国分寺市プレイステーション

新しい施設では屋内での遊びも充実
幅広い年齢層が利用できるスペースに

新しいプレイステーションの看板

国分寺市プレイステーション(通称プレステ)が西元町から東戸倉に移転したのはご存知でしょうか?新しいプレステは恋ヶ窪駅から徒歩8分ほど、西武国分寺線の線路沿いにあります。

プレステは1982年に西元町に設立され約30年にわたり地元の人々に親しまれてきました。2020年3月に惜しまれながらその役割を閉じ(以前のプレステの取材記事はこちら)、東戸倉に移転しました。理事の中村裕子さんにお話を伺いました。

新しくなったプレステ内には2階建てのりっぱな建物ができました。2階には親子ひろばBOUKENどんどこがあります。

1階には、事務所、キッチン設備がある談話室、手作りの卓球台や大型積み木がある遊戯室、絵本やボードゲームなどで室内遊びができるスペースがあります。

1階談話室にはIH調理台があり、おやつやごはんを作って食事をすることができます(2020年11月現在、使用は休止中)

1階遊戯室にある卓球台は、プレイリーダーと中学生達の手作り

2階のBOUKENどんどこからの眺め

プレステといえば泥んこの外遊びというイメージが強いですが、新しい施設では好きな時に室内でも遊べるようになりました。「建物内にある親子ひろばのBOUKENどんどこをプレステと分けて考えるのではなく、一体化した施設として小さいお子さんも室内と外遊びを区別なく楽しんで欲しい」」と中村さん。2階から外の様子が見えるので、室内で遊んでいる小さい子も外へと誘われそうです。

1階の漫画や絵本のあるスペースでは小さいお子さんも遊べるようにおもちゃがあり、事務室に声をかければボードゲーム等がかりられます

プレステが公園と異なる特徴は、常にプレイリーダーと呼ばれる大人がいることです。プレイリーダーは、子どもたちの自由な遊びを見守り、必要であれば手を貸してくれる心強い存在です。また、ここにはやりたい遊びを自由にやれるよう必要な道具がそろっています。泥遊び、穴掘り、工作、基地づくり、火おこし等やりたいことにチャレンジできます。もちろんこんなものが作りたい!と相談すれば、プレイリーダーが実現できるよう一緒に考えてくれます。

広く見やすくなった道具倉庫

火おこしコーナーでは火を使用して焼き芋などのおやつ作りなどができます(2020年12月の時点で飲食ができないため、七輪で焼きビー玉や火おこしを中心に行っています)

どうしても大きいシャベルを使いたい利用者のお子さんに、声をかけ、見守るプレイリーダー

以前は歩けるようになってから遊びに行くという印象が強かったプレステ。室内の遊び場があるので0才から利用することができ、小さい子も遊びやすくなりました。

「小学生は6小地域の子が多いですが、10小や9小、元の地域の4小学区等遠方からも頑張って通ってくる子もいて市内の子ども達の利用も広がりました。夏休みに2階の部屋を中学生向け自習室に開放したこともあり、中学生の利用も増えました」と中村さん。

一階のお部屋の近くには、小さい子が遊びやすいようなおままごとコーナーが作られている

利用者の年齢の幅が広がって思いもかけない遊び方に驚くこともあるそうです。また小学生が小さい子の面倒を見てくれるなど、異年齢の子ども達が同じ空間で交流している姿も多くなりました。そのためプレイリーダーたちも試行錯誤しながら遊び場の在り方を考えているとのことです。

「ここは、0から18才までの遊び場なので、年齢に関わらず居心地のいい場所として気軽に来てほしい。これから寒くなりますが、室内は冷暖房が完備されているので、寒くなったら中へ、お天気のいい日はひだまりで外遊びと利用してほしい。電車も横に通るので、電車好きにもおすすめですよ」と中村さん。

子ども達とプレイリーダーが相談しながら滑り台とクライミングウォール作成中(取材時)
これからも大型遊具が増えていきそうです

プレイリーダーは子育て経験者のベテランから新人まで様々ですが、お子さんと一緒に子連れスタッフとして仕事をしている人もいます。プレイリーダーのお子さんが遊ぶ様子に周りのお子さんが引き付けられて遊びが広がることもありいい刺激になったり、おんぶしながらのプレイリーダーには室内をまかせてみたりと、子育て中ならではの働き方を工夫しているとのこと。施設が広くなったためボランティアやプレイリーダーを随時募集しているそうなので興味がある方は冒険遊び場の会へ問い合わせてみてください。

左奥は土を盛った山、右奥は建築中の秘密基地
手前の作業台右横は子ども達が野菜を育てている畑

今後の展望として、「中高生向けの居場所としてカフェスペース(自習やおしゃべりのできる場所)を充実させたり、夜の時間帯に焚火をかこんで過ごしたりするイベントもできるのではと夢は広がります。また離れてしまった西元町地域でぼうけんもりの活動※を広げて、第二のプレイステーションをいつか作りたい」とのことでした。

※毎週木曜日に武蔵国分寺公園こもれび広場、西元北西口付近でプレイリーダーが遊びの出前を行っている。

私もお世話になった、自主保育グループ※の活動も再開しています。いつも同じ場所で同じメンバーで遊べるのは、安心して子育てをする支えとなりました。兄弟のいる先輩ママの幼稚園の話をきいたり、子育てのちょっとした悩みをお互いに話すのはとても参考になりました。ぜひ足を運んでのぞいてみて下さい。

※現在活動中の自主保育グループ
(2020年11月現在、コロナ禍のため活動が変更になる可能性があります)
ぐるんぱ 毎週水曜日 13時半頃から
ハンティントン 毎週木曜日10時頃から

なんと温水シャワーが!!
足を洗って、すのこの上を歩いて室内へ入れます

取材に伺った時に建物があまりに綺麗なので、これがプレステ??と思ってしまいましたが、建物の外には昔と変わらない子どもの遊びを思い起こさせる遊具や工作の跡がありました。子どもが未就学児だった頃に小学生のお兄さん達がたくましく、大胆に遊ぶ姿を息子達が憧れをもって見ていたので、いつか同じ様に遊んで欲しいと思ったことを思い出しました。異年齢が遊ぶ姿を見る機会が少なくなった現在、プレステが貴重な遊び場としてこれからも発展し、地域に根差した場所になって欲しいと思います。

 

中村さんのぶんハピ 国分寺歴  生まれも育ちも国分寺というアラ還

中村裕子さん

真姿の池・七重の塔周辺

手つかずの昔と変わらない自然の風景が好き。

七重の塔の裏道周辺にはお気に入りのおつまみを持って毎年花見に行きます。

 

取材:ぶんハピリポーター

 

施設情報

プレイステーション

住所:国分寺市東戸倉 2-28-4

TEL:042-323-8550

開場日時:火曜〜土曜  第2・4日曜

10:00〜17:00

※現在はコロナの影響で、人数制限有。

BOUKENどんどこ15人を含めプレステ全体で120人。

●チェックポイント
 おむつがえ  

*幼児用トイレ、誰でもトイレ、駐輪場あり、駐車場無し(近くにコインパーキングあり)

BOUKEN どんどこ

新しい国分寺市プレイステーションにできた
外遊びもできる親子ひろば

戸倉通りから見えるプレイステーションの建物

国分寺市プレイステーションが西元町から東戸倉に移転しました。新しいプレイステーションには、2階建ての建物が あります。この建物の2階に親子ひろばBOUKEN どんどこができました。親子ひろばとは、主に0歳~3歳の子どもと保護者が来て、遊ぶ、他の利用者とおしゃべりする、地域の情報を得る、子育ての悩みを相談する、などができるところです。

BOUKEN どんどこは、国分寺市からの委託を受けて、認定 NPO 法人冒険遊び場の会が運営しています。 「プレイステーションは外遊びを主とする場所なので、今まではお子さんが歩けるようになってから遊びに来る人がほとんどでした。新しいプレイステーションは親子ひろばが併設されたので、生後1か月から利用可能です」と、BOUKEN どんどこ責任者の塩原真有美さん。

階段上って正面が BOUKEN どんどこ

中央のシンボルツリーは、子ども達がぶつかっても大丈夫なように柱に緩衝材を巻いてスタッフが作成

スタッフ手作りの段ボール製電車

おままごと用テーブルと椅子も手作り

窓から見える西武線。子どもが手を振ると運 転手さんが手を振ってくれることも

BOUKEN どんどこは、広いスペースがあるので、およそ6か月未満のねんねの赤ちゃんが過ごせるコーナーのほかに、室内でも体をつかって遊べるすべり台、大型積み木、段ボール製電車などがあります。スタッフ手作りの物が多く、温かい雰囲気です。

また建物が 西武線の横に位置しているため、窓から電車がよく見えるので電車好きのお子さんには絶好のスポットです。一番の魅力は、お子さんが親子ひろばでエネルギーを発散しきれなかったり、室内に飽きてしまったら階段を降りてすぐ外に遊びに行くことができること。これはプレイステーションに併設された親子ひろばだからできることです。

「BOUKEN どんどこを、地域の友達づくりに利用してほしいです。BOUKEN どんどこの隣にある『ふれあい』の部屋が活用されるなど、育児サークル等の活動も広がっていくと良いなと考えています」と塩原さん。

BOUKEN どんどこのスタッフは、全員子育て経験者。利用者の方々からは、「明るい人が多い」「話しやすい人が多い」と言われているそう。スタッフにはカウンセラー、助産師、管理栄養士もいて、ママ達との何気ない 会話から悩み事の相談になったりもするそうです。同じ建物内に相談室があるので個別に相談することも可能です。

OPENして1年目なので、まだ地域のイベント等には参加していませんが、これから、地域の様々な活動に参加したいとのこと。来年度はプレステまつりも行う予定だそうです。

塩原さんより「新型コロナウイルス感染症対策のため、今は、時間制限と人数制限があり、 食事はできず、ご不便をおかけしています。どなたでも気軽に遊びに来てください。2 階のBOUKEN どんどこでも、1 階の部屋でも、外でも遊べます。動きやすい服装で来ることをお勧します」とのことです。(2020 年 10 月現在)

 

塩原さんのぶんハピ 国分寺歴40年以上

ひろば責任者の塩原真有美さん

花沢橋近くの線路沿い遊歩道

電車好きの息子とベンチに座ってお団子を食べながら、よく電車を眺めました。息子が幼かった頃の良い思い出の場所です。

 

取材:ぶんハピリポーター

 

 

 

 

子連れのぶんハピポイント

幼児用のトイレや立ったままオムツ替えができるコーナーがあります。

おむつ替えコーナー 緑扉奥は幼児トイレ

トイレ前のピンクのマットは立ったままオムツが替えられるコーナー

授乳室と保温ポットがある調乳室も

右奥が授乳室、カーテンやドアを閉めて利用できます

 

基本情報

BOUKEN どんどこ

住所:国分寺市東戸倉 2-28-4

TEL:042-323-8550

開場日時:火曜日~土曜日(月・日・祝日は休み)

10:30~12:30  14:30~16:30

※2020年10月現在、親子、スタッフあわせて18名まで入室可能(6か月未満児は人数に入れない)新型コロナウイルス感染症の状況によって変更する場合があります。ご利用前にホ ームページをご確認ください。

ホームページ:www.boukenasobibanokai.or.jp

●チェックポイント
 おむつがえ  

*幼児用トイレ、駐輪場あり、駐車場無し(近くにコインパーキングあり)

みんな寄ってけサロン 北町親子ひろば

 

誰かとおしゃべりすることがストレス解消に
地域の世代交流を視野に入れたサロン

北町地域センター入口の看板

北町地域センター2階にある和室で週2回(火、金)開いている「みんなの寄ってけサロン」。ネーミングから他の親子ひろばと少し違う雰囲気です。

ここを運営するのは、市から委託を受けた矢島助産院系列の「(有)母と子のサロン」ファミリーサロン事業部。スタッフは、矢島助産院、出産経験者が中心となっています。北町の親子ひろばには4〜5名のスタッフがシフトを組んで、常に2名のスタッフがいます。

広々とした和室で思い思いに過ごす親子

 

「ここに来てママ達が話すことでストレスを解消してもらえるように心がけています」とスタッフの松本友紀子さん。「スタッフと言うよりも、ちょっと先に子育てを経験している母親というスタンスで参加しています」とスタッフの平林宏子さん。

不定期ではありますが、男性スタッフが参加する日もあるとのこと「男性も育休がとれるようになったので、ひろばでも時々、パパの姿を見かけます。パパ達も気軽にお子さんと遊びに来てほしい」平林さん。

毎月発行される北町親子ひろば通信

※授乳する場所が気になる方は、仕切りのあるところで授乳することも出来ます。

年に1回、秋にある地域センターのお祭りに数年前から参加するようになり、地域センターの職員の方との連携や地域の方との交流も徐々に広がっているそうです。地域センターは、様々な年代の人が利用する施設、地域で子育てしていく場として今後も地域の方との交流を大事にしていきたいとのことでした。

初めてここを訪れた人が気後れしないで、ゆったりと過ごせる居心地の良さは、スタッフがママ達との適度な距離感を大切にしていることで実現しているのだと思いました。初めてのママも気軽に行ってみて下さいね。

 

 

平林さんのぶんハピ 国分寺歴20年以上

向かって左が平林宏子さん、右が松本友紀子さん

お鷹の道、野川など水のある場所

お鷹の道や野川のハケのあたりが好きです。水のあるところは心が洗われる感じがします。

松本さんのぶんハピ 国分寺歴20年

広い公園があるところ&児童館   

子どもが思いっきり遊べる広い公園(窪東公園)には子どもが小さい時によく遊びに行きました。児童館も充実しているので、親子でお世話になりました。

 

子連れのぶんハピポイント

ひろばは2階にありますがエレベーターを利用してベビーカーのまま行くことが出来ます。体重計があるので自由にお子さんの体重が計れます。

夏は1階の施設前にプールを出すので水遊びが出来ます。

毎月第3金曜「助産師のふれあいサロン」の日

日頃の心配なことを気軽に助産師さんに相談出来ると好評です。(助産師さんがいない日でも心配なことは1人で悩まず、気兼ねなくスタッフにも話して下さいねとのことでした。)

毎月第4金曜「お誕生日の会」の日

その月にお誕生日を迎えた子どもたちをみんなでお祝いします。

 

取材:CHEERS

 

施設情報

みんなの寄ってけサロン

 

TEL:042-326-2414(母と子のサロン)

住所:国分寺市北町3-2-13

北町地域センター2階(和室)

開催時間:毎週火曜・金曜 10:00〜12:00

お休み:火曜と金曜が祝日の場合と年末年始


大きな地図で見る
●チェックポイント
   *多目的トイレ有りおむつがえ


 


絵本の読み語りの大切さを伝える「なかよし文庫」

 

お庭の花が美しい「なかよし文庫」の入口

お庭の花を眺めながら文庫の入口の引き戸を開けると、吹き抜けの広いお部屋に絵本がいっぱい並んだ本棚が目に入ってきます。お部屋の上部には、大きな木の下で絵本の読み聞かせをする子どもと、それを楽しんでいる動物たちの絵が飾られ、その絵が「なかよし文庫」の雰囲気を伝えてくれています。

「なかよし文庫」を主宰している山崎翠(やまざき みどり)さんは、長年、国内の色々な講演会や著書で、子育てに絵本が大切であることを伝えていらっしゃる方です。

「文庫をはじめた当初は、地域に異年齢の子ども達が一緒に遊べる場所が必要で、そこに本があると良いと思っていました。今では、すべての子どもが“生きていることはすばらしい”と感じられる社会、人々が“喜びを持って生きている”社会にしたいと、“いのち・平和”にこだわって文庫を続けています。」とおっしゃる主宰の山崎さん。

文庫内に飾られた、子どもと一緒にお話を楽しむ動物たちの絵

文庫活動の3本柱は、

①子どもたちに良質な本の貸出

②絵本の読み語り

本の文字を読んで聞かせるだけでなく、読み手の思いを語りかけるという点で、『聞かせ』ではなく『語り』にこだわっています。

③お母さんたちの交流と、異年齢の子どもたちの交流、だそうです。

 

「乳幼児期に、親や家族が『あなたが生まれてきてくれて嬉しい』という気持ちをしっかり伝えることが大切です。絵本を読むことで、気持ちを伝えることができます。絵本を読む時は言葉が優しくなり、それが子どもには心地良いのです。」とのこと。

また、日本中のお母さんに「言葉を大切にする家庭は、人を大切にしていること。」を知ってほしいともおっしゃっていました。

育てに絵本の大切さを伝える山崎さんの著書

午後2時、赤ちゃんをだっこしたお母さんが次々に文庫を訪れ、赤ちゃん達はカーペットの上でゴロンとなり、お母さんたちの会話がはじまります。山崎さんに赤ちゃんの月齢にあった本の選び方、読み方を教えてもらっている方もいました。

2時30分、小学生が学校から直接来ます。3時まで2階の部屋で宿題をするそうです。

3時に読み語りが始まりました。取材した日の最後には、小学生がみんなの前で新聞の4コマ漫画を声色たっぷりに楽しく読んでくれました。聴いている子どもたちは、それぞれの心地よい体勢で座り、お話に引き込まれていました。

読み語り終了後に、幼稚園児や小学生が前に借りた本を返し、別の本を借りて行きました。

山崎さんが読む本に興味津々の赤ちゃん

読み語りに参加させていただいて、童心に帰って絵本の世界を楽しむことができました。また、優しい語りかけで、心の中が温かいもので満たされました。言葉の持つ力を知ったので、これからは、誰に対してもきちんとした綺麗な日本語を使うようにしたいと思いました。

 

 

取材:ぶんハピリポーター

 

 

 

 

山崎さんのぶんハピ 国分寺歴30年以上

山崎翠さん

豊かな自然環境と社会教育が充実していること

国分寺は農業のある都市です。雑木林や野川がある自然環境に魅せられて、約50年前に今の「なかよし文庫」のある土地を購入しました。また、国分寺は公民館活動があり、社会教育が盛んに行われているのが良いですね。現在の学校教育は「覚えること」が多いので、社会に出てから仲間と共に「考えること」を学ぶ場として、公民館活動が大切だと思います。

 

 

子連れのぶんハピポイント

子どもの月齢や年齢にあった本の選び方、読み方を教えてもらえます。

子育ての情報交換、先輩ママのアドバイスも得られます。

 

*文庫を利用する方へ*

お世話係の大人が交代でけがの無いように見守っていますが、「なかよし文庫」として保険には入っていません。今までに大きな事故は無いそうですが、「なかよし文庫」内でのケガも家との往復のケガも保護者の責任となります。
お子さんに、十分な注意喚起をお願いします。

 

施設情報

なかよし文庫

TEL:042-322-1961

住所:西元町2−15−5

国分寺市立第四小学校や白鳥幼稚園の近く

開催日時:2012年10月までは毎週水曜14:00〜15:00(0歳〜2歳)
15:00~16:30(夏は17:00まで、3歳以上)
※2012年11月より第1・第3水曜のみに変更

*夏休み・冬休み・春休み期間はお休み

 

利用方法:入会申込書に住所・氏名等の必要事項を記入し「なかよしカード」

(借りた本を記入するカード)を発行してもらえば、誰でも無料で利用できます。

1回に2冊借りられます。次回「なかよし文庫」に来た時に返却。


大きな地図で見る
●チェックポイント
おむつがえ駐車場有*ベビーカーは建物の外に置く


 


市内にある家庭文庫の紹介

 

家庭文庫とは

なかよし文庫、読み語りの様子

家庭文庫とは 、個人宅の一室を図書館のように地域の親子や子どもたちに開放して、個人が所有する本の閲覧や貸出ができる場所です。文庫によっては開催時間内に、手遊び、わらべうた、読み聞かせ、紙芝居、工作、季節の行事なども行っています。

国分寺市内には魅力的な4つの家庭文庫があります。
本の貸し出しだけでなく、子育て中のお母さんたちが情報交換したり、交流できるゆったりした場所です。

市内にある家庭文庫の様子を、順に紹介していきます。

 

施設情報

 

なかよし文庫

TEL:042-322-1961

住所:西元町2−15−5

開催日時:水曜14:00〜15:00(0〜2歳くらい) 15:00〜16:30(3歳以上)

*夏期は17:00まで

*第5水曜日と学校のお休みの時は休み

 

東元町文庫

TEL:042-304-8977

住所:東元町1−25東元町1丁目自治会公会堂(平安神社内)

開催日時:水曜14:30〜16:00

*学校が休みの時はお休み

*12歳くらいまで

*8月最後の水曜日/夕涼み文庫あり

 

はらっぱ文庫

住所:泉町1−9−13

Tel:042-326-1253

開催日時:金曜14:30〜17:00

*学校が休みの時はお休み

*大人まで

ともだち文庫

TEL:042-321-2102

住所:東恋ケ窪3−17−1

開催日時:水曜14:00〜17:00

*学校が休みの時はお休み

*小学校低学年くらいまで