市内にある自主保育グループの紹介

 

自主保育グループとは

ぐるんぱ

子育てサークルぐるんぱ 子どもを遊ばせながら昼食の準備するママ達

 

未就園児を持つ親が親子で週に数回集まり、一緒に遊んだりおしゃべりするグループ活動。遊ぶといっても内容はグループやその日の参加メンバーによっても様々です。おもに公園や国分寺市プレイステーションで遊んでいる屋外グループと児童館などで遊ぶ屋内グループ、屋外も屋内もという混合型もあります。グループのメンバーはみんな同じ子育て中の親たちです。公園に親子だけで行くよりもいつものメンバーと一緒に遊ぶことで親も子どもものびのび楽しい時間が過ごせます。

国分寺市内には十年以上活動を続けている4つの自主保育グループがあります。

市内にある自主保育グループの様子を、順に紹介します。どのグループもメンバー募集中です。興味のある方は是非、下記の活動日に遊びに行ってみてください。

※グループ名をクリックすると詳しい取材記事が読めます。

 

活動情報

 

自主保育グループ ぐるんぱ

主な活動場所:国分寺市プレイステーション

活動日:毎週火・金曜日 10:30〜自由解散(14:00頃まで)

会費:300円/月

自主保育グループ ハンティントン

主な活動場所:国分寺市プレイステーション

活動日:木曜10:30〜14:00

会費:300円/月

子育てサークル バンビーニ

活動場所:都民ハイム国分寺集会所、公団集会所など

活動日:毎月第3月曜10:00〜12:00
イベント時は月2回

会費:100円/1回

はとぽっぽ

活動場所:しんまち児童館など

活動日:毎週火曜・木曜水曜10:30〜14:00

会費:300円/月

 

 


ぶんハピねっと講習会 Vol.1 参加者募集のお知らせ

国分寺のHAPPYをあなたの言葉で
発信してみませんか?

ぶんハピねっとの立ち上げからアドバイスをいただいている
フリーライターの石川理麻さんから、取材の「いろは」を学び
実際にお店で撮影を行うなど実践重視の講習会を開催します!

こんな方にお勧め!

国分寺の色々な情報を発信したい!

気になるお店に行って話を聞いてみたい!

写真を上手く撮れるコツが知りたい!

伝える文章術を学びたい!

国分寺で楽しい活動をしたい!

ぶんハピねっとのリポーターになりたい!

ぶんハピリポーターとして活動を希望する方は、講習会(全3回)終了後、実際にお店などを取材していただく予定です。※ぶんハピリポーターは、有償ボランティア(実費のみ支給)です。

 

講習会スケジュール・講習内容

6月20日(木)取材準備編 取材先決定からアポ取りまで

時間:10:30〜12:00

会場・保育:JA東京むさし 国分寺支店 2階会議室

 

6月27日(木)取材&原稿の書き方編

時間:1部10:30〜12:00 2部13:00〜14:30

会場・保育:JA東京むさし 国分寺支店 2階会議室

 

7月4日(木)取材&撮影編

時間: 9:30〜11:00  会場:市内のお店を予定 保育:場所未定

時間: 13:00〜14:30 会場:国分寺市立いずみホール Bホール、和室(保育)

 

講師:石川理麻氏

フリーライターとして多摩地域で活動。現在、エリアマガジン「ののわ」の編集企画を担当、地域ライターとして活躍中。

定員:24名  参加費:2500円(20日のみ500円、1回1000円×2 日)

保育料:1日1000円(20日のみ500円、保育は12名まで受け付け)

※ お申し込み後のキャンセルは出来ませんのでご了承下さい。欠席された方へは講習内容の要点をメールにてお送りします。(当日欠席の場合、保育料はかかりません。)

申込み受付中!お申し込みはこちらからどうぞ→


クローバー

ハンデのあるお子さんの一時預かり
地域に開いた交流の場として運営

アパートの裏の畑を通して     近所の農家の方と交流も

クローバーは、2011年の夏からNPO法人グリーンハートが、国分寺市から委託されて運営する障がいのあるお子さんの一時預かり事業です。「ハンデのある子どもとその家族が家庭内で煮詰まらないよう、もっと周囲の人たちとつながることができたらという思いで始めた」とおっしゃる理事長の本間浩子さん。ご自身が、知的障がいのある息子さんを育ててきたことや国分寺で歴史あるNPO法人「国分寺市手をつなぐ親の会」※での役員経験などを生かして、支援を受ける側の人たちに寄り添い、地域と連携した活動を展開しています。

クローバーでは、預けられるお子さんの条件があり、事前登録が必要。一日に預かれる定員は、3名だそうですが、市の事業なので各家庭の経済状況に応じ、負担のない料金で利用できます。子どもたちを見守る有償ボランティアのスタッフは、福祉の勉強をする学生さん、介護ヘルパーの資格を持つ方、子育てがひと段落した主婦の方など様々です。

事務所入口のドアにかけられた かわいい看板

普段、子どもたちは、事務所の隣にある保育スペースでおもちゃを使って遊んだり、ビデオやテレビを見たりと思い思いに保育者と過ごします。また、子どもたちの興味が広がるよう地域の方の協力を得て、子どもたちの目の前で粉から打って作ったうどんを一緒に食べたり、月に1回開く英語のクラスなどを企画しています。色々な体験を通して、地域の人との交流する機会をつくるように心がけているそうです。

現在、国分寺市の委託事業により一時預かりの実施対象者が、障がい者手帳や医師の診断書のある子どものみになっています。小さいお子さんではなかなか医師の診断がつかないこともあり、「今後は、発達が気になるお子さんたちも預かれるようにしていきたい」とのことでした。

二間続きのスペースでゆったり  遊べます

本間さんたちは、クローバーの事業を始めてから障がいや発達に不安のある小さい子どもをもつ親御さんたちが、地域の人とつながりたい、もっと話をしたい、と思っていることを改めて実感したそうです。そうしたニーズにこたえられるよう「これからも新しい事業を形にしていきたい」とおっしゃっていました。

クローバーは、子どもの成長を地域の色々な方に見守ってもらえて、交流もでき、とても頼りになる場所だと思います。新しい人との関わりが増えると、子どもたちも毎日の生活がちょっと新鮮に感じられるようになるのではないでしょうか。本間さんをはじめ、職員の皆さんは経験豊富で明るい雰囲気です。一時預かりに興味のある方は、グリーンハートにお気軽に問い合わせてみてください。

※NPO法人「国分寺市手をつなぐ親の会」は、知的障がいをもつ子どもの親が子どもを取り巻く社会と積極的に関わり合い、子ども自身が社会の一員として生きていくことが出来る基盤づくりをするために親たちが協力し、活動している団体です。

 

本間さんのぶんハピ 国分寺歴 約24年

理事長 本間浩子さん

グリーンハートの厨房でのお弁当作りと

自宅で趣味に没頭している時

厨房でのお弁当づくりは楽しいです。

趣味は内緒です。

ブログを見ればすぐバレてしまいますが…(笑)。

 

 

 

子連れのぶんハピポイント

第2・第4水曜10:00~12:00に障がいのあるお子さんを対象にしたおやこひろば「オリーブ」を開催しています。「子育ての悩みや心配事を抱える親御さんが、障がいのある子を育てた先輩お母さんや経験豊富なメンバーが話を聞いて、一緒に考え支えになれたら」という思いで活動されています。発達が気になるお子さんについても相談に乗ってくださるそうです。

お弁当は、主菜1品、副菜2品とお漬け物に    お味噌汁がついて500円

年に4回、手作り品や衣類を販売するオープンイベント「マルシェ」があります。中古品でも状態のよいものが多いそうです。マルシェ開催中には、ビュッフェ形式のお得なランチもあり、毎回好評とのこと。

また、2011年の11月から「よつば亭」という名称で手づくり弁当の販売が始まりました。毎週火曜と木曜の11:30から事務所の向かいにある厨房からお弁当を販売中です。お昼ご飯に利用してみて下さい。

 

取材:ぶんハピリポーター

 

 

 

施設情報

特定非営利活動法人 グリーンハート

TEL/FAX:042-304-0800

住所:国分寺市西恋ヶ窪4-29-6サンハイツ103

一時預かり「クローバー」

月曜から土曜 9:00〜18:00

おやこひろば「オリーブ」

第2/第4水曜 10:00〜12:00

定休日:日曜・祝祭日・年末年始

アクセス:西武国分寺線 恋ヶ窪駅から徒歩5分

http://greenheart-treehouse.jimdo.com

http://gureenheart.jugem.jp/

 



大きな地図で見る
●チェックポイント
おむつがえ 

こどもの発達センター つくしんぼ

国分寺市が運営する近隣の市では数少ない
子どもの発達支援施設

 

園庭から見た つくしんぼ の建物

国分寺市立第十小学校の近く、福祉センターの西向かいに「こどもの発達センター つくしんぼ」があります。この施設は、在宅心身障害児を持つ親の会「つくしんぼ」が運営していた国分寺市心身障害児(者)通所訓練室を昭和50年4月1日、市に全面移管することによってスタートした子どもの発達支援施設です。

就学前の子どもを対象とした発達相談や通園教室、親子の遊びの教室(下記の表を参照)、 保育園・幼稚園への訪問支援の運営が主な事業です。教室では、見る聞く活動やリズム運動、体遊び、手遊びなどの遊びを通して子どもの発達を促す取り組みが中心になっています。教室は、全て無料で参加できます。

初めて相談に来る方は、保健センターから紹介されるケースが多く、全体の 約60%ですが 「お子さんの発達で心配なことがあればいつでも気軽に相談していただきたい。」とおっしゃる、園長の前田典人さん。相談内容は「ことばが遅い」「集団で行動するのが難しい」などで、他者とのコミュニケーションがうまくとれなかったお子さんが親子の遊びの教室に通うようになってお子さんや母子関係に良い変化がみられるようになることも多いそうです。

広く明るい通園教室のプレイルーム

通園教室では園に通う保護者同士の交流の場として「母ちゃん会」や子育てに父親の協力が必要だと、 父親がほぼ月1回居酒屋で開催している「父ちゃん会」があるそうです。「父ちゃん会」には前田さんも発足以来(前田さん自身が父親になる前から)、参加しているとのこと。園の家族支援としては、通園教室のお子さん以外の兄弟のために「兄弟姉妹の会」があり、兄弟姉妹に楽しんでもらえるようにデイキャンプなどのイベントを行っています。さらに卒園児の就学後の居場所づくりとして前園長が運営に携わってきた「国分寺子どもクラブ」があり、現在、実際のスタッフは、近隣の大学生がボランティアで参加しているそうです。

施設は、2階建てで、1階には通園教室用の大きなプレイルームがあり、2階には小プレイルームと個別相談用の部屋があります。プレイルームのとなりにある教材室からはマジックミラー越しに子どもの様子を自由に保護者や専門家が見られるように工夫されていました。スタッフの方々が常に誰かから見られている状況は、スタッフのスキルアップに役立っているようです。

プレイルームの一部の窓はマジックミラーに

スタッフが、子どもたちのプライバシー保護に気を付けているのはもちろんですが、通園する子どもたちに日頃から気を付けていることを前田さんに伺ったところ、「自己肯定感をもって欲しいので、とにかくスタッフみんなで通ってくる子どもたちたくさん褒めてあげる」ということでした。そのためスタッフは、子どもを叱らなくてもよい環境を整えることにも気を付けているということでした。

「叱らないための環境整備」「たくさん褒めてあげる」ということは、子育て中の母親に共通のアドバイスだと思います。

つくしんぼには、穏やかで初対面でも話しやすい園長の前田さんをはじめ、子どもたちに親身に熱心に取り組むスタッフの方々がいらっしゃいます。取材時も、ちょうどひな祭り準備でスタッフの方々がピアノの練習をしたり、教材を手作りする姿が見られました。

最近、お子さんの発達を心配するお母さんたちが増えているそうです。心配なときは一人で悩まず早めに専門家に相談し、適切な支援を受けることで、親も子も穏やかに生活できるようになるのではと取材を通して思いました。

 

前田さんのぶんハピ 国分寺歴 約21年

つくしんぼ園長 前田典人さん

通園してきた子どもたちの笑顔と父ちゃん会

ハッピーと感じるのは、プレイルームに通園してきた子どもたちが僕に満面の笑顔を見せてくれる時です。また、居酒屋で開催する「父ちゃん会」は、お酒が飲めないのですが、毎回楽しく参加しています。私自身の父親としての原点にもなっています。

 

取材:ぶんハピリポーター

 

施設情報

こどもの発達センター つくしんぼ

TEL・FAX:042-323-7912

発達相談予約電話:042-325-0070 

住所:国分寺市戸倉3-1-1

開館時間:8:30~17:00(月曜〜金曜)

休館日:土曜、日曜、祝祭日、年末年始 

アクセス:国立駅北口より立川バス「戸倉循環・日吉町廻り」

または恋ヶ窪駅より「国立駅行き」バス停「国分寺五小」下車徒歩5分
、ぶんバス日吉町ルート「福祉センター入口」下車徒歩3分


大きな地図で見る
●チェックポイント
駐車場有 
*駐車場6台 有り(要予約)
*だれでもトイレ有り

まめまめ託児室

子どものペースに合わせた一時保育
お母さんの自分時間を応援

 

手書きの文字が温かい看板

毎日の育児の中で「ちょっと手を借りたい、少し子どもと離れてリフレッシュしたい。」と思っているお母さんはたくさんいると思います。でもいざ子どもを預けたいと思っても、専業主婦や育休中のお母さんは、近くに実家がなければ、預ける先がほとんどないのが現状です。

まめまめ託児室は、代表/保育士の佐藤美智子さんとまめカフェオーナーの中村裕子さんの「お母さんたちには大人としての自分だけの時間が必要。毎日がんばっているお母さんを少しでも応援したい。」という思いから始まりました。ここでは、0歳から3歳までのお子さんを最大5名まで受け入れています。

子どもに寄り添う佐藤さんの優しい まなざし

 

保育を担当するのは、 佐藤さんと保育士の丸山千恵子さん。 「外に行って遊びたい」「部屋で遊びたい」「電車を見に行きたい」「ママと離れたくない」というその日の子どもの気持ちに寄り添い、子どもの体調やペースに合わせた保育を心がけているとのこと。「初めて預けるときは、お母さんと離れたくなくて泣いてしまう子がほとんど。でもここで私たちと一緒に遊んで楽しい時間を過ごすうちに、だんだんとお母さんと離れることに慣れていきます。」と佐藤さん。

お母さんたちが託児室を利用するのは、「美容院に行きたい」「上の子を預けて下の子の面倒をみたい」「引っ越しの片づけをしたい」「病院に行くので預けたい」「保育園に通う前に慣らし保育として利用したい」など目的は様々です。

畳と木の家具で温もりのある保育室

働いていないからと子どもを預けることを躊躇するお母さんがまだまだ多いようですが、「子どもと一緒にいることで出来ないことのストレスを溜めないように、子育て中だからこそ自分の時間を確保して欲しい。」と中村さん。

「子どもを預けることでお母さんの気持ちに余裕が生まれ、家族に優しくなれるそんな幸せな循環を生み出していきたい。」と話すお二人から子育て中のお母さんを応援する熱い思いが伝わってきました。

 

実は、私も週に1度利用して自分の時間を確保しています。たまっている家事や仕事をすることがほとんどですが、たまには岩盤浴に行って疲れを取ったり、おしゃれなカフェでのんびりランチをしたりしています。社会での役割から離れた素の自分で時間を過ごすことで、日々のストレスも解消され、新しく力がみなぎってくるのを感じます。

小さい赤ちゃんでも楽しめるおもちゃが たくさん

息子は、人見知りで初めての場所も不安がるのですが、ここではリラックスして遊べているので、安心して預けられています。毎回、佐藤さんや丸山さんから息子の様子を聞くのも楽しみで、地域で一緒に息子の成長を喜んでもらえる方たちに出会えたのもとても嬉しいです。

子どもは保育士さんとたっぷり遊ぶ時間を、お母さんは自分のペースで過ごす時間をもつことで、どちらもハッピーに!毎日がんばっているお母さん、是非一度利用してみてください。

 

利用の方法

対象:生後6ヶ月~3歳 (1日最大5名まで)

曜日:金曜 9:30~14:00

料金:900円/1時間

登録時に1年間の保険料として1000円が別途必要です(毎年更新)

 

<まめまめ託児室の利用について>

●登録

登録は事前に電話かメールで予約する。

【持ち物:保険証・医療証のコピー、母子手帳のコピー】

面談後、規約等を確認し、登録する。

(保険料は初日の利用時に払います)

 

●予約

利用する3日前までにメールか電話で保育の予約を入れる。

※急な利用の場合も、まずは連絡してみてください。

 

●利用当日

1.あらかじめ連絡帳にお迎えの時間や子どもの体調などを記入しておく。

2.託児室に着いたら、保育士に連絡帳を渡し、お迎えの時間と子どもの体調などを確認した上で、預ける。

3.お迎え時間になったら、託児室に行く。

連絡帳でのその日の保育内容を確認し、口頭でもその日の様子を聞き、子どもを引き取る。

4.当日利用分の保育料を支払う

 

●持ち物

・お着替え一式

・オムツ3枚~5枚程度(必要なお子様のみ)

・おしりふき

・タオル(ループ付き)

・ビニール袋2枚

・おやつ

・お飲み物

【お昼を過ぎて、保育を希望する場合】

・お弁当

・エプロン・おてふき

 

佐藤さんのぶんハピ 国分寺歴 約5年

託児室代表/保育士 佐藤美智子さん(右)  まめカフェオーナー 中村裕子さん(左)

託児室で子どもたちと過ごす時間

託児室で子どもの成長に触れられる瞬間。子どもたちは、毎回新しい感動をくれます。託児室で過ごす時間がとってもハッピー!

中村さんのぶんハピ 国分寺歴 約12年

お鷹の道の散策

お鷹の道をのんびり散歩すること。途中で売っている地場野菜が、新鮮でとっても魅力的です。

 

 

取材:ぶんハピリポーター

 

施設情報

まめまめ託児室

TEL&FAX:042-403-6825

住所:東京都国分寺市泉町3-9-7

開室時間: 9:30~14:00 金曜

※火曜、水曜、木曜は「まめカフェ」としてカフェを営業

アクセス:西国分寺駅南口から徒歩5分

ホームページ:
http://www7a.biglobe.ne.jp/~sugarhouse/mamemame-home.html


大きな地図で見る
●チェックポイント
おむつがえ駐車場有
*ベビーカーは外に置くスペース有り
*お迎えの時のみ駐車1台可