みんな寄ってけサロン 北町親子ひろば

 

誰かとおしゃべりすることがストレス解消に
地域の世代交流を視野に入れたサロン

北町地域センター入口の看板

北町地域センター2階にある和室で週2回(火、金)開いている「みんなの寄ってけサロン」。ネーミングから他の親子ひろばと少し違う雰囲気です。

ここを運営するのは、市から委託を受けた矢島助産院系列の「(有)母と子のサロン」ファミリーサロン事業部。スタッフは、矢島助産院、出産経験者が中心となっています。北町の親子ひろばには4〜5名のスタッフがシフトを組んで、常に2名のスタッフがいます。

広々とした和室で思い思いに過ごす親子

 

「ここに来てママ達が話すことでストレスを解消してもらえるように心がけています」とスタッフの松本友紀子さん。「スタッフと言うよりも、ちょっと先に子育てを経験している母親というスタンスで参加しています」とスタッフの平林宏子さん。

不定期ではありますが、男性スタッフが参加する日もあるとのこと「男性も育休がとれるようになったので、ひろばでも時々、パパの姿を見かけます。パパ達も気軽にお子さんと遊びに来てほしい」平林さん。

毎月発行される北町親子ひろば通信

※授乳する場所が気になる方は、仕切りのあるところで授乳することも出来ます。

年に1回、秋にある地域センターのお祭りに数年前から参加するようになり、地域センターの職員の方との連携や地域の方との交流も徐々に広がっているそうです。地域センターは、様々な年代の人が利用する施設、地域で子育てしていく場として今後も地域の方との交流を大事にしていきたいとのことでした。

初めてここを訪れた人が気後れしないで、ゆったりと過ごせる居心地の良さは、スタッフがママ達との適度な距離感を大切にしていることで実現しているのだと思いました。初めてのママも気軽に行ってみて下さいね。

 

 

平林さんのぶんハピ 国分寺歴20年以上

向かって左が平林宏子さん、右が松本友紀子さん

お鷹の道、野川など水のある場所

お鷹の道や野川のハケのあたりが好きです。水のあるところは心が洗われる感じがします。

松本さんのぶんハピ 国分寺歴20年

広い公園があるところ&児童館   

子どもが思いっきり遊べる広い公園(窪東公園)には子どもが小さい時によく遊びに行きました。児童館も充実しているので、親子でお世話になりました。

 

子連れのぶんハピポイント

ひろばは2階にありますがエレベーターを利用してベビーカーのまま行くことが出来ます。体重計があるので自由にお子さんの体重が計れます。

夏は1階の施設前にプールを出すので水遊びが出来ます。

毎月第3金曜「助産師のふれあいサロン」の日

日頃の心配なことを気軽に助産師さんに相談出来ると好評です。(助産師さんがいない日でも心配なことは1人で悩まず、気兼ねなくスタッフにも話して下さいねとのことでした。)

毎月第4金曜「お誕生日の会」の日

その月にお誕生日を迎えた子どもたちをみんなでお祝いします。

 

取材:CHEERS

 

施設情報

みんなの寄ってけサロン

 

TEL:042-326-2414(母と子のサロン)

住所:国分寺市北町3-2-13

北町地域センター2階(和室)

開催時間:毎週火曜・金曜 10:00〜12:00

お休み:火曜と金曜が祝日の場合と年末年始


大きな地図で見る
●チェックポイント
   *多目的トイレ有りおむつがえ


 


屋外親子ひろば ブンブンひろば

こどもは外遊びが大好き
屋外で過ごす楽しさを伝える親子ひろば

どろんこ遊びに熱中、汚れても気にしない(北町公園)

「ブンブンひろば」は、全国でも数少ない屋外型の親子ひろばです。近所の公園で親子が遊んでいる姿をほとんど見なくなったことから「子どもたちは暑くても寒くても外が大好き。身近な公園で外遊びの楽しさを親子に伝えたい!」とNPO法人冒険遊び場の会が2000年10月から独自に活動をスタート。
2008年からは国分寺市の子育て支援事業として委託され、市内3カ所の公園で実施しています。各ひろばには遊びを伝えるプレイリーダーがいます。さらに、毎回カウンセラーか助産師のどちらかが公園に来てくれるのでママたちは子どもを外で遊ばせながら気軽に相談が出来ます。
「外遊びの良さは、家の中では出来ない水遊びやどろんこ遊びが思いっきり出来るところ。親子ともに精神衛生上とってもいいし、みんなで遊ぶとより楽しい。午前中は家事の手を抜いて、是非近所の公園に行ってみて下さい」とカウンセラーとして参加しているスタッフの葉原たか子さん。
開催時間内は出入り自由。お弁当を持参するのもオススメ。公園でお昼ご飯を食べて帰ればそのままぐっすりお昼寝してくれそうです。パパやおばあちゃん、おじいちゃん連れも大歓迎だそう。季節を感じながら親子一緒に近所の公園で外遊びを楽しんでみて下さい。

おもちゃは用意してあるので手ぶらで♪(日吉町こばと公園)

フラフープを使ってみんなで電車ごっこ(本多わかば公園)

子連れのぶんハピポイント

ござスペースもあります(北町公園)

ござを敷いたスペースには絵本やおもちゃがあり、お絵かきも出来ます。「あんよが出来なくても大丈夫。ママの息抜きにどうぞ」。とのことでした。いつでもできるのは砂遊びや電車ごっこ。季節に応じて、たこあげやシャボン玉遊びなどができる日もあります。夏はビニールプールが登場します。
北町公園にはトイレが公園内にあります。本多わかば公園は本多公民館、日吉こばと公園は近くにある権利擁護センターのトイレを利用できます。
思いっきり遊ぶためにも着替えは絶対に必要です。ママも汚れても良い格好で。

取材:CHEERS

 

 

 

 

 

開催情報

ブンブンひろば

北町公園
住所:北町5−24−6
開催日時:火曜10:00〜12:00

本多わかば公園
住所:本多5−20−9
開催日時:火曜10:00〜12:00

日吉町こばと公園
住所:日吉町2−8−14
開催日時:金曜10:00〜12:00

※いずれも祝日と8月はお休み
雨天の場合は中止

問い合わせ BOUKENたまご 042−326−9770


大きな地図で見る

大きな地図で見る

大きな地図で見る

子育ちひろば BOUKENたまご 

南口に引っ越しました!友人宅に行く気軽さで立ち寄れる
商店街の親子ひろば

赤い旗が見えたら BOUKENたまごに到着

国分寺駅北口から徒歩3分、商店街の一角に無料で利用できる親子ひろば「BOUKENたまご」があります。ここは、NPO法人「冒険遊び場の会」が国分寺市に委託され、協働事業として運営しています。ひろばで対応してくれるのは常時2名いる子育てサポーター。冒険遊び場の会のスタッフで、会独自の研修を年に3回受けており、子育てで心配なこと不安に思ったことなどを気軽に相談出来ます。

ひろばは12畳くらいの広さで、まるで友達の家に遊びに行ったような雰囲気。赤ちゃんがお昼寝している間に季節の紅茶や飲み物(コーヒーやお茶)と日替わりの手作りケーキが楽しめるカフェスペースもあります。初めてここを訪れた人でも誰かが声をかけるので、決してひとりぼっちにはならないのが狭いがゆえの利点だとか。お昼ご飯の持ち込みもOK(子どもの飲み物は持ち込み可。大人の飲み物はひろばで購入とのこと)で、電子レンジでお弁当や離乳食を温められます。
また、近くの定食屋(キッチンきたはら)さんにお願いして実現した作りたてのお弁当はお茶とセットにして販売しています。(お弁当の注文は火、水、金の11時半までに。電話で予約も出来ます。1日限定5個。600円)。

「赤ちゃんと一対一での密室育児は煮詰まりがち。子育てを自分の家だけで完結しないで、まわりに一声かけたり、この場を利用してほしい」とカウンセラーで子育てサポーターの葉原たか子さん。買い物帰りに授乳したり、おむつを替えに立ち寄るママが多いといいます。2011年の4月からは、パパも気軽に来てもらえればと、毎月第3土曜日には「たまたまご」と称してひろばを開いているそうです。
このひろばは2004年に開設されたとのこと。私の子育て中にこんな便利な場所がなかったのは残念ですが、外出の際に是非、利用してほしいおすすめの施設です。

スタッフが選んだ絵本やおもちゃ類、 畳スペースもあります

持ち込んだお昼ご飯はカフェスペースで

 

葉原さんのぶんハピ 国分寺歴 25年


国分寺の街のいろいろな顔を楽しむこと
国分寺は駅前周辺の商店街の面白さ、また、すこし離れただけできれいな自然が身近に感じられ、その日の気分でいろいろな街の顔を楽しめる面白さがあります。そんなところからHAPPYをもらえます。

 

子連れのぶんハピポイント

毎週水曜は、カウンセラーの日。この日は終日、葉原さんがひろばでカウンセラーとして常駐しているので育児以外の心配事なども相談ができます。別の日に個別相談(有料)の予約も可能です。

毎月第3火曜13時~16時は、助産師の日。助産師さんに体のことや母乳のことなど相談が出来ます。
毎月第1、2木曜の午前中は、「赤ちゃんと一緒講座(毎月)」を開催。国分寺市と企画している講座で、赤ちゃん(生後1歳6ヶ月まで)を同室保育で預かってもらいプリザーブドフラワーやケーキづくりの講座を受講できます。
申し込み、詳細は毎月1日号の市報、イベントカレンダーで確認してください。

このほか、BOUKENたまごが独自に企画する講座、「たんまサロン(お子さんの月齢制限なく参加可能)」も開催しています。講座内容はひろば内で掲示され、こちらもイベントカレンダーに掲載しています。
また、ひろば内では、冒険遊び場の会の自主事業として手作り作家の作品を販売したり(アクセサリーなど)、ひろばの利用者による会への寄付として持ち込まれる子ども服をリサイクル品として安価で販売しています。
ひろばの隣にコインパーキングがあります。

取材:ぶんハピリポーター

 

 

 

 

施設情報

子育ちひろば BOUKENたまご(南口に引っ越しました)

TEL/FAX:042-312-0414

住所:国分寺市南町3-9-25 都営住宅1F

開館日時:

月・木曜 12:30~16:00
火・水・金曜 10:00~16:00
第3土曜   13:00~16:00

アクセス:JR・西武線国分寺駅南口から徒歩3分

http://blog.goo.ne.jp/asobi-tamago/

冒険遊び場の会

http://members3.jcom.home.ne.jp/boukenasobibanokai/


大きな地図で見る
●チェックポイント
おむつがえ
※ひろばでオムツを捨てられます

国分寺市スポーツセンター親子ひろば

部屋の入り口には目印の手作りの看板

利用者が運営に参加

父親の育児を応援する親子ひろば

スポーツセンター2階の和室にある親子ひろばは、2007年7月に市民グループ「コアラッコ」と国分寺市が共同運営でオープン。市内のほとんどの親子ひろばが午前中で終了する中、午後3時まで開いているため、子連れにはありがたい場所です。代表でありスタッフでもある山越邦夫さんの「お父さんが子育て参加を表現するチャンスの場として、土曜日にOPENすることで、お父さんが来やすい場所にしていきたい」という思いもあり、2011年3月から毎月第4土曜日にも運営しています。

「ここは、基本的にサロンなので、お母さんたちにゆっくりくつろいでもらい、来ている人同士でいろんな話をしながら、ストレスを発散したり、気の合う友達を見つける場所にしてもらえればと思っています」と山越さん。利用者のママに聞いてみると、「近所から来る常連さんが多く、顔見知りになりやすい。スタッフさんも毎回、ほぼ同じ人なので、とても話しやすい」とのことでした。

また、利用者の声から毎月のお誕生日会が始まったり、林野庁補助事業「木育寺子屋」※へ応募するきっかけになったそうで、そこからもアットホームさを感じました。お誕生日会を堤案したママは、今ではお誕生日会の運営を担当(2名)しているとのこと。利用者がひろばを利用するだけでなくどんどん運営に参加できるのは、スタッフ(市の臨時職員登録をしているコアラッコのメンバー2名とボランティア1名)とママたちとの関係の良さがあるからこそでしょう。スタッフ手作りのおもちゃや授乳用カーテンなどからも利用者への心遣いが感じられ、和やかな雰囲気がとても良かったです。

※「木育寺子屋」…国産材の利用推進のため「乳幼児が木の製品に触れる機会を子育てひろばなどで増やし、木材に対する親しみや木の文化への理解を深められるように」と始められた活動。応募の結果、コアラッコが採択されて木のおもちゃの補助を受け、土曜のみ、木のおもちゃをひろばで使用できるようになりました。

24畳の和室は親子でにぎやか

お誕生日会で記念撮影用の手作りパネル

コアラッコ代表の山越邦夫さん

山越さんのぶんハピ 国分寺歴 15年

活動を通じて人と知り合いつながれること

毎週水曜(11時~12時半)にスポーツセンターに来るパン屋さんやひろばに来る人と顔見知りになり、挨拶できる間柄になることが、ハッピーです。この活動が、ぼくの居場所づくりにもなっているような気がします。そして、このひろばに来ている人同士もつながっていくと、もっとハッピーです。

子連れのぶんハピポイント

第1水曜に手遊びとパネルシアター、第3水曜日にわらべうた。(ともに11:00~)。
毎月最終水曜にお誕生日会を行い、手がた・足がたカードを作ります。
(奇数月のお誕生会は11:00~、偶数月のお誕生会は14:00~、
時間が月によって違うのは、幼稚園児のいるママも参加できるようにとの配慮から)

第4土曜は、木のおもちゃで遊べたり、ママに連れられて一緒にくるパパの参加や、
パパが会社に出勤でパパと出かけられない母子、平日働くママが来たりします。

年に1回、市内の各親子ひろばがイベントを企画する「親子ひろばフェス・ウィーク」が
開催され、2011年で3回目。開催期間中は、午後にスポーツセンター2階の会議室で
ファミリーヨガや工作教室などを企画、開催しています。
「コアラッコ」のメンバー手作りのおもちゃは、布や紙などで作られている温かみのある物ばかりで、自宅で作るおもちゃとしても参考になります。

 

取材:ぶんハピリポーター

施設情報

国分寺スポーツセンター親子ひろば

TEL:042-322-1140 (本多児童館)
042-406-0839 (コアラッコ)

住所: 小平市上水本町6-22-1
スポーツセンター2F 和室
対象 0歳から就学まえのお子さんと保護者
(プレママ・プレパパも歓迎します)

活動日:毎週月(第3月曜を除く)と水曜 、第4土曜
(開いている日がわかる年間カレンダーをひろばで配布)

活動時間:10:00~15:00

お休み:スポーツセンターの休館日と年末年始、祝日

アクセス:
 JR国分寺駅北口からの場合
西武バス「武蔵野美術大学行き」に乗車し
「けやき公園前」で下車、徒歩1分。

 西武国分寺線恋ヶ窪駅から徒歩12分


大きな地図で見る
●チェックポイント
駐車場有 おむつがえ

市内の親子ひろばの紹介

親子ひろばの利用について 

子育て情報(国分寺市立子ども家庭支援センターにて)

「親子ひろば」(以下、ひろば)は、子育てに関する行政の情報、サービス・保育園情報・市内のイベント・市内で活動しているサークルなどの子育て情報が入手できる場所です。市内・外の乳幼児と保護者が利用でき、スタッフに子育てのちょっとした心配事を相談することも出来ます。国分寺市で利用出来るひろばは、子ども家庭支援センターの親子スペースを入れて屋内は12箇所、屋外では3箇所あります。いずれも無料で利用できます。場所によっては、絵本の読み聞かせや手遊びなどを行っているところも。0歳から2歳くらいまでの年齢の子を持つ親はママ友やパパ友を作ることができ、出産前のプレママやプレパパは出産前に先輩たちから子育て情報を得られる貴重な場です。まだ利用したことがない方は是非、一度お近くのひろばを覗いてみてください。

施設情報

国分寺市内の親子ひろばをご紹介します。
以下の親子ひろばは全て無料で利用出来ます。
各親子ひろばの活動詳細は、毎月発行される市報の1日号や市のHP内子育てカレンダーでご確認下さい。

湯…ミルク用のお湯提供  飲…飲み物のみ可  飲食…飲食持ち込み可

体…体重測定できます  外…外遊びができます  プール…夏場にプール遊びができます

P…駐車場あり

 国分寺市立子ども家庭支援センター 親子スペース

住所:光町3-13-20  TEL:042-572-8138

火~土曜 9:30~17:00  第2・4木曜 13:00まで

休み 月曜

湯・飲食可 P11台  18歳まで

 

駅前子育てサロン「BOUKENたまご

住所:本町2-3-3メゾン北斗1F  TEL: 042-326-9770

月・木曜 12:30~16:00

火・水・金曜 10:00~16:00

第3土曜 13:00~16:00

休み 土・日・祝日(夏期、年末年始お休み)

湯・飲食・プ−ル(夏)・体  2歳くらいまで

 

 東恋ヶ窪親子ひろば(三小内)

住所:東恋ヶ窪2-13 東恋ヶ窪学童保育所内  TEL:042-323-3822

木曜 10:00~12:00

休み  4月・夏・冬・春休み・学校早帰り

湯・飲

 

 日吉町親子ひろば(五小内)

住所:日吉町1-30-1 日吉町学童保育所内  TEL: 042-324-8100

水・木・金曜  10:00~12:00

4月・夏・冬・春休み・学校早帰り・・・休み

湯・飲

 

西恋ヶ窪親子ひろば 「BOUKENとっとこ」

住所:西恋ヶ窪3-32-6  室内プール内  TEL:042-326-9770(NPO法人冒険遊び場の会)

第2・4・5月・火・木曜  10:00~15:00

P (室内プール駐車場を利用)

 

 スポーツセンター親子ひろば

住所:小平市上水本町6-22-1  TEL: 042-322-1140(本多児童館)

第1・2・4・5月曜・水・第4土曜(月により第3土曜)  TEL: 10:00~15:00

飲食(ロビーで)・P(スポーツセンター利用)・外    修学前まで

 

本多親子ひろば

住所:本多1-7-1(本多児童館内)   TEL: 042-322-1140

第3月・水・金曜  10:00~15:00

飲食・プ・湯

 

 西町親子ひろば(八小内)

住所:西町5-18-5(西町学童保育所内)  TEL: 042-575-6662

火・水・金曜  10:00~12:00

休み  4月・夏・冬・春休み

湯・飲食・外・体

 

泉町親子ひろば

住所:泉町2-7  都営泉町アパート集会室(泉町学童保育所) TEL: 042-322-8849

水・木・金曜  10:00~12:00

湯・飲(廊下で)

 

 北町親子ひろば「みんなよってけサロン」

住所:北町3-2-13 北町地域センター内  TEL: 042-326-2414

火・金曜 10:00~12:00

休み 夏休み

プ−ル・P・体

 

 戸倉親子ひろば(十小内)

住所:戸倉3-5(戸倉学童保育所内)  TEL:042-324-9700

火・木・金曜  10:00~12:00

休み 4月・夏・冬・春休み

湯・飲

 

 障害児や気になる子どものための親子ひろば「ひだまり」

2013年3月末にて活動を終了しました
住所:泉町3-37-3ルリーボーン101  (いずみ児童館斜め向かい) TEL: 042-300-3663

水・金曜(リトミック・手遊び) TEL; 11:00~14:00

湯・飲食・P1台(要問い合わせ)

 

 出前型屋外親子ひろば「ブンブンひろば」

身近な公園にプレイリーダー、カウンセラー、助産師が来て、さまざまな遊びを伝え、親子が楽しく遊べる手伝いをしてくれます。子どもたちだけでなく、お母さんたちも友達をつくるきっかけになります。

 

*北町公園               本多わかば公園              こばと公園

 

北町5-24-6              本多5-20-9                 日吉町2-8-14

 

火10:00~12:00         火10:00~12:00          金10:00~12:00

 

飲食・プール・外・P(障害者用)  飲食・プール・外      飲食・外

お休み 雨天・8月・・

連絡先042-326-9770 BOUKENたまご