あふりかん・ままの台所

マクロビオティックなライフスタイルを
おおらかに発信する料理教室

入口で迎えてくれるのは可愛い陶器の手作り看板

入口で迎えてくれる可愛い手作りの看板

国分寺東元町にある「あふりかん・ままの台所」は、お鷹の道の程近く、たせえみこさんがご自宅で開いているマクロビオティック料理教室です。

まずは、たせさんとマクロビオティックとの出会いを伺いました。

たせさんには、高校生から小学生まで4人のお子さんがいます。4人ともアレルギーを持ち、次男のアレルギーが特に重かったそうです。

次男のHさんがまだ小さかった頃、自宅近所にある自然治癒を推奨する病院で「玄米クリームを食べさせるといいよ」と医者に言われたことがマクロビオティックとの出会いだったそうです。

大きな窓のあるリビングのテーブルで調理のデモンストレーションをするたせさん

大きな窓のあるリビングのテーブルで調理のデモンストレーションをするたせさん

その頃は玄米食についても知らなかったたせさん。でも、母は動きます。自然食品店で玄米や土つきの野菜を購入したり、マクロビ関連の本を読み。独学で得た知識で食事に気を配り子どもたちの症状も少しずつ改善していったそうです。

一番下のお子さんが幼稚園に入園したのを機にマクロビオティックの講座を受けクシマクロビオティックアドバイザー、KIIXクッキングインストラクター、KMCC認定講師、などの資格を次々に取得。3年前からは、家庭内だけでなく外へも発信していこうとマクロビオティックを紹介する料理教室やKMCC認定講師として自宅で本格的な講座※も始めました。

今回お邪魔したのは「冬の会」。マクロビオティックは自然との調和を大切にしているので、まずは四季のリズムに合わせた冬の過ごし方を教えて頂きました。そのお話しをもとに調理実習を始めます。

 

今回の調理実習メニューは

◯ひじきと切り干し大根の玄米ご飯

◯ひよこ豆とキャベツのシチュー

◯蓮根のハンバーグ

◯焼き玄米餅りんごとブルーベリーコンポートソース添え

 

たせさんが準備してくださった2品を加えた 今回のメニュー、器も素敵でした

たせさんが準備してくださった2品を加えた
今回のメニュー、器も素敵でした

マクロビオティックには「身土不二」という土地の旬のものを頂くことと「一物全体」という丸ごと食べるという考えがあります。

普段は捨ててしまう皮や葉も丸ごと使い、旬の野菜がたっぷりのメニュー。マクロビオティックではすべてのものに陰陽があり、陰と陽のバランスを大切にしています。野菜の陰と陽のバランスのために切り方にも気を配ります。

たせさんの話を聞きながら調理をすすめているとあっという間に料理が出来上がります。そして皆でテーブルを囲みます。自然素材で建てられたたせさんのご自宅のリビングで頂くランチは、食べるとほっとし、身体が元気になる美味しいお料理でした。マクロビオティックは、日本人が自然と共に生きていた一昔前の食事や生き方のように感じました。

たせさん手づくりのバッグやお財布は、イベント時やご自宅で購入可能 (小)1500円〜、(紐付き大)3500円〜

たせさん手づくりのバッグやお財布は、イベント時やご自宅で購入可能
(小)1500円〜、(紐付き大)3500円〜

「食べ物に感謝する」「30回以上噛む」「質の良い調味料を使う」「旬の野菜を食べる」など何でも良いので、難しく考えず自分が出来ることから取り入れてほしいとたせさん。

たせさんの料理教室の魅力は「あふりかん・ままの台所」と言うユニークな名前の由来にもつながります。8年ほど前に近所のお店でたせさん手作りのお財布やポーチを置いてもらう際、制作者の名前が必要になり、そのお店の人が「たせさんは、アフリカの小物が好きで、大らかに子育てしているのがアフリカのビックママみたい!」という言葉から「あふりかん・まま」というネーミングが誕生。現在の教室を始める際、そこに「台所」がつきました。

マクロビオティックというと玄米菜食でストイックというのが私の今までのイメージでしたが、たせさんのお話しを聞いて実際に美味しいランチを頂いたことでマクロビオティックへの敷居が低くなり、自分でも出来ることから始めてみたくなりました。

最後にたせさんから初心者向けのマクロビオティックおすすめ本として『10代からのマクロビオティックス』を紹介してもらいました。「10代向けではあるけれど、一般の大人の方にも読みやすくできているので、お勧めですよ」との事です。

 

たせさんのぶんハピ 国分寺歴約13年

あふりかん・ままの台所主宰    たせえみこさん

あふりかん・ままの台所主宰 たせえみこさん

お鷹の道沿いの竹林を見上げた時の空

「お鷹の道沿いにある竹林を見上げた時の空が好き。何かある時にヒントがもらえそうな気がする、気がするだけですよ。でもハッピーになります」

 

 

あふりかん・ままの台所で開催の講座

初心者向けに季節に応じた料理と暮らし方を紹介する「季節の会」、2回に分けて優しく学べる「Simpleにマクロビオティックを学ぶステップⅠ・Ⅱ」、座学中心の理論編(KMCC)など何種類かのマクロビオティック講座があります。

その他、外部の講師を招いたヨガ、お灸、フラワーエッセンスの会(マクロビオティックランチ付き)があります。単発の教室が多く通いやすいですね。

毎月のスケジュール、お申込み、ご質問等は、メールや電話にていつでも受付ているとのことお気軽にお問い合せください。

※KMCC(Kushi MacrobioticCooking Culture)の講座は、初級から上級まであり、クシマクロビオティックを一から学べるコースで最終的にはクッキングインストラクターの資格が取得出来ます。

 

取材:ぶんハピリポーター

matsushita3

 

 

施設情報

あふりかん・ままの台所

住所:国分寺市東元町

時間:基本平日の10時から13時頃まで

(週末・祝日・学校の春・夏・冬休み期間中はお休み)

連絡先・問い合わせ: afmama2014@gmail.com

史跡の駅 おたカフェ

散策ついでに気軽に立ち寄りたい
「お鷹の道」にあるくつろぎのカフェ

木漏れ日の中のテラス席

 武蔵国分寺跡と周辺の湧水沿いの遊歩道「お鷹の道」、東京とは思えない自然の中に「おたカフェ」はあります。
一見おしゃれなカフェですが、実はおもてなしを大事にした「まちの駅」として史跡地域の情報発信、武蔵国分寺跡資料館のチケット( 100円)販売や無料休憩所(多目的トイレあり)を兼ねています。周辺マップ(無料)や地域の名産品も販売。
カフェおすすめはスパイスの配合から手作りしている、野菜と鶏肉のスープカレー(580円)やインド風キーマカレー(700円)
フェアトレードコーヒー(380円)や、意外なトッピングだけれど相性がいいあずきクリームトースト(350円)もおいしい ぜひお試しあれ。
1階はテラス席があり、犬の散歩がてら立ち寄る人も。2階のソファ席には水や環境に関する書籍を集めた本棚があり、まるで友人宅に遊びに来たよう。
絵本やおもちゃもあり、小さな子どもがいても気がねなくのんびりできそうです。
「まちの駅」のためお弁当の持ち込みやトイレ利用だけでもOKです。
おたカフェでは講師を招いて水をテーマにした講義「水の学校」を開催(月1回)しているので、こちらも要チェックです。
詳しくは下記のおたカフェのHPへ。

野菜と鶏肉のスープカレー

お鷹の道を眺めながらゆったりと

現場マネージャーの本橋さん

現場マネージャーの本橋さん

本橋さんのぶんハピ  国分寺歴 2年

国分寺の自然が良いです

お鷹の道や湧水群周辺が良いですね。東京ではないような、避暑地に来たような気がします。姿見の池は幻想的な感じがして、伝鎌倉街道も気持ちの良い通りです。国分寺跡周辺の自然環境が僕のぶんハピです。

 

子連れのぶんハピポイント

子ども用のお皿、カップ、スプーン、フォークあり。子ども用の椅子1脚、テラスにて遊べるおもちゃ(滑り台、輪投げ、木の車)、絵本もあり。
パパにはハートランドビールとワインもあります。休日の昼下がり、お子さんの昼寝の間にテラス席でビールを一杯楽しんで。

取材:CHEERS

お店情報

史跡の駅 おたカフェ

TEL:042-312-2878

住所:国分寺市西元町1-13-6
営業時間:9:00~17:00
ランチ  11:30~17:00(ラストオーダー 16:30)
定休日:月曜 (祝日の場合は火曜)
アクセス :国分寺駅から徒歩16分、
西国分寺駅から徒歩15分

http://www.ota-cafe.com/

http://otacafe.sblo.jp/

http://twitter.com/#!/ota_cafe

 

 

 

 

大きな地図で見る

●チェックポイント

 おむつがえ  ベビーカーOK  ペット可

○多目的トイレ・男女別トイレ ○2F席予約応相談(8名まで)