Flower & Dining PALETTE(フラワーアンドダイニング パレット)

花屋さんもお食事も入口はここ

お花屋さんでランチが楽しめる
子育て中ママのためのお店

パレットは、ごはんも食べられるお花屋さんとして2016年3月9日にオープン。お花屋を担当するのは、奥さまの桃井牧子さん。
「大きなお花屋さんのように多くの種類の花を置けないので、シックで落ち着いたナチュラル系のものを選んでお店には置いています。」そうおっしゃる通り、店内は落ち着いた色味の花がセレクトされお店の外の花壇も緑いっぱいの草花に囲まれています(お店の外の素敵な花壇はご主人がデザインし、管理されています)。
ご夫婦ともご結婚される前はお花屋さんにお勤めだったとのこと。お花屋さんだけでなく食事もできるダイニングにした理由を伺うと「私自身お酒が好きだったこともあり、女性が一人でゆっくり飲める場所がなかったこと、大人の女性が心地よくゆっくり過ごせる場所も一緒に作りたいと、開店当初はカウンター席を多く設けた女性一人で飲めるダイニングにしていました」とのこと。

週末(金・土)限定販売のお得なワンコインブーケ

ダイニングでお料理を担当するのはご主人の桃井真さん。花屋の前に月島にあるビストロにてフレンチシェフの指導を仰ぎ、お店で出す料理を担当しながら3年ほど勤務していたそう。パレットがお店で美味しい料理が提供できる理由がここにありました。

座敷スタイルで居心地抜群

その後、牧子さんの出産を機に子連れで食事ができるスペースにと2017年10月にお店をリニューアルオープン。
1歳未満のお子さんがいるママにとって、子連れで気兼ねなく力を抜くことができるごはん屋さんに。店内はカーペットが敷かれ、ちゃぶ台でご飯を頂くスタイル。お子さんをゴロゴロ寝かせてご飯を食べることができます。

事前予約が必要ですが、通常のランチメニュー以外にママのためのお得なコース料理(1500円~)も楽しめます。季節ごとにメニューが変わるとのことなので、詳しくはHPをご覧ください。

妊婦や産後の女性に必要な成分、葉酸たっぷりのウニ玉丼は人気メニュー

取材中、ご主人から次々とあふれ出るアイデアをお聞きし、お店はもちろん、お店以外でもママのために何ができるかを常に考えていらっしゃるのがよくわかりました。花屋では、ベリーカラーのお花を中心に色味を絞って販売されているように、ダイニングとしても対象を子育て中のママに絞ったママのための企画が盛りだくさんです。これからもママ向けの企画が増えるとのことで今後がとても楽しみです。

 

 

 

真さんのぶんハピ  国分寺歴  5年

奥様の牧子さん、1歳6ヶ月の息子さん、    ご主人の真さん

お散歩コースにある都営住宅周辺の花壇

息子を連れて南口周辺をお散歩します。お散歩途中にある都営住宅(国分寺駅南口マルエツの裏)周りの花壇は、丁寧に育てられたいろんなお花が自然な感じで植わっているのが素敵ですね。

 

牧子さんのぶんハピ  国分寺歴  10年

coco−bunji5階の芝生のエリア

家からも近いのでよく息子と行きます。町中でほっとできるスペースです。車などを気にせず息子をあそばせられるのもよいですね。

 

子連れのぶんハピポイント

「小さい子どもがいる人向けのガーデニング教室」など子連れで楽しめるイベントを開催。

入店時に入口のベルを鳴らすとベビーカーを運ぶお手伝いをしてもらえます

子育てママ向けの企画であればお店をレンタルスペースとして1時間半まで無料で貸し出し。(イベント詳細はHPにてご確認ください)

 

お店近くにある親子ひろばのBOUKENたまごを利用時にパレットの食事を出前できます。メニュー表がBOUKENたまごにあるのでひろばスタッフにご確認ください。

 

 

取材:ぶんハピリポーター

 

 

 

 

お店情報

店名 Flower & Dining PALETTE(フラワーアンドダイニング パレット)

TEL&FAX:042-201-2820

住所:国分寺市南町3-13-8マルサカビル1F

営業時間:お花11:00~19:30

(土のみ17:00)

お食事 ランチ  11:30-14:00

ディナー 18:00〜22:00 L.O.21:30 (完全予約制のみ)

定休日:日曜、祝日(月曜不定休。母の日等のイベントがある時期は営業)

※営業日以外の対応は応相談。お問い合わせください。

アクセス:国分寺駅南口から徒歩2分・ロータリー右の松屋さんの前の信号を渡り右へ。すぐ先のファミリーマートを左に曲がり最初の十字路にあります。

https://palette2016.wordpress.com/

https://flowerpale.exblog.jp/

Instagram:flowerpalette1122

●チェックポイント
 おむつがえ  貸切OK 

カフェといろいろ びより

こだわりランチが日替わりで楽しめ
有機コーヒーと手作りスイーツも魅力

全面ガラス張りの明るい店舗

国分寺駅南口から徒歩5分。「カフェといろいろ びより」は、プラウド国分寺の1階にあります。

2016年11月18日にオープンしました。この日が、ちょうど「ぶんぶんウォーク」の開催前日だったこともあり、イベントに合わせて行ったオープニングイベントが地域デビューとなりました。

※「ぶんぶんウォーク」は2011年からスタートした市民発信のイベント。国分寺界隈を歩きながら街の魅力を再発見することをコンセプトに毎年秋に開催される。街のあちこちで大小60を超える企画が集合。

隔週金曜と土曜の店主、百豆木(ものずき)によるばあばのごはんは、主菜に肉または魚がえらべます(800円)

カフェでは、いつか自分のお店を持ちたい、自慢の料理をふるまいたいという店主さんが毎日、日替わりで多種多様なランチを提供しています。

中でも毎週月曜出店のいでまい食堂さんは、季節の野菜を中心にたまごや肉を使わないヘルシーメニューが人気。隔週金曜担当の発酵家族さんは、こねないパンや発酵食品を用いたランチを提供。料理教室も行っています。小平で定食屋をやっていた百の豆木(ものずき)さんによるばあばのごはんは、ボリュームたっぷりで家族連れに嬉しいメニュー。他にもスリランカカレーなど月1回や不定期出店の店主さんによる多様なメニューが楽しめます。(日替わり店主のスケジュールについては、びよりのHPやfacebookをご覧ください)

ドリンクや手作りスイーツが並ぶカウンター

店内のカウンターには、日替わり店主やまいにちマルシェの出店者による素材にこだわったスイーツが並びます。人気のスイーツは添加物フリーの手作りアイスクリーム。NPO法人オハナの自家農園で栽培した野菜や国分寺の地場野菜や果物を使ったパウンドケーキは、季節ごとにいろいろな味が楽しめます。カフェでは、有機栽培のコーヒー豆を使用した濃厚な味わいのコーヒーを提供しています。是非、びよりのスイーツと一緒にどうぞ。ドリンクは、コーヒー以外にもジ

店内を使って開催するびより市の様子

ンジャエール、ジュース、ビールなどのアルコール類もあります。またクラフト作家によるアクセサリーや小物など丁寧に作られた作品の販売も行っています。不定期ですが、スイーツや手作り品の販売やワークショップなど店内全体を使って行う「びより市」も開催しています。

カフェを切り盛りするのは、20年以上にわたり多摩ニュータウンをはじめ、様々な地域のまちづくりに関わり、まちの中に情報を発信する拠点を作ったり、転入者がまちに溶け込むきっかけやスキルを活かす場を作ってきた鎌田菜穂子さん。その経験を見込まれ、顔が見える関係づくりができる拠点を作りたいマンションのディベロッパーからカフェの運営を任されました。

「場所がないとできないことがある。自分の役割は皆さんがやりたい事をできる場所を用意し、守って行くこと」と鎌田さん。カフェでは食事はもちろん、カフェを仕切って貸しスペースとなる「びよりbis」ではイベント、ワークショップ、展示、教室、打ち合わせ、お誕生会、貸切パーティーなど色々なことができます。(利用方法など詳しくは「はたらく」コーナーのびよりbisの記事をご覧ください。)

ワクワクする企画でいっぱいの掲示板

ここは、お子さんと一緒でも一人でも、心のこもった食事やスイーツを楽しみ、日替わり店主さんやスタッフに気軽に声をかけておしゃべりし、何かやりたい事があれば相談もできる場所。店名に「いろいろ」とある通り、いろいろな思いを優しく受け止める鎌田さんをはじめスタッフが支えているこの場所は、これからますます輝いていくと感じました。

 

 

鎌田さんのぶんハピ  国分寺歴  1年

カフェといろいろびよりでの出会い

NPO法人 ツナグバツクリ代表
鎌田菜穂子さん

結婚した頃、けやき台団地に住んで子育てをはじめました。国分寺は生活圏でしたから、びよりをオープンして「帰ってきた」思いです。国分寺でハッピーを感じる場所は、(自画自賛になってしまいますが)びよりです。まちの色々な方と出会えることを日々楽しんでいます。

 

子連れのぶんハピポイント

カフェの隣りに市営の公園(南町ひだまり公園)がある子連れに理想的な環境です。
離乳食の持込可。子ども椅子やクッションもあります。

※お弁当や水筒、ペットボトルなど飲食の持込は不可、オムツはお持ち帰りください。

食事の後は、隣接している公園で           遊ぶこともできます

「子ども用のメニューは特にありませんが、日替わり店主さんによっては、お子さん用におにぎりを出してくれたり、ママ・パパ用を大盛りにしてくれたり、テイクアウト対応ができる場合もあるのでスタッフに気軽に声をかけて下さい」とのことです。オススメは、babymamalunch day(月2回、第四火曜と不定期開催、HPやfacebookで確認の上、要予約)。赤ちゃん用にマットがひかれ、赤ちゃんは寝転がりながらママ・パパはゆっくりランチを楽しめます。

取材:ぶんハピリポーター

 

 

 

お店情報

店名 カフェといろいろ びより

TEL:042-321-6730

住所:国分寺市南町1-14-7プラウド国分寺1階

営業時間:9:30〜17:30

定休日:木曜、祝祭日

アクセス:国分寺駅南口から徒歩5分

https://vieyori.jimdo.com/

https://www.facebook.com/vieyori/

●チェックポイント
 おむつがえ
絵本、子ども用カトラリー有

施設 カフェといろいろびより&びよりbis(ビス)

自分の「やりたい!」が叶えられる場所

カフェ奥にあるびよりbis
中央の引き扉がパーテーション

国分寺駅南口から徒歩5分に位置するマンション「プラウド国分寺」の1階にある「カフェといろいろびより」は、2016年11月にコミュニティカフェとしてオープン。カフェの隣には南町ひだまり公園があり、たくさんの光が差し込む気持ちの良い場所です。

店内の奥、パーテーションで区切られるスペース「びよりbis」は、自己実現や新しい働き方ができる場として利用されています。びよりbisには、約10名が利用できるテーブルがあり、ホワイトボード、スクリーン、プロジェクターを完備しているので、講座やセミナーなどの開催が可能です。

びよりbisはフラットなスペースとしても利用可能

カフェを運営するNPO法人ツナグバヅクリ、代表の鎌田菜穂子さんに利用内容について伺ったところ「公序良俗に反しないことと、政治・宗教に関係しなければ基本的に何でもOKです。

教育資金セミナーやアンガーマネージメントのような座学からベビーマッサージ、ベビーヨガなど子連れで参加できる企画も。カフェ全体を使って映画上映やコンサートなどにも使用できます。店名に『いろいろびより』とあるように、使いたい人に合わせて使い方もいろいろ自由自在です」とのことでした。

日替わり店主として準備中の
「養生カフェaiii」のお二人

ここでは、自己実現の場所としてびよりbis以外に下記の内容でも利用できます。
・ 日替わり店主 ランチやスイーツなどの飲食の提供
・ まいにちマルシェ 手作り品(お菓子類・アクセサリーなど)の販売

※日替わり店主として食事を提供する場合は、食品衛生管理者の有資格者であること。
食品の委託販売は、菓子製造許可を持っていることが条件になります。

 

利用するには?

カウンターに並ぶ毎日マルシェのスイーツ類

1.利用説明会に参加し、会員登録(年会費1000円)が必要

びより(びよりbis、日替わり店主、毎日マルシェなど)を利用して何か初めたい方は、毎月2回ほど開催される利用説明会に参加し、利用条件などの説明を聞いた上で、びよりの会員登録を行い、利用開始となります。(説明会の参加は無料ですが、カフェでドリンクオーダーが必要)初めて何かをスタートする方や集客などにいろいろと不安な方には、2回に分けて企画のまとめ方や告知の方法などを学ぶ勉強会(有料)を行っているそうです。

 

2.利用時間
びよりbisの利用時間は定休日(毎週木曜と祝日)と祝日以外の9:30〜17:30
※ランチタイム(11:30〜14:30)以外であればカフェスペース全体の利用も可能

まいにちマルシェの手作り品の棚

 

3.利用料金
利用料金については、びよりbisの使用料:30分1000円〜、誕生パーティーなど非営利の利用は30分500円〜となりますが、とくにセミナーやワークショップなどの利用には、スタートを支援するための制度などもあるので、詳しくは説明会でお問い合わせください。
まいにちマルシェの委託販売手数料:売上金額の25%
日替わり店主の利用料:売上金額の30%

※利用料金等は平成29年11月現在の金額です。今後、変更する場合がありますので、予めご了承ください。

 

誰におすすめ?

資格やスキルを生かせる場所を捜している方や自分の得意なことで何かを始めたい方におすすめです。「本格的にお店を開いたり、教室を構えたりせずに、小さくても仕事にしていきたいという方にとって、ここは使い勝手がいい場所です。」(鎌田さん)

 

なぜここを利用するといいの?

代表の鎌田さんをはじめ、副理事、岩嶋寿子さんと坂上順子さん、3人の経験豊富な人材がびよりの運営を行っていること。
鎌田さんは、地域のコミュニティづくりに長く関わってきた方。カフェといろいろびよりに先駆けて、千歳烏山のコミュニティカフェ「ななつのこ」を運営し、今まで培ってきたノウハウやネットワークをお持ちです。また、岩嶋さんは、キャリアの仕事を始めて10年目のベテランで、平成28年度から国家資格となったキャリアコンサルタントです。セミナーや講座の講師としても活躍中。坂上さんは、武蔵野美術大学(元空間デザイン科)卒。グラフィックデザイナーとしてカフェといろいろびよりのロゴデザインやホームページ、チラシのデザインを手掛けています。それぞれが得意分野で利用者を支援してくれる心強さがあります。利用登録者向けに勉強会(有料)を行うなどの支援体制もあり、場所を提供する以外のサポートが魅力です。

 

利用を考えている方へ

「集客は、基本は、主催する方に行っていただきますが、びよりのHPやfacebookで告知し、カフェでのチラシの配布などでも広報のお手伝いをします。チラシの作成(有料)についてもお気軽にお問い合わせ下さい。講座は、参加者が1人でも集まったら、イベントを開催し、続けていくことが大事です。0にはいくらかけ算しても0のままですが、1からは大きく広がります。私たちは、利用者のみなさんの思いをどうすれば実現できるのかを一緒に考え、成長していきたいと思っています。まずは利用説明会にお越しください。」(鎌田さん)

向かって左より岩嶋寿子さん、鎌田菜穂子さん、坂上順子さん

鎌田さんのぶんハピごはん
手前みそですが、びよりの日替わり店主さんが作るご飯。
岩嶋さんのぶんハピ
気分転換したい時によく行くクルミドコーヒーのコーヒーとクルミドケーキ
坂上さんのぶんハピごはん
乳製品全般が元気の素ですが、一つあげるなら手作りヨーグルト

 

もっと知りたい方へ

利用説明会の日時、イベントやワークショップの利用例や、予約状況などの詳しい情報は「カフェといろいろびより」のHP、facebookをご覧ください。
https://vieyori.jimdo.com
https://www.facebook.com/vieyori/

 

取材を終えて

「やりたいことが気軽に始められる場所があり、鎌田さんをはじめとした気さくなスタッフの方々が後押しをしてくれる」そう聞いただけで、もしかしたら私も何か始められるかも、という気持ちが沸いてきました。子育て中で働けない、と諦めている方にとってもキャリアを見直したり、自分の新しい可能性を見出せるきっかけになる場所だと思いました。

 

取材:ぶんハピレポーター