洋菓子舗 茂右衛門(ようがしほ もえもん)

大人向けオリジナルスイーツが人気
駅近の隠れ家的なケーキ屋さん

白い暖簾がケーキ屋さんとは思えない外観

 2012年10月に国分寺マンションの地下1階に開店した「洋菓子舗 茂右衛門」さん。
「茂右衛門」は、新潟の親戚の屋号とのこと。店名と入口の暖簾が、和菓子屋さんや和食屋さんを思わせます。実際にお寿司屋さんだと思って入ってきたお客さんがいたそう。

 木の引き戸を開けると店内は、白壁にこげ茶の床。レトロな和ダンスやアンティークな足踏みミシンをテーブルとして使うなど、和のテイストとフランス菓子が調和する不思議な空間です。

 

白ワインのババロアとミルクチョコのムースが入った「カジノ」は、女性に人気のケーキ

「お菓子は、全て手作りです。オリジナルケーキやタルトは、素材の組み合わせから味や食感のバランスを考え、お菓子に合わせた生地づくりを工夫しています。毎日少量ですが、なるべく種類を多く作るようにしています」と店主の志村さん。いつ行っても新しいスイーツに出会えるので毎回訪れるのが楽しみになります。

ショーケースには、旬の素材を使ったケーキやタルトが常時、10種類くらい並びます。白ワインのムースが入ったケーキなど洋酒を利かせたものや、木の実のタルトなど甘さ控えめの大人のスイーツが中心です。ケーキの他にはコーヒーとウイスキーのパウンドケーキやクッキーなどの焼き菓子もあります。

「駅からは近いけれど、ちょっとわかりにくい場所にお店をつくりたかったので今の場所は、イメージ通り。是非、お店を探して、自分のためのスイーツを楽しんでください」とのことでした。

 作り手である店主と直接対話しながらケーキを選んだり、こちらの希望を伝えたりとお客さんとのコミュニケーションを大切にしているお店だと感じました。今回は、お店のことにとどまらず、地域のスイーツ情報などおいしい話が次々と出てくる楽しい取材になりました。次はどんなケーキが並んでいるのか、今から訪れるのが楽しみです。

 

黒いトレイが大人テイストのケーキを引き立てます

アンティークミシンの上は焼き菓子を素敵にディスプレイ

 

志村さんのぶんハピ  国分寺歴 昔8年働いて+現在は開店して2ヶ月

国分寺に昔からあるお店が頑張っていること&フジランチ

店主の志村さん(左)とスタッフの吉冨さん

国分寺には、新しいお店も増えているけれど、昔からあるお店も結構残っていて新旧混ざった良さがありますね。長く続けているお店を見ると、私も頑張ろうと元気をもらえてハッピーになります。

国分寺で一番人気の定食屋さん

「フジランチ」も昔からあるお店、いつも満席でまだ数回しか行けていませんがお料理はボリュームたっぷりで美味しいです。

 

子連れのぶんハピポイント

入口の段差をなくしてあり、店内も広いのでベビーカーで入りやすいです。

ケーキ屋さんですが、生クリームやフレッシュフルーツを使ったケーキはありません。

大人のためのケーキ屋さんです。ケーキの説明を聞きながらゆっくり自分のためのケーキを選ぶのがおすすめです。

 

取材:ぶんハピリポーター

 

お店情報

洋菓子補 茂右衛門(ようがしほ もえもん)

TEL:042-323-8200

住所:国分寺市南町2-18-3 国分寺マンションB04

営業時間 11:00~19:00

定休日:火曜

http://www.facebook.com/moetmon

http://moetmon.exblog.jp/

https://twitter.com/moet_mon

 


大きな地図で見る

●チェックポイント


山水堂(さんすいどう)

昭和31年に創業、国分寺の魅力を
オリジナル商品で発信する文具店

 

鉛筆型の看板が目印

山水堂さんは、昭和31年、国分寺駅南口開発の際に、現在の店主小林治さんのご両親が文具店を開店。当時はお店の裏に国分寺市立第一小学校があったそうです。小学校は昭和41年に現在の東元町に移転。客層が小学生から企業に変わっていきました。現在は、1階が、主に一般文具や学用品。2階は、色画用紙や専門文具、書道関係のものを販売しています。

入口を入ってすぐの棚にある「武蔵国分寺ふるさと一筆箋」は、市のふるさと文化財課 に許可をもらって 2011年に制作したオリジナル文具です。一筆箋は、お鷹の道にある「おたカフェ」や西国分寺駅構内の「nonowa」の地元の商品紹介コーナーでも販売している人気商品です。

国分寺が宇宙開発発祥の地だったことをご存じですか?全国に「国分寺」の地名は、多数ありますが、“はやぶさ”が降りた小惑星「イトカワ」の一部分にも国分寺の名がつけられています。山水堂さんの最初のオリジナル文具は、「国分寺が宇宙開発発祥の地であることをアピールしたい」と、小林さんが実際にJAXA(宇宙航空研究開発機構)に掛け合って作ったペンシルロケット(※1)のしおりでした。市内で金型を作ってくれる工場を探し、とことん国分寺産にこだわったそうです。これらのオリジナル文具には、「国分寺の宝」を生かして、国分寺市をPRしていきたいという小林さんの思いが込められています。

「国分寺の魅力を多くの人に発信していくことが、地元商店のつとめだと思っています。 是非若い人たちも一緒に、 盛り上げてほしい」と熱い思いを語る小林さん。今回の取材を通じ、同じ国分寺市民として、国分寺の未来に向けて、私も少しでも何かお手伝いしていければ思いました。

※1 ペンシルロケットとは、糸川英夫博士が開発した全長23㎝・重さ200gの小さなペンシル型のロケットで、1955年、水平飛行による日本で初めてのロケット発射実験が国分寺市で行われました。

 

 国分寺ゆかりの絵が入った一筆箋(300円)と封筒(150円) ※ともに税込み

今日の宇宙開発に大きく貢献した ペンシルロケットのしおり(税込み400円)

 

小林 さんのぶんハピ  国分寺歴 約56年

店主 小林治さん

武蔵国分寺公園への散歩&「デイリーズカフェ」

武蔵国分寺公園まで、散歩をするのが好きです。散歩の途中で、ちょっと一息つきたいときに、西国分寺の「デイリーズカフェ」によく立ち寄ります。

おたカフェ周辺もいいですね。

 

 

子連れのぶんハピポイント

実物大のペンシルロケットの模型が展示されています

2011年から第7小学校の3年生のお店体験に協力されています。

店内には、体験学習に来た小学生の描いたお店紹介のかわいい絵が飾られていました。

山水堂さんの2階には、ペンシルロケット関連のものを展示したコーナーがあります。是非、2階の展示コーナーものぞいてみてください。

小林さんも奥さまもとても気さくで暖かい方です。地域のことを色々とご存じなので、

立ち寄った際は、気軽に国分寺の魅力など聞いてみて下さい。

 

 

取材:ぶんハピリポーター

 

お店情報

山水堂(さんすいどう)

TEL:042-324-1221

住所:国分寺市南町3-23-3

営業時間:9:30~19:00

定休日:日曜、祝日

アクセス:JR国分寺駅南口より徒歩3分



大きな地図で見る

●チェックポイント


Norbulingka(ノルブリンカ) 移転の為2016年4月閉店

緑に囲まれた“宝の庭”で
ソーイング&カフェを楽しむ

武井さん手作りの明るいアトリエ

「ノルブリンカ」とは、“チベットにある夏の離宮”のこと。チベット語で“宝の庭”という意味。「ノルブリンカ」で作ったものが、いろんな人の宝の庭の一員になれたらという思いが込められています。

元OLだったオーナーの武井ひろこさんは、仕事を辞めて、約1年間、沖縄の久米島で自給自足の暮らしを経験。子供の頃から、つくることが大好きで、特に“縫う”ことが、一番好きだったことから2005年に「ノルブリンカ」を立ち上げました。
古い民家に少しずつ手を入れて、自分の好きな空間を作ってきた武井さんの自宅兼アトリエは、とても明るく、緑がいっぱいの庭が見渡せ、気持ちの良いスペースです。身のまわりの物は、体にやさしいものという武井さんの思いが、リネン、コットン、ウールなどの自然の素材にこだわった洋服作りに繋がっています。本格的に活動を始めたのは、2009年。大人の服を中心に鞄や布雑貨を製作しています。

毎月第1金曜・土曜の2日間、アトリエのある自宅でソーイングカフェをOPEN。ランチやお茶とスイーツを楽しめるほかに、「ノルブリンカ」の洋服や鞄、コースターなどの布雑貨が購入できます。第1金曜と土曜以外の毎週金曜と土曜は、午前と午後の2回、自分の作りたいものを作る洋裁教室※を開いています。※電話かメールで事前に申し込みが必要です。

今後は活動の場を広げるために、アトリエだけでなく各地のイベント等へ出店をしていくとのこと。詳細はHPで確認してください。
「ノルブリンカ」では、本当に時間がゆっくり流れているように感じました。子育てに忙しいママ達に、できれば、お子さんをパパやおばあちゃん、おじいちゃんに預けて、「ノルブリンカ」で自分の時間を過ごしてほしいなと思いました。

 

季節の野菜を使ったランチは武井さんの手作り(1100円)

ゆったりとした「ノルブリンカ」のリネンワンピース

 

オーナーの武井啓江(たけいひろこ)さん

武井さんのぶんハピ  国分寺歴 約25年

縫い物をしているとき&
自分で作り上げた理想の自宅で過ごしているとき

縫い物をしていると、何時間でも平気なんですよ。衣食住できるだけ自然に近い暮らしを心がけています。現在、ほぼ自分の理想に近い暮らしができているのでこの家で過ごすことが、私のぶんハピかもしれません。

 

 

子連れのぶんハピポイント

ソーイングカフェは、小さいお子さん連れの方から、年配の方まで幅広い世代の方がいらっしゃるそうです。

「Do it together」の第1回目は、木製おもちゃのキッチンづくり

毎回、武井さん手作りの野菜を中心とした和食ランチが、人気です。数に限りがあるので、予約をオススメします。飲み物とスイーツ※も楽しむことができます。※スイーツは、月1回のネット販売と自宅でのマルシェが人気で、毎回すぐ売り切れてしまう「くろねこ軒」の貴重なもの。
簡単な手作りキットの販売もありお茶を飲みながら、ちくちくと針を動かして、作品を作ることもできます。

新しい試みとして縫い物以外(自分がプロでない分野)の手作りを楽しむ「Do it together」を木工や草木染めなどで企画中だそうです。

 

 

取材:ぶんハピリポーター

 

お店情報

Norbulingka(ノルブリンカ)

TEL:042-572-9301

住所:国分寺市西町5-20-5

営業時間:

ソーイングカフェ 10:30~16:00 毎月第1金曜、土曜
洋裁教室 10:00~12:00と13:30~15:30
第1金曜と土曜以外の毎週金曜と土曜
※洋裁教室は要予約

アクセス:

JR国立駅北口よりバス
「弁天通り折り返し場」行き10~15分、
「弁天通り北」下車徒歩2分
(バスは約15分おきに出ています。)
JR国立駅北口、立川駅北口よりバス
「けやき台団地」行き
終点「けやき台団地」下車徒歩5分

http://norbulingka.info


大きな地図で見る

●チェックポイント

おむつがえ
※室内のみ禁煙