緑のギャラリーうぉーく2017に”xChange”で参加します

『ベビーグッズと子ども服のxChange Vol.25』で参加します。

今年も、緑のギャラリーうぉーく2017が、5月20日(土)と21日(日)で開催されます。

 

ぶんハピねっとの『ベビーグッズと子ども服のxChange Vol25』

昨年OPENしたコミュニティカフェ「カフェといろいろびより」にて開催です。

目の前は公園♪開放的なカフェです

 

日時:5月20日(土)10:00〜15:00

会場:カフェといろいろびより

国分寺市南町1-14-7 プラウド国分寺1階

meishi_vieyori_i_151218

 

 

 

 

 

 

dsc01411

 

 

 

『ベビーグッズと子ども服のxChange』

べビーグッズのxChangeは、皆さんの「不要になったけれど誰かに使ってほしいもの、誰かが使いたいと思えるもの」を持ってきてもらい、自分が「必要なもの、ほしいもの」とを物々交換する場です。

こども服(0〜約10歳)、ベビーカー、だっこひも、おもちゃ、絵本などできるだけ未使用の新品か状態の良い物をご持参ください。

シミがついた服などはご遠慮ください。

xChangeに持ってくる物がなくても、持って帰るだけでも大丈夫です。定期的に企画していますので、次回以降に何か不要なものがあればその時に持って来て頂いても、今回、持って帰った物を次回に持ってくるというのもOKです。

みんながHAPPYになるこの物々交換の優しく温かい循環が今後も継続していけるように、みなさんのお気持ちを寄付という形でお願いするため募金箱を設置します。

 

ぶんハピねっと5周年グッズと5周年を記念して作成した定価500円 オールカラー A5サイズ 40ページ『幼稚園ナビブック2017』、ともしび工房のクッキーも販売。

そのほか、「カフェといろいろびより」にて軽食とコーヒーなどのドリンク類も販売します。みなさんのお越しをお待ちしています!

お天気で、お散歩日和になりますように。

NAKAJIMA


ぶんぶんうぉーく2016 開催!

今年で6回目となるぶんぶんうぉーく2016が、11月19日と20日で開催されます。
毎年親子タウンの企画を担当してきましたが、今年はmain
「みんなでお祝い HAPPY BAZZAR」と題して、ぶんハピねっと5周年記念と新しくOPENするコミュニティカフェ「カフェといろいろびより」とのコラボ企画で参加します。
%e3%81%b2%e3%82%99%e3%82%88%e3%82%8a%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%b9日時:11月19日(土)、20日(日)
10:00〜16:00

会場:カフェといろいろびより

国分寺市南町1-14-7 プラウド国分寺1階

meishi_vieyori_i_151218

19日(土)の企画内容
wSスペース

『ベビーグッズと子ども服のxChange』を開催
dsc01411今回で23回目になるxChangeです。不要になったけれどまだ使える比較的綺麗な服やおもちゃなどをお持ち下さい。持ってきた品物にエピソードを書いてタグをつけてもらいます。必要なものが見つかったら10点までお持ち帰り出来ます。

カフェスペース

ぶんハピねっと5周年グッズと5周年を記念して作成した定価500円 オールカラー A5サイズ 40ページ『幼稚園ナビブック2017』の販売。
ナビブックを18日までに予約をしていただくと、定価500円のところを10%引で販売!詳しくはこちらをご覧下さい。

『日頃の疲れを癒すリフレクソロジー』整体サロンslow
ヘッド、ハンド、フットのリフレクソロジー。いつも頑張っている自分にご褒美を。足はもちろん、頭や腕は思っている以上に気持ち良いですよ。お好きなコースを組み合わせる事も可能。ぶんぶんうぉーく限定メニューです。(20分 1500円〜)

『お菓子のワークショップ』minacle(ミナクル)
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%e3%82%af%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bcクリスマスオーナメント用のジンジャーマンクッキーにデコレーションをしましょう。
参加費:300円

オーナメント用クッキーの販売もあります。

『写真撮影会』チーム染(someru)%e5%b2%a9%e6%9c%ac%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%80photo%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99
プロのヘアメイクとフォトグラファーによるいつもとひと味ちがう写真を屋外のマンション内にある杜で撮影予定。
someruヘアメイク&撮影 1500円(2カットデータ転送サービスにて納品)
ヘアメイクのみ、撮影のみ 各々1000円撮影は大人だけでもご家族でもOKです。

20日(日)の企画内容

WSスペース
『紙芝居と割れないシャボン玉作り』からし種おはなしシアター

%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%97%e7%a8%ae%e3%80%80%e7%b4%99%e8%8a%9d%e5%b1%85紙芝居でかみなり小僧のお話を聞いた後、かみなり小僧をみんなの力でお空に返してあげよう!

時間 11:00〜、13:00〜 2回開催
各回とも親子10組(先着順)

%e5%89%b2%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e9%a2%a8%e8%88%b9ws

参加費:1000円(ワークショップ材料費込み)
追加材料費 300円

 

カフェスペース
『モザイクタイル作り』からふるたいる%e3%83%a2%e3%82%b5%e3%82%99%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%80%80%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%84%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%80%80%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%88

%e3%83%a2%e3%82%b5%e3%82%99%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab

クリスマスのミニ飾りヤどんなデザインにもできるコースターを作ります。 参加費:500円

『ポジティブタロット占い』まんまる屋
あなたの気になる事をタロットカードでポジティブに占います。
10分〜 1000円(10分ごとに1000円追加)

両日開催

ぶんハピねっと5周年グッズとナビブックの販売
手作りはんこの販売 はだなつ
%e3%81%af%e3%82%93%e3%81%932

dscn5394-3

「アルファベットのはんこや宿題見ましたはんこ、年賀状用のはんこなどなど。贈り物にご自宅用に。オーダーも承ります。」

※写真は過去の作品です。

%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%83%bc-%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%82%aaそのほか、「カフェといろいろびより」にて販売予定の「オー・リーブ・ジャパン」より良質なオリーブオイルや天然蜂蜜、ハーブソルト、バルサミコ酢などオリーブオイルと楽しめる調味料を、スペインとニュージーランドから直輸入のものを販売。

%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%84イーワイトレーディング」よりアメリカ、カリフォルニアの天日干しを中心に扱うドライフルーツはすべて砂糖不使用。なかなか他で手に入らない珍しいものが勢揃いします。

patisse-rie_b1パティス・リ」よりていねいに手づくりした、フランスのかわいいお菓子とパンの販売。「スローロリス」img_2551より米粉のシフォンケーキや季節のタルトの販売があります。

そのほか、「カフェといろいろびより」にて軽食とコーヒーなどのドリンク類も販売します。みなさんのお越しをお待ちしています!

 ATA2


めぐるみlabo&cafe

地場野菜や果物を循環させる工房
食だけでなくモノや人も巡るカフェ

お客さんを暖かく迎え入れる 大きな木の扉

お客さんを暖かく迎え入れる
大きな木の扉

お鷹の道にある史跡の駅おたカフェの運営に関わる高浜さんが、ジャムやピクルスの工房兼カフェとして2015年3月末、国分寺の北口に「めぐるみlabo&cafe」をオープンしました。

店舗をオープンしたのは、おたカフェで販売しているジャムとピクルスが2012年に国分寺ブランドとして認定を受け、ジャムなどの需要が広がったことがきっかけでした。工房として見つけたこの場所はカフェも出来る広さがあったため、国分寺産ジャムとピクルスを食べられるお店としても展開することとなりました。

席はゆったりとしていて つい長居したくなる店内

席はゆったりとしていて
つい長居したくなる店内

カフェのメニューは、ジャムとピクルスを美味しく食べられるものを中心に、農家さんからいただいた旬の野菜などを取り入れたカレーやパスタを提供するなど、季節感が感じられる工夫を凝らしています。

ジャムやピクルスの他、農家さんから聞いた農作物の保存方法を参考に、野菜や果物を乾燥させた加工品の商品化を視野に入れた試作も行っているそうです。

「めぐるみ」の店名には、お店を軸に地域の作物や人が循環する(めぐる)場になると言う意味が込められています。その試みとして、様々なアーティストの作品の展示やワークショップを行ったり、月曜日は、知り合いを中心にカフェを貸したりしているとのこと。「ただ食べ物を提供するだけではなく、お店が地域のコミュニティになるよう新しく国分寺にやってきた人と昔から暮らしている人の出会いの場にもしていきたい」と高浜さん。

今後も農家さんを招いたトークイベントや店先でミニファーマーズマーケットを開催するなど、やってみたいことがまだたくさんあるということでした。生き生きとした表情で夢を語る姿が印象的でした。これからどんな活動が広がっていくのか、とても楽しみです。スタッフのみなさんが心地よい距離感で接してくれるのもお店の魅力。これから普段使いに欠かせないお店のひとつになりそうです。

ジャム(750円〜)、ピクルス(500円〜)、 オリーブ塩漬け(500円)、乾燥とうがらし(300円)

ジャム(750円〜)、ピクルス(500円〜)
オリーブ塩漬け(500円)、乾燥とうがらし(300円)

手作りスコーンとトマトジャム(450円) ジャムは数種類から好きなものが選べます

手作りスコーンとトマトジャム(450円)
ジャムは数種類から好きなものが選べます

 

高浜さんのぶんハピ  国分寺歴 約10年

左:オーナーの高浜敬子さ  右: スタッフの菅谷智美さん

左:店長の高浜敬子さん 
右: スタッフの菅谷智美さん

人との繋がりを発見したとき

人との繋がりが広がったり、思いがけず知り合った人がまた別のところで自分の知人と繋がっていたことが分かった時などは、とても嬉しい気持ちになりますね。

 

 

菅谷さんのぶんハピ  国分寺歴 約1年

「くうふく」の天丼

めぐるみlabo&caféと同じ通りにある
「くうふく」の天丼を食べている時が至福の時間です。

子連れのぶんハピポイント

絵本を通して新しい繋がりが生まれるかも

絵本を通して新しい繋がりが生まれるかも

めぐるみlabo&cafeでは店内に、ぶんハピが定期的に実施しているベビーグッズxChangeの絵本のみの棚を常設していただきました。カフェご利用の方を対象に、絵本の物々交換がいつでも出来ます。家にある読まなくなった絵本を持ってきて本棚に追加し、代わりに置いてある絵本が気にいれば持って帰ることができます。絵本がお店を軸に循環していく素敵な試みです。ご来店の際は是非、不要になった絵本があればご持参下さい。

広々としたソファー席でゆっくり食事やデザートを楽しみながら絵本を読んだり、家で寛ぐような感覚でお子さまとのカフェタイムが楽しめます。

 

取材:ぶんハピリポーター

 

お店情報

めぐるみロゴ
めぐるみlabo&cafe

住所: 国分寺市本町2-19-1

営業時間:火~土曜

10:30~18:00(L.O.17:30 )

日曜   10:30~17:30(L.O.16:30 )

https://www.facebook.com/megurumicafe

定休日:月曜

 

●チェックポイント
 

焙煎珈琲 いずみや

好きなヴィンテージカップを選んで
店主とのおしゃべりが楽しめる珈琲店

赤いシェードと木の看板が目印

赤いシェードと木の看板が目印

今でも住宅の間に畑が点在し、昔のたたずまいを残す東恋ヶ窪。「けやき公園」や「孫の湯」にも近い住宅街の一角に、2015年1月「焙煎珈琲 いずみや」がオープンしました。

約三十年前、実はこの場所には、オーナーの武井理恵子さんのご両親が親戚に貸していた、お菓子やさんがありました。正面にアイスケースが置いてあるような、“昭和のお菓子やさん”で、屋号は「いずみや」だったといいます。

三鷹市でラーメン屋を営んでいたご両親の姿を見て育ち、早いうちから自然に「自分も店を持つ」と決めていた武井さんは、結婚後、神奈川に住んでからも夢を実現するために喫茶店開業のスクールに通い、準備を進めました。卒業後は喫茶店で修行を積み、いよいよ店舗を探し始めた時、武井さんの頭に浮かんだのが、その時には既に更地になっていた国分寺の「いずみや」の土地でした。お菓子やさんはもうありませんが、同じ場所でお店を開くのだから屋号だけでも残したい、という武井さんの思いもあり、店名は「珈琲焙煎 いずみや」となったのでした。

店内で目を引くアイスコーヒー用のウォータードリッパーは、12時間かけてコーヒーを抽出

店内で目を引くアイスコーヒー用のウォータードリッパーは、12時間かけてコーヒーを抽出

赤いシェードが目を引くお店のドアを開けると、意外にもそこには地下に伸びる階段が。ゆっくり降りてまた扉を開けると、美しい一枚板のカウンターと背の高い水出しコーヒー抽出器が目に飛び込んできます。この一枚板とは運命の出会いだったそうで、まるであつらえたかのようにぴったりと抽出器が収まっています。店舗は地下になりますが、上部の窓から取り込んだ柔らかな光とヴィンテージのファイアーキングのカップなどに囲まれて、とても居心地が良い空間になっています。

珈琲を注文すると、カウンターの奥に並ぶヴィンテージのカップから、好きなものを選べます。珈琲のお供には、定番のシフォンケーキやパウンドケーキがおすすめです。取材ではシフォンケーキをいただきました。生クリームがきれいに乗せられ、さらにメイプルシロップがかけられます。きめが細かくしっかりした生地は口溶けがよく、思わず笑みがこぼれるおいしさ。ほろ苦い珈琲との相性は抜群でした。

お店には、お菓子屋さん時代の「いずみや」を知る近所の方から高校生、子育て中の若いママなど、幅広い年代のお客さんが訪れているそうです。武井さんご自身が保育園と小学校に通うお子さんを持つお母さんということから「ママたちがのんびりできる場所を提供したい」という想いがあり、「小さいお子さんがいるお母さん方にもぜひ来てほしい」とのことでした。

「おばあちゃんになるまで、ここでお店を続けたい」という武井さん。珈琲を飲みたいな、と思ったときに、いつでもふらりと立ち寄れる。そんな身近な珈琲屋さんとして、これからもこの場所に、あり続けるでしょう。

珈琲を注文すると、カウンターの奥に並ぶヴィンテージのカップから、好きなものを選べます

珈琲を注文すると、カウンターの奥に並ぶヴィンテージのカップから、好きなものを選べます

シフォンケーキ(400円)は、横浜で修行したお店の師匠直伝レシピで武井さんが作るプロの味

華奢で優しげな外見からは想像できないような、情熱と行動力を持つ武井さん。取材中は、人と人、物と人とが、武井さんを軸にして引き寄せられていくびっくりするようなエピソードが尽きませんでした。ここで全てを書ききれないのが残念ですが、是非、カウンター越しに武井さんから直接お話を聞いてみてください。お子さんが大きくなったら、「夜の部としてマジシャンを呼んでお酒を提供する予約制のマジックバーをやりたい」とのこと。武井さんの話す「やりたい」は、必ず実現されるのだろうなあ、と思って今から楽しみです。

 

武井さんのぶんハピ  国分寺歴 約1年

店主の武井理恵子さん

店主の武井理恵子さん

お店周辺の環境と子どもたちの遊ぶ声

お店の周り、畑が多く残っていて緑が多いので、このあたりが好きです。(笑)近所の子どもたちが遊ぶ声が聞こえるのもとてもいいですね。子育てに良い環境だな、と思います。開店して以来、店にいる時間が長く、市内の色々なところにあまり足を伸ばせていないので、これからぶんハピを増やしたいですね。

 

子連れのぶんハピポイント

子ども席小さいお子さん用のおもちゃあり。

カウンター席以外の低いテーブル席はお子さん連れの方におすすめです。

素材にこだわった「月とフクロウ」の焼き菓子も販売しています。

 

取材:ぶんハピリポーター
青木さん2

お店情報

焙煎珈琲いずみや

住所: 国分寺市東恋ヶ窪3-35-3

営業時間:11:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

URL: http://izumiyabe.exblog.jp

 

●チェックポイント
*段差有り 

Lacuna(ラクナ)

西国分寺のバール的カフェ
バリスタの本格コーヒーを味わいたい

一軒家の1階がお店 外観がとても可愛らしい

Lacuna(ラクナ)は、バリスタの小笠原光子さんが2013年5月、西国分寺駅から南に徒歩5分の住宅街にオープンしました。

※「バール」とは、イタリアでは朝から夜まで毎日気軽に立ち寄れる店で、エスプレッソや軽食、お酒をサービスする所。「バリスタ」はバールのカウンターでエスプレッソやお酒を作ってサービスする人。バリスタは接客のプロである。(日経トレンディネットHPトップバリスタ横山千尋氏のインタビュー http://trendy.nikkeibp.co.jp/lc/cover/090225_coffee_01/index2.html

店北欧テイストの木の家具で統一された店内

カフェの開店は、受験勉強中に喫茶店をよく利用した税理士のお母様と店長の小笠原さんの20数年越しの夢だったそう。「いろいろな人が勉強やおしゃべりに来られる喫茶店をいつか作りたい」というお母様の夢が、「一杯のコーヒーで人を幸せな気持ちにできる」ことに感動してバリスタを目指した小笠原さんの夢に重なり実現しました。カフェと自宅と会計事務所を併設できる今の物件に出会った頃、小笠原さんは第3子を出産したばかり。乳児連れで奔走する妹を見かねてお姉様の大藤了子さんもお店づくりに参加。オーナーはお母様、切り盛りは姉妹でというカフェが1年余りで出来上がりました。

お薦めのメニューは、ランチに付く天然酵母パンと木曜から土曜限定で作る2種類のスコーン(ジャムと生クリーム付きで450円)。どちらも小笠原さんの手作りで焼きたてが楽しめます。週替わりランチは、旬の食材(出来るだけ国分寺産で)を使い季節感を大切に、毎週メニューを作っているそうです。店内は、テーブル席だけでなく、カフェの本場イタリアに倣って作ったカウンターにてスタンディング(立ち飲み)でバリスタの小笠原さんが心を込めていれる本格コーヒーと手作りスイーツやフードが楽しめます。

週替わりランチは、天然酵母パンorごはんとドリンク付 950円

カフェタイムのドリンクは手作りクッキー付

カフェタイム(ランチタイムの11:30〜14:00以外の営業時間)のドリンクには、
すべて手作りクッキーが付きます。
これは、ドリンクにちょっとしたお菓子を添えると嬉しいというお母様のアイディアだそう。

席を立つとドアまで見送ってくれたお二人。お客様を大事にする気持ちが随所に感じられ、帰るときにまたすぐ来たいと思わせてくれます。大切な人だけにこっそり教えたくなるそんな素敵なお店です。

 

小笠原さんと大藤さんのぶんハピ  国分寺歴 約30年

店長の小笠原光子さん(左)と        お姉様の大藤了子さん(右)

国分寺のあちこちと自宅のベランダ

国分寺に生まれ育ったので「このお店が建つ前にあった塾によく通ったな」、「ここで木登りしたな」など、国分寺のどこを歩いてもちっちゃい思い出がいっぱいです。(小笠原さん)

ふと見上げるとちょっとした所でも星が見えるのが好きです。家のベランダから富士山が見える日はテンションが上がります。(大藤さん)

 

子連れのぶんハピポイント

優雅な空間でゆっくりオムツ替えが出来ます

「オムツ替えのできるカフェはあまりないと思います。赤ちゃん連れで気軽に来店してほしい」と3人の乳幼児のお母さんでもある小笠原さんからのコメント。シャンデリアが下がるゴージャスなトイレにオムツ替えベッドを設置したのは、妹の子育てを傍で見ていてママ達に少しでもゆったりしてもらえたらという大藤さんのアイディア。乳児連れのママのためにチェアーヨガでリフレッシュするイベントを開催したことも。今後は、子連れのママ達に楽しんでもらえるイベントをもっと増やしていきたいとのことでした。楽しみですね。

ベビーカーのままで来店OK。子ども用の椅子もあります。

 

取材:ぶんハピリポーター

 

 

 

 

お店情報

Lacuna(ラクナ)

TEL:042-312-0127

住所: 国分寺市泉町3-27-8

営業時間:10:00~17:00(ラストオーダー16:30)

定休日:日曜、月曜、祝日

アクセス:JR中央線・武蔵野線西国分寺駅南口から徒歩5分

 


大きな地図で見る
●チェックポイント
  おむつがえ