BOUKEN どんどこ

新しい国分寺市プレイステーションにできた
外遊びもできる親子ひろば

戸倉通りから見えるプレイステーションの建物

国分寺市プレイステーションが西元町から東戸倉に移転しました。新しいプレイステーションには、2階建ての建物が あります。この建物の2階に親子ひろばBOUKEN どんどこができました。親子ひろばとは、主に0歳~3歳の子どもと保護者が来て、遊ぶ、他の利用者とおしゃべりする、地域の情報を得る、子育ての悩みを相談する、などができるところです。

BOUKEN どんどこは、国分寺市からの委託を受けて、認定 NPO 法人冒険遊び場の会が運営しています。 「プレイステーションは外遊びを主とする場所なので、今まではお子さんが歩けるようになってから遊びに来る人がほとんどでした。新しいプレイステーションは親子ひろばが併設されたので、生後1か月から利用可能です」と、BOUKEN どんどこ責任者の塩原真有美さん。

階段上って正面が BOUKEN どんどこ

中央のシンボルツリーは、子ども達がぶつかっても大丈夫なように柱に緩衝材を巻いてスタッフが作成

スタッフ手作りの段ボール製電車

おままごと用テーブルと椅子も手作り

窓から見える西武線。子どもが手を振ると運 転手さんが手を振ってくれることも

BOUKEN どんどこは、広いスペースがあるので、およそ6か月未満のねんねの赤ちゃんが過ごせるコーナーのほかに、室内でも体をつかって遊べるすべり台、大型積み木、段ボール製電車などがあります。スタッフ手作りの物が多く、温かい雰囲気です。

また建物が 西武線の横に位置しているため、窓から電車がよく見えるので電車好きのお子さんには絶好のスポットです。一番の魅力は、お子さんが親子ひろばでエネルギーを発散しきれなかったり、室内に飽きてしまったら階段を降りてすぐ外に遊びに行くことができること。これはプレイステーションに併設された親子ひろばだからできることです。

「BOUKEN どんどこを、地域の友達づくりに利用してほしいです。BOUKEN どんどこの隣にある『ふれあい』の部屋が活用されるなど、育児サークル等の活動も広がっていくと良いなと考えています」と塩原さん。

BOUKEN どんどこのスタッフは、全員子育て経験者。利用者の方々からは、「明るい人が多い」「話しやすい人が多い」と言われているそう。スタッフにはカウンセラー、助産師、管理栄養士もいて、ママ達との何気ない 会話から悩み事の相談になったりもするそうです。同じ建物内に相談室があるので個別に相談することも可能です。

OPENして1年目なので、まだ地域のイベント等には参加していませんが、これから、地域の様々な活動に参加したいとのこと。来年度はプレステまつりも行う予定だそうです。

塩原さんより「新型コロナウイルス感染症対策のため、今は、時間制限と人数制限があり、 食事はできず、ご不便をおかけしています。どなたでも気軽に遊びに来てください。2 階のBOUKEN どんどこでも、1 階の部屋でも、外でも遊べます。動きやすい服装で来ることをお勧します」とのことです。(2020 年 10 月現在)

 

塩原さんのぶんハピ 国分寺歴40年以上

ひろば責任者の塩原真有美さん

花沢橋近くの線路沿い遊歩道

電車好きの息子とベンチに座ってお団子を食べながら、よく電車を眺めました。息子が幼かった頃の良い思い出の場所です。

 

取材:ぶんハピリポーター

 

 

 

 

子連れのぶんハピポイント

幼児用のトイレや立ったままオムツ替えができるコーナーがあります。

おむつ替えコーナー 緑扉奥は幼児トイレ

トイレ前のピンクのマットは立ったままオムツが替えられるコーナー

授乳室と保温ポットがある調乳室も

右奥が授乳室、カーテンやドアを閉めて利用できます

 

基本情報

BOUKEN どんどこ

住所:国分寺市東戸倉 2-28-4

TEL:042-323-8550

開場日時:火曜日~土曜日(月・日・祝日は休み)

10:30~12:30  14:30~16:30

※2020年10月現在、親子、スタッフあわせて18名まで入室可能(6か月未満児は人数に入れない)新型コロナウイルス感染症の状況によって変更する場合があります。ご利用前にホ ームページをご確認ください。

ホームページ:www.boukenasobibanokai.or.jp

●チェックポイント
 おむつがえ  

*幼児用トイレ、駐輪場あり、駐車場無し(近くにコインパーキングあり)

西恋ヶ窪親子ひろば「BOUKENとっとこ」

開放的な広い和室
ちょっとした心配事を相談できる場所

ひろば開催時、入口に出ている手書きで温かみのある看板

「西恋ケ窪親子ひろば」はNPO法人冒険遊び場の会が市から委託され2013年4月から市民プール内の和室にて運営しています。「BOUKENとっとこ」は、同会が北口駅前の商店街で運営している親子ひろば「BOUKENたまご」よりもちょっと大きいお子さんが来ることからスタッフが考えた愛称だそうです。

部屋の至るところにスタッフによる手作りのおもちゃがあり、これを参考に「家で作ってみました」というお母さんも多いようです。おもちゃの他に絵本もたくさん用意されていて、自由に見ることができます。大人向けの本もあり、こちらは貸し出しもOKです。木曜は、「いろいろ遊びの日」で、午前・午後各30分ずつ、手遊び、歌遊び、絵本の読み聞かせがあります。ひろばは、常時、運営責任者の石田さんと5名のスタッフが交代で担当する2名体制。おもちゃ作りの名人、絵本に詳しい人、お話を聞くのが上手な人、手遊びの上手な人などそれぞれに得意分野をもったスタッフがいるそうです。

和室の中には手作りおもちゃがいっぱい

「ここでは、気軽に相談できる場を提供したいと色々な試みをしています」と石田さん。毎週火曜の午後は「カウンセラーのいる日」、第4・5月曜の午前中には元養護学校教諭のチョコ先生が発達・発育が心配な親子の相談にのってくれます。さらに「わにはな」=わになってはなそ、というグループカウンセリングが第2月曜の午後にあります。プール教室に子どもを連れてきたママがひろばで相談ができることを知り、子どもが泳いでいる間にちょっと相談に訪れるなどの利用もあるようです。

「広い和室なので、よく動き回る2~3才の上の子とまだ0才の下の子を一緒に連れて来ることもできます。プールと同じ建物なので、上の子が水泳をしている間、下の子とお母さんがひろばで過ごすこともできます」とのことでした。取材した日には10組以上の親子が来ていました。利用者にお話を伺ってみると、「以前は人見知りのはげしい子だったが、ここへ来るようになって人見知りがなくなった」「ママ友が増えた」「はじめの頃は親のそばから離れなかったが、今は誰とでも遊べるようになり、幼稚園に入るときの不安がなくなった」などの声が聞かれました。

広い和室で親も子どももゆったり過ごせます

石田さんにこの広場での今後の夢を伺うと「今後は、簡単に作れるおもちゃをもっと紹介していきたいですね。遊びを通して体の使い方、他人との関わり方を親子で学んでほしい。広い和室で体を動かして遊ぶことから外遊びにもつなげていきたい」とのことでした。

大きな窓のある和室は明るく開放感があります。ママがリラックスすると、子どもは自由に遊びだすそうです。
「BOUKENとっとこ」にまだ来たことのない方へ「景色の良い広い場所で、ゆったりと過ごせるので、でひ来てください」とのメッセージをいただきました。
出入りは自由なので、自分の生活時間に合わせて、気軽に立ち寄ってみてください。

 

石田 さんのぶんハピ 国分寺歴 29年

運営責任者の石田紀子さん

本屋さんと史跡公園の桜

本が好きなので。本屋によく立ち寄ります。とくに絵本は見ているだけでも楽しいです。駅ビルにある本屋さんは絵本をゆっくりと見るスペースがあるのでいいですね。

史跡公園の桜は満開の頃の昼間でも混雑することはなく、穴場です。桜の幻想的な風景はとても美しいです。

 

子連れのぶんハピポイント

和室の中は飲食禁止ですが、建物内自動販売機の前や、道路向こうのともしび工房内「コロール」でパンとお茶を購入して食べることができます。

 

取材:ぶんハピリポーター

 

 

 

施設情報

西恋ケ窪親子ひろば

TEL:042-326-9770(冒険遊び場の会)

場所:市民プール2階和室(*入口と同じ階)
国分寺市西恋ヶ窪3-32-6

開催日時:毎月第2、4、5月曜日
毎週火曜日、木曜日 10時~15時
*年末年始、祝日はお休み

ホームページ:冒険遊び場の会

http://members3.jcom.home.ne.jp/bouken_asobibanokai/

 

 


大きな地図で見る
●チェックポイント
駐車場有 おむつがえ   *ベビーカーは建物の入口にたたんで置いておきましょう。
*入口は2階で、和室は建物の入口と同じ階です。
*おむつ替えシートと授乳ケープは和室で借りることもできます。
*ゴミは持ち帰りましょう。

市内にある家庭文庫の紹介

 

家庭文庫とは

なかよし文庫、読み語りの様子

家庭文庫とは 、個人宅の一室を図書館のように地域の親子や子どもたちに開放して、個人が所有する本の閲覧や貸出ができる場所です。文庫によっては開催時間内に、手遊び、わらべうた、読み聞かせ、紙芝居、工作、季節の行事なども行っています。

国分寺市内には魅力的な4つの家庭文庫があります。
本の貸し出しだけでなく、子育て中のお母さんたちが情報交換したり、交流できるゆったりした場所です。

市内にある家庭文庫の様子を、順に紹介していきます。

 

施設情報

 

なかよし文庫

TEL:042-322-1961

住所:西元町2−15−5

開催日時:水曜14:00〜15:00(0〜2歳くらい) 15:00〜16:30(3歳以上)

*夏期は17:00まで

*第5水曜日と学校のお休みの時は休み

 

東元町文庫

TEL:042-304-8977

住所:東元町1−25東元町1丁目自治会公会堂(平安神社内)

開催日時:水曜14:30〜16:00

*学校が休みの時はお休み

*12歳くらいまで

*8月最後の水曜日/夕涼み文庫あり

 

はらっぱ文庫

住所:泉町1−9−13

Tel:042-326-1253

開催日時:金曜14:30〜17:00

*学校が休みの時はお休み

*大人まで

ともだち文庫

TEL:042-321-2102

住所:東恋ケ窪3−17−1

開催日時:水曜14:00〜17:00

*学校が休みの時はお休み

*小学校低学年くらいまで