分に味わう暇もないまま、必死で業務に食らいつく日々が続いたそうです。

映像の編集作業など長時間のデスクワークから、次第に肩こりや腰痛、生理痛が悪化。この時期に、ふと立ち寄ったアロマショップで買い求めた本とラベンダーオイルが、転機の鍵となりました。

 

2.視覚から五感へ

ワークショップで作って持ち帰れるアロマスプレー

見よう見まねのセルフケアで自分自身が癒され回復するのを実感し、万博のプロジェクト終了後からアロマコーディネーター協会の資格取得に向けた勉強をスタート。同じ頃、「BeGood Café」ではじめて食べたオーガニックフードに衝撃を受けたことがきっかけとなり、食生活にも関心を持つように。

「それまで視覚にこだわってきたけれど、五感全てに興味が広がっていくのを感じた」と当時を振り返ります。

見事資格を手にしたyukaさんは、「元気になる余裕のない状況は、もう無理。アロマセラピーで自分だけでなく、人も元気にしたい。私は、これを仕事にする!」と決心。

東京に戻ると早速、アロマセラピーサロン「caon」のオープニングスタッフとして働き始めました。どんなお客さまでも、どんなメニューでも率先して対応したため、スケジュールは瞬く間にいっぱいに。

あまりの繁盛ぶりに疲れを感じ始めたころ、「気」を巡らせる「レイキ」という手法を習得。自分が疲れることなく施術ができるようになり、出産間際までいつも通り無理なく仕事を続けることがでたそうです。

 

3.出産を機に休業

長男を出産し国分寺に移ったばかりの時期は、周りに知り合いもなく、子どもとだけ過ごす毎日。ホルモンバランスの乱れに翻弄され、心が不安定になる日もあったといいます。

そんな頃、たまたま参加したヨガ教室の講師の姿が「子育て中でも、自宅近くでみんなに生き生きとヨガを教えている。そんな働き方もできるんだ」と印象に残ったといいます。刺激を受けたyukaさんは、長男が幼稚園に入るのを待たずにフリーのアロマセラピストとして活動する準備を始めました。

現在の仕事

心身ともにほぐされる、yukaさんのハンドトリートメント (カフェスローにて)

自身も子育てをしながら、子育て中のお母さんや、疲れのたまった女性たちに施術を行ってきたyukaさん。二人目妊娠の休業中には「子どもとの関係を読み解きたい」とアロマ占星術もマスターしました。

「子どもも自分と違う人間なんだ、と理解することができ、自分自身を知ることにもつながりました」

お子さんの成長とともに施術以外のメニューも増え、アロマを使用した作品を作るワークショップ、占星術から導き出されたアロマを使ったプチリフレ、リトミック教室「オトノハ」講師akiさんとのユニットhahanoteでのベビーマッサージなど、さまざまな形に発展。最近では国分寺以外の場所にも活動の場を広げています。

気がつけば「caon」勤務のころのように「あなたがいい」と選ばれるサロンに成長していたのでした。

yukaさんの時間の有効利用ポイント

忙しくても、”呼吸”を意識します。5分間くらい瞑想するのが理想だけれど「5分だって無理……」と言う状況もありますよね。そんな時は、心を集中して数呼吸するだけでも頭がすっきりするんです。内臓の働きも良くなるし、頭を空っぽにする瞬間を作れると「変わった!」と感じます。

yukaさんにとって働くとは?

社会の『循環』の中の一人として、自分らしくいられること、かな。育児ももちろんその一つですが、私には育児と仕事の両方があってはじめて“自分らしい”と言えるような気がします。みんなが『循環』の中で、それぞれの“自分らしさ”を発揮できるといいな、と思います。

これからの仕事について

カフェスロー内にある和室を使ったサロンの様子

「たくさんの人を元気にしたい」

子育てをしながら、国分寺を拠点に活動の場を広げて8年。そろそろ二人の子どもも手が離れてきて、「OWL」のメニューを見直す時期に差し掛かっているといいます。

「これまでは『小さい子どもがいるから』『子育て中だから』と控えてきたことも、これからは『たくさんの人を元気にする』という覚悟を持って、もっと深く取り組んでいきたい」と話すyukaさん。

今後は、従来通りの施術の他に、現在hahanoteで伝授している赤ちゃん向けのマッサージやお母さんの簡単なセルフケアだけでなく「自分でできるトリートメント」、「家族にしてあげるトリートメント」などのより専門的・本格的な技術を伝えることで「お母さんが家族にとってのセラピスト」になれるようなメニューを増やしたいとのこと。

産後辛かった経験を思い返して習得した、産褥期のマッサージも行っていきたいそうです。

yukaさんのぶんハピごはん 国分寺歴22年

元気をもらえるお店の美味しいご飯

たくさんあってとても一つに絞れませんが、あえて言うなら好きな量を取っていただける『カフェスロー』のスロープレート。食材から厳選していて、味わいを楽しめます。

アロマサロンOWL HP

取材を終えて

映像制作時代の心身の辛さからアロマセラピーの門をたたき、産後の辛さから産褥期のマッサージを学び、子どもとの関係の難しさから占星術を勉強……。苦境に直面するたびに乗り越える武器を努力で手に入れ、バージョンアップをし続けていることに驚きました。

「アロマセラピーは、天職?」と尋ねると、仲間から「大きい」とうらやましがられたという手を見つめながら「これが天職……なのかなあ」と、つぶやいたyukaさん。しかし、これからの展開について訊くと「セラピスト育成のメニューも、本格的に考えていきたい」と、はっきり話す瞳は強く輝いていました。

柔らかな外見からは想像できないほどの強さとしなやかさを持つyukaさんの施術は、どっしりと優しく心と体を芯から癒します。これからも、たくさんの人に「私に還る」美しい時間を、誠実に手渡していかれることでしょう。

 

取材:ぶんハピリポーター


満員御礼で申し込み終了しました!HAPPY HALLOWEEN!@こくぶんじ 2019

今年で8回目になる「HAPPY HALLOWEEN!@こくぶんじ」は

10月19日(土)に開催します♪

今年は、9店舗+国分寺南栄商店会から3店舗が参加して下さることになりました!お菓子製作協力店にカフェラパンさんが初参加です。


キャンセルによる追加募集を行います。下記の申し込みURLからお申し込みください。先着20名です。

https://kokucheese.com/event/index/580265/

このイベント参加対象は0歳児の赤ちゃんから小学生の子どもたち。イベントは事前の完全予約制です。当日参加の子どもたちは、仮装をして参加してください♪(もちろん、ご家族でも是非)

「Trick or Treat(トリック オア トリート」
と言って国分寺駅周辺のいろいろなお店をまわりお菓子をゲットする楽しいイベントです。当日は、受付まで参加チケットをご持参下さい。

イベントの嬉しいポイント

1. 仮装をして楽しく街を歩き回れます!

2. 市販のお菓子だけでなく市内のおいしいパン屋さんやケーキ屋さんによるイベントオリジナルのお菓子などがもらえます!

3.参加店舗でそれぞれ種類の違うお菓子をゲット!

毎回、子ども達の仮装が楽しみ

4.イベント終了後に参加店を利用すると参加者限定の特典があります。
11月1日~11月30日までの1ヶ月間、当日配るマップを持ってイベント参加店でお買い物や食事をするとそれぞれ特典が利用できます。特典についてはマップ裏面をご覧下さい。
イベント後もマップを大事にお持ち下さい!

 

 

ボランティアの学生さんとの記念撮影は 良い思い出に

5.イベントを機会に今まで行ったことがなかったお店を発見することができます。また、普段接することがなかったお店の人やボランティアの学生さんとコミュニケーションをとることができます。

イベント詳細

開催日時

2019年10月 19日(土)13:30〜16:00 雨天決行※台風など警報が出た時は翌日20日または26日に順延

受付場所 下記の2箇所を予定

南口 南町ひだまり公園(カフェといろいろびよりに隣接する公園)
北口 cocobunji EAST1階 ジェイコムショップ国分寺店前

(申し込み受付順に100番までは南口の受付、111番からは北口の受付)
お友達と同じ受付を希望される場合は、できるだけ同じ日にお申込みください。

受付時間 13:30〜14:00(各受付場所にて)

参加対象

仮装した0歳〜小学生まで(小学3年生以下のお子さんは保護者要同伴)

定員 200名(今回は内20名の追加募集)

参加費 1500円

キャンセルによる参加費の払い戻しはありません。当日欠席の場合はイベントの翌日にマップとお菓子をカフェといろいろびよりにてお渡し予定です。

申込み期間 9月1日10時30分から定員になり次第締め切りになります。
※例年、1週間〜10日間ほどで定員になります。参加ご希望の場合は早めにお申込み下さい。

申込み方法

下記の申し込み先のリンクより保護者名でお申し込みください。お子さんの名前は、メッセージ欄にお書き下さい。(1世帯、3名以上で申し込みの場合は、メッセージ欄に参加人数とお子さんの名前をご記入下さい)
当日は、参加するお子さんのみにイベント保険を申請します。お申し込みは、1件につき同じ世帯のみでお願いします

お友達分を代理で申込む場合は、お手数ですがお友達のメールアドレスにて再度、手続きをお願いします。同じアドレスでの申し込みは受け付けられない設定になっています。

兄弟で参加する場合、お菓子が必要ないお子さん(乳児など)の参加費は必要ありません。親が同行する場合も参加費は必要ありません。

参加費の支払い方法
9月24日(火)、27日(金)13:30〜17:00
カフェといろいろびよりにて

お友達が代表してまとめて数名分を支払うというのでもOKです。
その場合は、申込時、または事前にメールにてお知らせ下さい。
上記の日程でご都合がつかない場合は、ご連絡ください。

当日の連絡先 携帯08030069635(阿多)まで。

申し込み先 こくちーずのページよりどうぞ→ハロウィン追加申し込み

申し込みに関する問い合わせは、下記のお問合せフォームをご利用下さい。
下記のフォームでは申し込みはできませんのでご注意ください。

今年も楽しいイベントになること間違いなし、
皆さんのご参加をお待ちしています♪

主催・企画 CHEERS

協賛 国分寺南栄商店会、ぶんハピねっと

 

 


Café Lapin(カフェ ラパン)

ピンクの暖簾をくぐると小さなフランスが
店主が作り上げた空間とメニューを楽しんで

のれんのデザインは折り弁当で使っている扇のご飯型

恋ヶ窪駅から徒歩10分ほど、けやき公園の近くの住宅街で鮮やかなピンクの暖簾が目を引くお店があります。

暖簾をくぐると、そこは店主の福留純子さんが集めたヨーロッパのアンティーク小物がさりげなく飾られたオシャレな空間。ヨーロッパの中でも特にフランスが好きで、日本に小さなフランスを作りたいと構想をして10年。2018年10月に念願のお店をOPENしました。

「カフェラパン」の「ラパン」はフランス語でうさぎのことだそう。(何故うさぎなのかは聞き逃してしまいました。)

店内のメニュー板は、フランスっぽい
大きな黒板で手書きの文字がオシャレ

 

カフェOPEN後、テイクアウト中心のお店に店内をリニューアルしました。

店主の1番のおすすめは、暖簾のデザインにもなっている折り弁当。「カフェでなぜ折り弁当?とお客様からも良く聞かれます」とのことですが、フランスと同じ様に日本の古都京都や鎌倉も好きな街という福留さん。

「私が好きなものをお店でお出ししてお客様に喜んでもらえたら嬉しいです」とのこと。

カウンターに並ぶ焼き菓子も全て店主の手作り

折り弁当(500円)の他にもや季節のご飯メニュー、ケーキやスコーンといった焼き菓子やドリンクメニューもあります。

コーヒーは、ハンドドリップで一杯ずつ提供してくれます。丁寧に淹れたコーヒーが300円以下と良心的なお値段です。

折り弁当などカフェのメニュー内容は、季節や仕入れによって変更になるそうです

取材時のメニューは、冷やしおでんの折り弁当(500円)と、手作りパンふたつと惣菜4種類のPain de quatre(500円)でした。

 メニューは、初心を大切にしつつも色々と試行錯誤中とのこと。訪れた時に何が食べられるか楽しみになります。折り弁当はおかずが少量ずつたくさんの種類があり、色鮮やかで、目でも舌でも楽しめます。注文ごとにその都度詰めるため、5個以上は事前予約がありがたいとのことでした。

朝は、8時から営業しているので、通勤前に立ち寄る常連の方もいらっしゃるそうです。

「いつでも気軽にふらっと立ち寄っていただきたい」と福留さん。

弁折り当は季節によっていろいろ
こちらはデザート付きのお花見弁当

お弁当や焼き菓子の詰め合わせなど予算に応じて注文もできるそうなので、気軽に相談してみてください。

自分のご飯がついつい後回しになってしまう子育て中のママ達。買い物帰りや子どもを送って行った後などにカフェラパンに立ち寄り、お家でゆっくり折り弁当など美味しいランチができるのはありがたいです。焼き菓子もあるのでおやつを一緒に買えるのも嬉しいですね。お近くの方、ピンクの暖簾が気になった方は是非、行ってみて下さい。

 

福留さんのぶんハピ  国分寺歴 1年半

「ジャンバルジャン」という愛称の鋼のお釜
折り弁当用のご飯はこれで炊いているそうです

国分寺駅北口にあるケーキ屋さん「ファンフル」

 昔懐かしい感じのケーキ屋さんで、初めて主人に連れて行ってもらったときに、生クリームの匂いや雰囲気に魅せられてしまって。毎日でも行きたいくらい好きな場所です。

どのケーキも美味しいですが、お勧めはスフレチーズやザッハトルテ、モンブランです。

 

 

 

取材:ぶんハピリポーター

 

 

 

 

お店情報

Café Lapin(カフェラパン)

住所: 国分寺市東恋ヶ窪2-36-18(サンドラッグの斜め向かい)

営業時間:※営業時間は、変更する可能性あり

月・火・木・金 8:00∼18:00

水 8:00~15:00
土 8:00~13:00

定休日:日曜

アクセス:恋ヶ窪駅から徒歩10分


HAPPY HALLOWEEN!@こくぶんじ 2019

今年で8回目になる「HAPPY HALLOWEEN!@こくぶんじ」は

10月19日(土)に開催します♪

今年は、9店舗+国分寺南栄商店会から3店舗が参加して下さることになりました!お菓子製作協力店にカフェラパンさんが初参加です。


このイベント参加対象は0歳児の赤ちゃんから小学生の子どもたち。イベントは事前の完全予約制です。申し込み方法は、こちらの申し込みURLからお願いします。当日参加の子どもたちは、仮装をして参加してください♪(もちろん、ご家族でも是非)

「Trick or Treat(トリック オア トリート」
と言って国分寺駅周辺のいろいろなお店をまわりお菓子をゲットする楽しいイベントです。当日は、受付まで参加チケットをご持参下さい。

イベントの嬉しいポイント

1. 仮装をして楽しく街を歩き回れます!

2. 市販のお菓子だけでなく市内のおいしいパン屋さんやケーキ屋さんによるイベントオリジナルのお菓子などがもらえます!

3.参加店舗でそれぞれ種類の違うお菓子をゲット!

毎回、子ども達の仮装が楽しみ

4.イベント終了後に参加店を利用すると参加者限定の特典があります。
11月1日~11月30日までの1ヶ月間、当日配るマップを持ってイベント参加店でお買い物や食事をするとそれぞれ特典が利用できます。特典についてはマップ裏面をご覧下さい。
イベント後もマップを大事にお持ち下さい!

 

 

ボランティアの学生さんとの記念撮影は 良い思い出に

5.イベントを機会に今まで行ったことがなかったお店を発見することができます。また、普段接することがなかったお店の人やボランティアの学生さんとコミュニケーションをとることができます。

イベント詳細

開催日時

2019年10月 19日(土)13:30〜16:00 雨天決行※台風など警報が出た時は翌日20日または26日に順延

受付場所 下記の2箇所を予定

南口 南町ひだまり公園(カフェといろいろびよりに隣接する公園)
北口 cocobunji EAST1階 ジェイコムショップ国分寺店前

(申し込み受付順に100番までは南口の受付、101番からは北口の受付)
お友達と同じ受付を希望される場合は、できるだけ同じ日にお申込みください。

受付時間 13:30〜14:00(各受付場所にて)

参加対象

仮装した0歳〜小学生まで(小学3年生以下のお子さんは保護者要同伴)

定員 200名

参加費 1500円

キャンセルによる参加費の払い戻しはありません。当日欠席の場合はイベントの翌日にマップとお菓子をカフェといろいろびよりにてお渡し予定です。

申込み期間 9月1日10時30分から定員になり次第締め切りになります。
※例年、1週間〜10日間ほどで定員になります。参加ご希望の場合は早めにお申込み下さい。

申込み方法

下記の申し込み先のリンクより保護者名でお申し込みください。お子さんの名前は、メッセージ欄にお書き下さい。(1世帯、3名以上で申し込みの場合は、メッセージ欄に参加人数とお子さんの名前をご記入下さい)
当日は、参加するお子さんのみにイベント保険を申請します。お申し込みは、1件につき同じ世帯のみでお願いします

お友達分を代理で申込む場合は、お手数ですがお友達のメールアドレスにて再度、手続きをお願いします。同じアドレスでの申し込みは受け付けられない設定になっています。

兄弟で参加する場合、お菓子が必要ないお子さん(乳児など)の参加費は必要ありません。親が同行する場合も参加費は必要ありません。

参加費の支払い方法 

参加費の支払いは下記の日時、場所にてのみ受付。支払い時にイベント参加チケットと受付場所の案内などの資料をお渡しします。

支払い日時:9月21日(土) 10:30〜15:30
  場所本町・南町地域センター 会議室

お友達が代表してまとめて数名分を支払うというのでもOKです。
その場合は、申込時、または事前にメールにてお知らせ下さい。
支払い当日に連絡なくいらっしゃらない方は、キャンセル扱いとさせて頂きます。また支払い当日の申し込みは受け付けておりません。ご注意下さい。

当日の連絡先 携帯08030069635(阿多)まで。

※本町・南町地域センターではイベントの問い合わせなどを受け付けていません。

申し込み先 こくちーずのページよりどうぞ→ハロウィン申し込み

申し込みに関する問い合わせは、下記のお問合せフォームをご利用下さい。
下記のフォームでは申し込みはできませんのでご注意ください。

今年も楽しいイベントになること間違いなし、
皆さんのご参加をお待ちしています♪

主催・企画 CHEERS

協賛 国分寺南栄商店会、ぶんハピねっと

 

 


イエノシタノバール

こだわりビールや軽食を低価格で楽しめ
子ども連れでも気軽に入れる立ち飲みのお店

マンションの1階にあるイエノシタノバール外観

国分寺駅北口から徒歩5分のところにあるマンション「コクブンジノイエ」の1階にイエノシタノバールはあります。このマンションの下に立ち飲みのおしゃれなお店を開いたオーナー杉田直木さんに、お話を伺いました。

杉田さんが20代前半に2年間過ごしたイタリアのフィレンツェ。朝から夜遅くまで人々が集い、生活の中に当然のように存在するバールを実際に経験したことがイエノシタノバールのオープンに繋がっています。実は、同じマンションの最上階にあるイエノウエノカフェがバールよりも先、2015年にオープンしました。諸事情でオープンが遅れたイエノシタノバールは、2018年の5月にオープン。

こだわりの生ビールと手作りのお惣菜

一軒のお店が、立ち飲みで安く良質なサービスを提供し、テーブル席ではきちんとした食事を出すイタリアのスタイルを取り入れてみたかったという杉田さん。スペースの関係もあり1階がバール、そして屋上がカフェレストランという形での営業になりました。バールとカフェは別メニューですが、少し料金をプラスするとバールの食事やドリンク類もカフェで楽しめると言うことでした。(イエノウエノカフェ

ショーケースに並ぶお惣菜は100円からとお手軽

イエノシタノバールでは質の高い飲み物を手軽な金額で提供するところにも、杉田さんのこだわりがあります。ビール好きの杉田さんが選んだ、限られたお店でしか味わえない生ビール(エーデルピルス)が良心的なお値段で楽しめます。野菜の甘みが引き立つラタトゥイユや、お腹に嬉しい乳酸菌たっぷりの甘酒ピクルスなどの手作り惣菜は、100円から。お酒だけではなく、イタリア製の高級コーヒーマシンで淹れる本格的なエスプレッソもバールの自慢だそうです。

立ち飲みであるからこそ、お客さん同士で自然な交流が起こることもしばしば。お客さん同士で国分寺のために何かをしようと情報交換をする様子もよく見られるそうで、街の動きに敏感な人たちが集まる街のホットスポットになっています。
「ヨーロッパの人は何かあればバールに立ち寄ります。そして多くの人が街を歩き、お店をまわる。国分寺の街にもふらっと立ち寄って人が交流できる場所をつくりたかった」と杉田さん。

ベビーカーも置ける広々とした落ち着いた店内

そんなイエノシタノバールは、ベビーカーでの入店もしやすく、小さな子どもにも笑顔で話しかけてくれるホスピタリティがあり、子ども連れのママにも居心地の良さを感じさせてくれます。そのわけをディズニーランドでの勤務経験もある杉田さんは、一流の接客でホスピタリティを創り出すことにもこだわりたいからと語ってくれました。

味はもちろんこと、接客は店を作り上げる上で最も大事にしている部分。スタッフを敢えて「キャスト」と呼び、一流の接客を演じきってもらい、お客さんへのサービスにプロ意識を持たせることで居心地の良さを実現しています。メニューの作成・試食も、キャストと一緒に試行錯誤。普通であれば言いにくいことでもとことん話し合い、フラットな関係で一丸となりお店を作り上げているそうです。「実際にキャストもお店が好きと言ってくれているので、私も嬉しい限りです」と笑顔で話す杉田さん。

今後は、イタリアで感じた街のように、歩いて楽しむ店作りを地域と連携して作っていくことを目指しているそうです。

取材のあと、主人と2歳の息子を連れてバールでビールとおつまみをいただきましたが、キャストの方が息子にも優しく接してくれ、居心地が良くて暖かい気持ちになりました。「キャストとして接客を演じきる」ということは、何にでも通ずるプロ意識の持ち方だなあと勉強になりました。またママ友と育児の休憩に利用したいと思いました。

 

杉田さんのぶんハピ  国分寺歴 約39年

オーナーの杉田直木さん

「ぶた政宗」と「黒鉄(くろがね)」でのノミニケーション

国分寺の街を歩いていて、知り合いに会って挨拶をすることに幸せを感じます。挨拶ができることは平和の象徴ですよね。

あとは、お店で誰かと話しながらお酒を飲むことです。たまに楽しくて朝を迎えていることもあります。(笑)よく行く居酒屋は、「ぶた政宗」と「黒鉄(くろがね)」。いつもお世話になっています。

取材:ぶんハピリポーター

 

 

 

お店情報

イエノシタノバール

住所: 国分寺市本町3-8-15(国分寺駅北口から徒歩5分)

TEL: 042-359-4180

営業時間:[火~金]11:00~23:00

[土・日・祝]11:00~22:00

定休日:月曜・月曜祝日営業翌火曜休み)

アクセス:国分寺駅北口から徒歩5分

https://www.facebook.com/IenoShitanoBar/

https://twitter.com/kokubunji_bar

●チェックポイント
  貸切OK (外で喫煙可)