Vanitoy Bagel 国分寺店

店頭で毎朝焼く種類豊富なベーグル
川越発のパン屋さん、イートインもOK

川越に本店があるVanitoy Bagelの国分寺店が、国分寺駅から歩いて約8分、国分寺街道沿いの早稲田実業向かいに2015年秋オープンしました。

焼きたてのベーグルがならぶ魅力な外観

焼きたてのベーグルがならぶ魅力な外観

店長の菅原絵美理さんにお話を聞きました。

 

――お店のオープンはいつですか?

2015年9月16日です。

 

――店名の由来は?

オーナーが命名したのですが、由来は内緒だそうです。

 

――お店をはじめたきっかけを教えてください。

移動販売からスタートしました。他店との違いを出すためにコーヒーに合うモノをと考えていたときにベーグルに出会い「これでしょう!」とメイン商品にしました。移動販売で知り合いになった方などの協力で川越にお店をオープンしました。

 

―お店の場所を国分寺に決めた理由は?

明るく清潔なイートインスペース

明るく清潔なイートインスペース

本店の川越から西武線に乗って気軽に来られることと、高校野球で話題の早稲田実業学校の斜向かいという立地に惹かれて。

 

――お店のパンの特徴

ベーグルは北海道産強力粉100%使用。十勝平野の甜菜糖と自然塩と少量のイーストを使って低温発酵で作り、毎朝お店で焼いています。

*ベーグルについて

普通のパンと違い、焼く前に「ゆでる」という工程が入るので、歯ごたえのあるもちもちとした独特の食感が特徴です。

 

――イチオシパンとお勧めポイント

プレーンベーグル  (160円)

プレーンベーグル  (160円)

プレーンベーグルには、牛乳、バター、卵、不使用で、防腐剤などの添加物が入っていません。小麦本来のやさしい甘さが感じられるシンプルなベーグルです。

これを使ったベーグルサンドも販売しています。注文を受けてから作るので、出来上がりまで5~15分ほどかかります。事前に電話予約をしていただけると店頭でお待たせしません。テイクアウトはもちろん、イートインスペースで飲み物と一緒に食べることもできます。お勧めの飲み物はフレッシュバナナジュースです。

 

――リポーターが気になったパン

ほうれん草とチーズのベーグル (230円)

ほうれん草とチーズのベーグル (230円)

気になったのは、ほうれん草とチーズのベーグルです。噛むごとにほうれん草の繊維がしっかり感じられ、チーズの風味でマイルドな味になっているベーグル。これだけでビタミンもカルシウムも摂取できそうです。

 

お店のショウケースが歩道に面しているので、ベビーカーを押していても、自転車に乗っていても、ちょっと止まって気軽に買うことができます。ベーグルはシンプルなものからボリュームたっぷりのものや甘いものまで40~50種類あります。スコーン、マフィン、ビスコッティなども販売しているので、食事、おやつ、手土産などさまざまな場面で利用できそうです。はじめてベーグルを購入するときには、「おいしい食べ方と保存方法」を書いたチラシをもらうことをお勧めします。また、くまのオリジナルキャラクターが描かれたスタンプカードに500円購入毎にスタンプを1個押してもらえます。スタンプ40個貯まると次回500円割引になります。

 

菅原絵美理(すがわら えみり)さんのぶんハピ  国分寺歴 2ヶ月

これからぶんハピを見つけたい

「お店のオープンと同時に国分寺に来たばかりで、国分寺のことをよく知らないのでこれから色々見つけていきたいです。」

 

 取材:ぶんハピレポーター

 

 

 

お店情報

Vanitoy Bagel 国分寺店

TEL&FAX:042-312-2525

住所:国分寺市本多1-1-21

営業時間:10:00~売り切れまで(土、日は17時頃)

定休日:火曜日

vanitoy Bagel http://www.vanitoy.com

 

 


ベーカリーハース

自家製天然酵母と国産小麦の焼きたてパンを
家族みんなで楽しみたい

小麦と自家製酵母の甘い香りに包まれた店内

国立駅北口にあるベーカリーハース。HPもブログもないお店は、開店して1年もたたないのに口コミで開店前からお客さんが並び、早いときはお昼過ぎには売り切れてしまうほどの人気店に。人気の秘密を探るべくベーカリーハースの店主、杉山次郎さんにお話しを伺いました。

 

――お店のオープンはいつですか?

2013年6月21日です。

 

――店名の由来は?

一般的に、ハード系のパンを総称して「hearth」といいます。本来の意味は暖炉辺、炉床、比喩的に家庭、団らんという意味もあります。
ハースのパンを家族みんなで食べて欲しいという意味も込めています。

 

30種類のパンはどれもリピートしたいおいしさ

――お店をはじめたきっかけを教えてください。

いつか自分でお店をやってみたいと思っていましたが、何のお店をやるかと言うことは決めていませんでした。
実は、奥さんがパン好きで、休日に一緒にパン巡りをしているうちに、いつの間にか自分もパン好きになっていました(笑)。5年前に会社を辞めて、パン職人になるべく天然酵母を扱うパン屋さんで働きながらパン作りを一から学びました。

 

――お店のパンの特徴

国産小麦粉と塩と自家製の天然酵母で12種類の生地を作り、15時間発酵させて焼いています。パン生地に卵は一切使わず、砂糖もほとんど使わないで、酵母のもつ甘みを生かしています。常時、ハード系のパンを中心に約30種類のパンを作っています。

 

カンパーニュ(ホール 880円、1/4 220円)

――イチオシパンとお勧めポイント

イチオシパンは、カンパーニュです。粉の配合が難しいパンなのですが、毎回約5種類の小麦粉を配合して作っています。それぞれの粉の持つ風味や食感を楽しんでください。

※通常1/4で販売していますが、前日に予約すればホールで購入することも可能。

 

――リポーターのいちおしパン

ジャガイモのフォカッチャ(170円)

私が、気になるパンはたくさんありすぎて一つに絞り込むのに時間がかかりました。悩んだ末に選んだのは、フォカッチャ。生地にジャガイモが練り込んであるのでしっとりとして美味しいです。
仕上げに岩塩、ローズマリー、オリーブオイル(全て私の好きなもの)がのせてあります。一度食べたらリピートしたくなるパンです。

 

杉山さんのぶんハピ  国分寺歴 36年

店主 杉山次郎さん(右)奥様の美津恵さん

子どもと一緒に行く近くの公園

休日に子どもと一緒に近くの公園に遊びに行きます。
子どもと一緒に過ごすのが僕のぶんハピですね。
国立の北側は小さい公園しかないのがちょっと残念です。

美津恵さんのぶんハピ  国分寺歴 7年

お鷹の道周辺

子どもが小さい頃によく遊びに行きました。緑が多くて小川が流れているところがいいですね。

 

 取材:CHEERS

 

 

お店情報

ベーカリーハース

TEL:042-511-3682

住所:国分寺市光町1-37-17

営業時間:11:00~売り切れるまで

定休日:日曜・月曜・木曜

 


大きな地図で見る