認定NPO法人 Ohana(オハナ)

緑を通して障がい者の就労支援と
地域とのつながりをひろげる場づくり

かわいらしい看板が掛けられている事業所の入り口

皆さんは国分寺市役所や国分寺市南町地域センター前の花壇の手入れを誰が行っているかご存知でしょうか?実は認定NPO法人Ohana(以下Ohana)が国分寺市障害者施設お仕事ネットワーク*の窓口となって、東京都と国分寺市から委託を受けて行っている事業です。

新町の事業所に伺って理事の加藤徳寿さんと職業指導員で緑のお仕事部門を担当する奥濱真奈香さんにお話をきいてきました。

*お仕事ネットワークとは、受注を促進するための国分寺市内の障害者施設の共同体です。

Ohanaは。障がい者の親たちが子どもたちの地域での居場所をつくりたいということで、当時、養護学校を退職した現理事長の春口さんや園芸療法を行っていた萩野さんたちが力を合わせて立ち上げました。Ohana(オハナ)とはハワイ語で家族という意味、障がいのある人もない人も地域で家族のように支えあって生きていけたらとの思いからこの名前を付けたそうです。

事業所のすぐ裏にあるビニールハウス
途中休憩も事業所内で過ごすことができるようになった

Ohanaでは就労継続支援B型事業所としてオハナ農園を運営し、造園や園芸療法の専門資格を持つ職員を中心に、障がいのある方の働く機会と場を提供しています。「現在国分寺市から委託を受け市内3か所*の花壇管理や市立公園19か所の清掃等を行い、地域のみなさんに草花を楽しんでもらえるようにと活動しています」と奥濱さん。

*国分市からの委託花壇(市役所、南町地域センター前、南町都営住宅前)

2017年12月に戸倉から新町の一軒家に事業所を移したばかり、事業所の裏には作業場(ビニールハウスと畑)が地続きでつながっています。花壇の花は、ハウスの中で種から育てられ、芽が少し大きくなるとポットに移してとひとつひとつ丁寧に栽培しているそうです。

一般に障がいのある方が行う作業は、ルーチンワークになることが多いそうですが、ここでは種から育てて花壇に植えるまでのすべてを利用者が行っています。「正直なところを言えば、職員が代わりに種をまいて育てたほうが簡単で作業も早いのですが、それでは支援にならないので、利用者さんが自分たちで作業ができるように必要な道具を私たちが作るなどの工夫をしています」と奥濱さん。

現在25名いる利用者のほとんどが国分寺周辺の方ですが、練馬や松戸から通っている方もいるとのことでした。

花の名が書かれたカードは利用者が手作りしたもの

緑を育てる作業を通して土や自然に触れると精神的に安定し、また自分で考えたり、観察したり、さまざまな過程を経験することが利用者の自信へとつながっているそうです。利用者と職員が一緒に話し合って使う花や配置を決めていくそうですが、「この花を植えたい」という利用者の考えは職員が思いつかないことも多くあり、それ故に他にはない面白い花壇になっているとのことでした。

お鷹の道へと緑が流れていくようにみえる南町都営住宅前の花壇

花壇はテーマパークのような派手なものではなく、国分寺らしさを出すことを意識して作っているそうです。花を植えるだけでなく、水やりをしたり花殻をつんだりと日々手入れをしているので、「作業をしている姿を見かけたらぜひ声をかけてください」と奥濱さん。「綺麗だね」と声をかけてもらうと利用者の励みになり、作業へのモチベーションもあがるとのこと。また住民の方たちから花壇への感想が直接きけるのもうれしいとのことでした。

事業所の引っ越しを機に地域の人たちに自分たちの活動を知ってもらいたいと、2018年5月に新町樹林地まつりをおこなったそうです。今後も緑のお仕事の活動を通してもっと地域とのつながりを作っていきたいとのことでした。

 

リポーターの感想

何げなく眺めていた花壇が、種から一つ一つ丁寧に育てられていたとは驚きでした。事業所のビニールハウスの周辺もお花が多いと思ったのですが、実際に花壇へ植える前の練習場所にしているそうです。お話を伺ってから花壇を見ると、お花からも利用者の方や職員の皆さんが大事に育てた花への思いが伝わってくるような気がしました。企業のように利益優先ではなく、利用者の方の支援が大前提、障がいのある方の支援と地域貢献の両立を目指す姿が印象的でした。

障がいのある人もない人も誰でも地域の中でイキイキと暮らせるように頑張っているOhanaさんの活動をたくさんの人に知ってもらいたいなと思いました。

 

加藤さんのぶんハピ 国分寺歴 3年

緑のお仕事担当の奥濱真奈香さん(左)と理事の加藤徳寿さん

武蔵国分寺周辺

武蔵国分寺の楼門あたりはゆったりとした時間の流れていて、この場所を通るたびに気持ちが落ち着きます。

 

奥濱さんのぶんハピ 国分寺歴 9年

自然の多いお鷹の道

自分が担当している南口の花壇は、お鷹の道をイメージして作っていることもあり,桔梗やナデシコなどなるべく野の花を多く植えるようにしています。国分寺の北口が開発されビルも多く栄えている中で、南口の自然がたくさん残るお鷹の道は心が安らぎます。

*Ohanaでは農園や国分寺周辺でとれた野菜や果物を使用したパウンドケーキを作る工房 (GOOD BERRY CAFE)もあり、「カフェといろいろびより」(http://bunjihappy.com/archives/7969

や「国分寺市障害者センター」(火・金12:00~13:00)のロビーなどで販売しています。機会があればぜひ食べてみてくださいね。

取材:ぶんハピリポーター

施設情報

認定NPO法人Ohana(オハナ農園)

場所:国分寺市新町1-18-9

電話:042-207-7687

http://www.npoohana.org


幼稚園ナビブック 2018 座談会を開催します

『ようちえんどこにする?』2018座談会を開催

昨年の座談会の様子 今年は少し内容を変えて開催します

先輩ママたちを中心に幼稚園選びの体験談や選ぶ際のポイントを直接聞いてもらう機会にとなる座談会を好評につき今年も開催します。

今年は、幼稚園選びの幼稚園編と保育園幼稚園で迷っているママ向けのようちえん?ほいくえん?迷い編を2回に分けて企画しました。

 

ようちえん編

17日は、幼稚園えらびの話を中心に進めます。

開催日時 5月17日(木) 受付9:45〜 座談会10:00〜12:00

会場   カフェといろいろびより

参加費  1000円(コーヒーまたは紅茶のドリンク付き)

 

ようちえん?ほいくえん?迷い編

26日は、幼稚園と保育園の両方の情報と経験談を中心に進めます。

開催日時 5月26日(土) 受付9:30〜 座談会10:00〜11:30

会場   カフェといろいろびより

参加費  1000円(コーヒーまたは紅茶のドリンク付き)

 

座談会の内容ーーーーーーーーーーーー

第1部

幼稚園ナビブック掲載の幼稚園を中心にご紹介します。(両日とも)

17日は、プレ保育や幼稚園で迷っている方へ 幼稚園選びの体験談や選ぶときのポイントとアドバイスなどを先輩ママに話してもらう予定です。

26日は、主に幼稚園と保育園のどちらにするか迷っている方へ、保育園の情報を多めに先輩ママの体験談とアドバイスを中心に話してもらう予定です。

第2部

先輩ママと参加者同士でお茶を飲みながら交流タイム

テーブル毎に先輩ママを囲んで参加者のみなさんの簡単な自己紹介後、1部を聞いて質問したかったことや迷っていることなどを少人数で情報交換してもらおうと思っています。最後に各テーブルで出た内容をみんなで共有して終了としたいと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
座談会は、明るいカフェでお茶を飲みながら進めたいと思います。
参加費には含まれませんが、カフェのスイーツなども追加で購入可能です。座談会終了後は、カフェのランチ(26日のみ)もお楽しみ頂けます。

定価540円(税込み)オールカラー
A5サイズ 40ページ

お子さま連れで参加の方のために一部マットを敷いた親子スペースを用意する予定です。広さに限りがあり、ご利用出来ない場合はご了承下さい。

当日、幼稚園ナビブック『ようちえんどこにする?』は、通常税込み価格540円のところを税抜き価格500円で販売します。
この機会に是非お買い求め下さい!

現在、ナビブックのINDEXページのみ更新して2018年度版『ようちえんどこにする?』を準備中です。2018年度版が座談会開催日に間に合わない場合は、2017年度版をお買い求めの方に無料でメールにて配布予定です。

 

お申込み

5月17日 幼稚園編→

5月26日 幼稚園と保育園 迷い編→

 

お問い合わせ先 event.cheers@gmail.com(CHEERS 阿多まで)

 

 

 


スペースまる

演劇メソッドで子どもの表現力と
創造力を拡げ育てる場

見えないボールを使って声で感情を表しながらボールを投げ合うシアターゲーム

小平と国分寺で子どもの表現クラブ「あむあむ」、おはなし遊びワークショップ「Story Play Work」や大人向けに自分の声に耳を傾ける声のヨガ「ZERO voice Work」などを行っている、スペースまるの護山瑤(もりやまはるか)さんにお話を伺いました。

護山さんは、劇団ひまわり等で10数年子ども達の演技やボイストレーニングの講師を務め、ミュージカルの舞台やナレーション等にも幅広く活動して来た方。今まで関わってきた子ども達が、ともすると【こうでなければならない】という道を歩かされていることに違和感を覚え、演劇の手法を使って自分を自由に表現する場所をつくりたいとの想いから、3年ほど前にスペースまるを立ち上げ活動を始めたそう。

子ども達がお互いのポーズを真似し合う真似っこゲーム

護山さん自身も子ども時代に結果を求められ苦しかった体験があったのも、この活動を始めるきっかけの1つだったかもしれないと仰っていました。

スペースまるを作ろうと考えていた頃の護山さんは、PC作業がとても苦手だったそう。

でもスペースまるのHPは、自分で作りたいと一念発起!自分の想いを伝えるために、納得のいく言葉を選び表現する作業に約1年を費やしたそうです。

皆でお話をつくっている様子
前の人が何を言うのかドキドキ

 

護山さんがスペースまるの活動に込めた熱い想いが詰まったHPは、読み応えがあります。スペースまるに興味をもたれた方は必見です。

表現クラブ「あむあむ」は、身体と頭を使って子ども達が感じたことを自由に表現する場。先日、「あむあむ」の小学生クラスに小学3年の娘と参加し、実際に体験してきました。まずは、俳優養成などで使われる※シアターゲーム等を、他の参加者と一緒に頭と体を使ってのびのび遊びました。

※シアターゲームは、俳優向けに演技のレッスンで用いられ、百種類以上のゲームがある。ゲーム感覚で楽しく、リラックスしながら進めるので、集中力、想像力など様々な力を磨くことができる。

おはなし遊びのワークショップで最後に自分たちがつくったおはなしを発表するこども

最後のワークは、参加者が自由に言葉をつなぎながらおはなしをつくるというもの。この日も「鬼」「山から」「遊びにきて」などの言葉を繋げて、世界にひとつだけの物語が完成しました!最終的に奇想天外なおはなしになり、一同爆笑。

他の人が何を言うのか、それを受け取ってどう繋げるか…子ども達が自分の中から言葉を探し、次に渡していく過程を楽しんでいる姿が印象的でした。

ワーク中、護山さんは、子ども達の言葉や行動をできるだけ遮らないよう、子どもたちの想像する力を引き出しやすくする雰囲気づくりを心がけているそう。護山さんの穏やかな笑顔に参加した子ども達は終始リラックスし、感じたことを自由に表現しているように感じました。お陰で人見知りな娘も、すぐに他の子ども達と打ち解ける事ができたようでした。「あむあむ」の初回は無料で参加できるのでぜひ、気軽に体験してみてください。(2018年3月現在は、体験をご希望の方は500円で参加可能です。)

 

護山さんのぶんハピ 国分寺歴 4ヶ月

護山瑤さん

都立多摩図書館 

ずっと小平在住なので、国分寺には馴染みがあります。武蔵国分寺公園と、最近できた都立多摩図書館が好きですね。特に都立多摩図書館の雰囲気、圧倒的な雑誌の数、子ども向けの部屋や、キィニョンのパン屋さんやコーヒーが飲める明るいフリースペースがあるのもいいですね。

 

取材:ぶんハピリポーター

matsushita3

 

施設情報

スペースまる

場所: 西国分寺 ろおまんか
国分寺市泉町3-13-8

開催日時:毎月第3日曜日 14:00~16:00 (変動あり)

ご興味のある方は体験ができます。(500円)

詳細は下記のHP、facebookページをご覧ください。

http://space-0.wixsite.com/maru

https://m.facebook.com/space.MARU/


STUDIO JUICE

アットホームな雰囲気で楽しみながら
本格的なダンスレッスンを

住宅街でいきなりカッコいい     juiceの看板

JUICEは、北の原地域センターに隣接した住宅街にあるダンススタジオです。周りののどかな雰囲気とはガラリと変わって、クラブカルチャーを感じさせるスタジオに最初はちょっと驚くかもしれません。

2009年、国分寺・小平を中心とした地域の方々でダンスを楽しみたいとオーナーのChinami先生のもとダンスサークルRMDが結成されました。

2015年の国内の大会でみごと        第3位に!

当初は、なおび幼稚園の子どもたちを中心にしたサークルで、練習場所は、主にけやきスポーツセンター内でした。ダンスするための環境を整えたいと(全身の動きを様々な角度から確認できる大きな鏡、リズム感を養うための良い音響設備等)、2014年自宅を改造してSTUDIO JUICEが誕生しました。

その頃から様々な大会にも出場するようになり、2016年の夏にはロサンゼルスで開催されたWORLD OF DANCE Finalへ日本代表チームとして参加するまでに成長しました。(小学生から高校生までのメンバーで構成されたチーム)。

ロスで開催したWORLD OF DANCE Finalに参加

Chinami先生は6歳から習い事としてモダンバレエを始め、その後Jazz、Samba、Hiphopと様々なジャンルのダンスを習得して、ミュージカルなどの舞台やバックダンサーとしての経歴を積んできたそうです。踊ることが大好きだった幼少時代から現在まで、ダンスとともに生きてきた先生。ダンスを通して人と比べないことや個性の大切さを学んできました。子どもたちにもダンスを踊ることで自分らしさに自信を持って、今生きている瞬間を目一杯楽しんで欲しいと話してくれました。

最近、国分寺第三小学校の放課後子どもプランで講師として小学生たちにダンスを教える機会があったとのこと。今回、私も小2の娘と一緒にスタジオレッスンに参加しました。まずHiphop調のジブリの曲やジャクソン5など、心地よく元気になれる曲に合わせてストレッチなど基礎体操で身体をほぐした後、J-popの曲に合わせてダンスの指導を受けました。

大きな鏡を見ながらレッスンを受ける子どもたち

優しく丁寧でわかりやすいレッスンでした。カッコよく踊るポイントを教えてもらうと娘も私もグッとダンサーらしく踊れて見違えました。ひとりひとりの子どもたちを喜ばせたい、笑顔にしたいという先生の気持ちが伝わってくるレッスンでした。

Naomi先生

 

 

レッスンは、初心者から楽しく学べるクラスから自分のダンスを追求しクラスみんなが切磋琢磨できるハイレベルクラスまであります(対象は、幼稚園児以上であれば上は年齢制限なし)。

どのクラスでも子どもの素直な心を伸ばして、表現力を育てることを重視しているそうです。

子ども中心のレッスンとなりますが、大人も参加できるクラスもあるので親子でレッスンを受けても楽しいです。

しんじ先生

また、ヨガインストラクターのNaomi先生のクラス(ヨガ、ダンスの基礎を担当)や韓流イケメン!しんじ先生のクラス(男の子に特にオススメ!カッコいいストリートダンスが学べます)もあります。 ダンス未経験者でもどなたでも歓迎です!とのこと。

レッスン料金は入会金なしの月謝制、またはチケット制を選択して単発で受講することも可能です。見学、体験をご希望される方はスタジオまでお気軽にお問合せください。

振付師(コリオグラファー)でもあるChinami先生に今後の夢を伺うと、人の心に響くような温かく感動してもらえる作品を生み出していきたい、とのことでした。また、「この場所をダンススタジオとしてだけでなく、地域の方の特技を活かせる場所、例えばアロママッサージの施術など、ひと休みできるような癒しの空間としても活用してもらえたら」とお聞きして実現する日が楽しみになりました。

 

Chinami先生

Chinami先生のぶんハピ 国分寺歴 29年

国分寺の自然とアジア料理店

国分寺は緑が多いところが好きです。近所の茶畑や窪東公園も。
アジア料理店『2階のぞうさん』、居酒屋『sei』 もお気に入りです。

 

取材:ぶんハピリポーター

勝井さん

 

 

 

施設情報

STUDIO JUICE

住所:国分寺市東恋ヶ窪6-9-29

TEL:042-208-3393

https://www.rmddance.org/

 

開催時間:

CHINAMI  R&B/HIPHOP/モダンJazzクラス

月曜日 16:00~17:00 モダンJazzクラス

金曜日   16:30~17:30 HIPHOP 初級

他のクラスもありますので、詳しくはHPをご確認ください。

 

しんじ HIPHIPクラス

月曜日18:00〜19:00 基礎/初級

火曜日20:00〜21:00 初中級

 

NAOMI 基礎LESSONクラス

火曜日18:30〜19:00

金曜日19:00〜19:30

 

レッスン料金

☆チケット制

ビジター料金(体験含む) ¥1500

4回チケット  ¥6000 *有効期限2ヶ月 (購入日より2ヶ月有効)

基礎LESSON  ¥500

4回チケット ¥2000

☆月謝制

月4回(週1コース) ¥5000   (1レッスン¥1250)

*固定日 例) 毎週金曜クラス➡ ¥5000

*毎月第1週目集金

*インストラクターの緊急の都合上やスタジオ側の 理由でレッスンが休講になった場合は翌月の月謝で 調整いたします。


緑のギャラリーうぉーく2017に”xChange”で参加します

『ベビーグッズと子ども服のxChange Vol.25』で参加します。

今年も、緑のギャラリーうぉーく2017が、5月20日(土)と21日(日)で開催されます。

 

ぶんハピねっとの『ベビーグッズと子ども服のxChange Vol25』

昨年OPENしたコミュニティカフェ「カフェといろいろびより」にて開催です。

目の前は公園♪開放的なカフェです

 

日時:5月20日(土)10:00〜15:00

会場:カフェといろいろびより

国分寺市南町1-14-7 プラウド国分寺1階

meishi_vieyori_i_151218

 

 

 

 

 

 

dsc01411

 

 

 

『ベビーグッズと子ども服のxChange』

べビーグッズのxChangeは、皆さんの「不要になったけれど誰かに使ってほしいもの、誰かが使いたいと思えるもの」を持ってきてもらい、自分が「必要なもの、ほしいもの」とを物々交換する場です。

こども服(0〜約10歳)、ベビーカー、だっこひも、おもちゃ、絵本などできるだけ未使用の新品か状態の良い物をご持参ください。

シミがついた服などはご遠慮ください。

xChangeに持ってくる物がなくても、持って帰るだけでも大丈夫です。定期的に企画していますので、次回以降に何か不要なものがあればその時に持って来て頂いても、今回、持って帰った物を次回に持ってくるというのもOKです。

みんながHAPPYになるこの物々交換の優しく温かい循環が今後も継続していけるように、みなさんのお気持ちを寄付という形でお願いするため募金箱を設置します。

 

ぶんハピねっと5周年グッズと5周年を記念して作成した定価500円 オールカラー A5サイズ 40ページ『幼稚園ナビブック2017』、ともしび工房のクッキーも販売。

そのほか、「カフェといろいろびより」にて軽食とコーヒーなどのドリンク類も販売します。みなさんのお越しをお待ちしています!

お天気で、お散歩日和になりますように。

NAKAJIMA