東元町文庫

本に親しみながら 地域で季節の行事を楽しむ場 

鳥居をくぐって右奥が東元町一丁目自治会公会堂

東元町文庫は、平安神社の境内にある東元町一丁目自治会公会堂で活動しています。入口正面の洋室に絵本を中心とした子どもの本があり、本の貸し出し、返却を行っています。隣にある16畳の和室では、読み聞かせや工作を行います。

東元町文庫は、松田節子さん※が、PTAの読書活動のメンバーと一緒に1973年に始めた活動です。
「活動の目的は、本に親しむこと。毎回、本の読み聞かせをしています。読み聞かせの後は、工作をします。毎月、「ひがしもとまちぶんこ」というおたよりを発行しています。そして、東元町文庫の特徴的な活動は季節の行事です」と代表の高島恵美さん。
毎年行っている季節の行事を教えていただきました。

※松田さんは、ぶんハピねっと「ひと」のページ、第2回でインタビューしています。活動開始までの詳細はインタビュー記事を参照して下さい。

代表の高島恵美さん

 

東元町文庫の季節の行事

4月 よもぎ団子づくり
(入園・入学・進級のお祝い)春休み中に、子どもたちと一緒に摘んだ「よもぎ」を使って。

5月 こいくぐり
(こいのぼりの鯉の中をくぐって遊ぶ)

7月 たなばた会
(ステージを使って劇などを上演する)

8月 夕涼みぶんこ
(8月最終水曜日に、みんなでカレーを作って、スタッフ手作りのお化け屋敷を楽しむ)

10月 ハロウィン
(子どもたちのファッションショーとパーティー)

11月 焼きいも
(20年くらい前まではさつまいもの栽培からおこなっていた)

12月 クリスマス会(ステージを使って劇などを上演する)

1月 干支折り紙とお正月遊び

2月 文庫こどもまつり
(子供たちが手作りのお店を出し、文庫通貨を使って売り買いして遊ぶ)

3月 春のお茶会(お茶の作法を学び、高学年の子がお抹茶をたてる)

 

地域に根ざした活動としては、国分寺市の『放課後こどもプラン』で国分寺市立第一小学校の放課後、学期に2回(年6回)語り、本の読み聞かせと工作を行ったり、もとまち図書館と一緒に、国分寺市立第一小学校へ読み聞かせの出前授業も行っているそうです。

現在、8名のスタッフで運営。スタッフは、子どもと一緒に文庫に来ていたお母さんたちがほとんどです。 文庫活動をずっと長く継続することがスタッフの皆さんの目標。

「工作や季節行事を毎年繰り返し行っていくと、子どもたちは自分でどんどん工夫するようになります。子どもの自由な発想で、行事を作り上げていく様子も見られます。結果として創造力や自主性も身に付き、子どもたちが劇などを上演したり、発表するチャンスがあり自信をつけていける場、成長して行ける場にもなっています。」とスタッフの皆さん。

文庫の魅力は、「気軽に来られて、子どもたちが年齢に関係なく関われるところ。思わぬ才能を発揮できるところ。点数をつけられることのない世界。友達ができるし、親でも先生でもない話のできるおばちゃん(スタッフ)がたくさんいるところ。お母さんたちのつながりもできるところ。」とスタッフの皆さんが話してくださいました。

 

読み聞かせが始まると静かに聞き入るこどもたち

読み聞かせが始まるまで、子どもたちは部屋の中を楽しそうに走り回っていました。

子どもたちが走りまわって、エネルギーを発散したころを見計い「読み聞かせを始めます」とスタッフが声をかけると、子どもたちは本を読むスタッフのそばに集まり、おとなしく座って絵本の世界に入り込んでいました。

 

折り紙で作ったかえる

取材した日は、絵本を2冊読んだ後に、折り紙のかえるを作り、作ったかえるを使って ジャンプ競争をして楽しみました。
優勝者にはスタッフ手作りのメダルが授与されました。

ちょうど学校帰りに文庫に来た中学生がいたので、話を聞いてみました。「部活の無い時に時々、おばちゃんたちに会いに立ち寄ります。将来保育士になりたいので、小さい子に会うのも楽しい。」とのこと。小学校4年生から6年生までよく文庫に来ていたそうです。

スタッフが子どもたちに丁寧に折り方を教えていました

文庫の活動では、お茶会でお抹茶をたてたことがうれしかったと話してくれました。

東元町文庫の活動は、読み聞かせまでの自由に走り回る「動」の時間、絵本に集中する「静」の時間、工作をして作品で遊ぶ「動」の時間で組み立てられています。色々な面で子どもたちが飽きないように工夫され、毎回、スタッフの方が入念に準備されていてました。

中学生の話からも、子どもたちにとって親や先生以外の大人に出会える貴重な場所だと思いました。

 

左から松田節子さん、神田佐和子さん、代表の高島恵美さん、青木万里さん

髙島さんのぶんハピ 国分寺歴 35年

自然が身近に感じられること

野川。鴨、鯉、カメなどがいて、自然を身近に感じられます。

青木さんのぶんハピ 国分寺歴 8年

自然が多く利便性もあること

自然が多いこと。その一方で駅付近にはお店が多く便利なところ。

神田さんのぶんハピ 国分寺歴 37年

昔と変わらない場所が残っているところ

近所で何年も前から変わらずにあるところ。生まれも育ちも国分寺なので、子どものころから変わらずにあるところを見つけると、国分寺の良さを思い出します。

 

子連れのぶんハピポイント

・親子で読み聞かせや季節の行事を楽しむことができます。

・親子で楽しめる簡単な工作を覚えることができます。

・年齢の違う子どもたちとの交流ができます。

 

取材:ぶんハピリポーター

 

 

施設情報

東元町文庫

電話番号:042-324-9811

住所:国分寺市東元町1-29-20

      東元町一丁目自治会公会堂(平安神社内)

活動時間:水曜  14:30~16:00(読み聞かせは15:00~)

 *休日と重なったらお休み。

 *学校がお休みの期間(夏休み等)は原則お休み。特例あり。


大きな地図で見る
●チェックポイント
おむつがえ* 玄関に数段、段差有


 


絵本の読み語りの大切さを伝える「なかよし文庫」

 

お庭の花が美しい「なかよし文庫」の入口

お庭の花を眺めながら文庫の入口の引き戸を開けると、吹き抜けの広いお部屋に絵本がいっぱい並んだ本棚が目に入ってきます。お部屋の上部には、大きな木の下で絵本の読み聞かせをする子どもと、それを楽しんでいる動物たちの絵が飾られ、その絵が「なかよし文庫」の雰囲気を伝えてくれています。

「なかよし文庫」を主宰している山崎翠(やまざき みどり)さんは、長年、国内の色々な講演会や著書で、子育てに絵本が大切であることを伝えていらっしゃる方です。

「文庫をはじめた当初は、地域に異年齢の子ども達が一緒に遊べる場所が必要で、そこに本があると良いと思っていました。今では、すべての子どもが“生きていることはすばらしい”と感じられる社会、人々が“喜びを持って生きている”社会にしたいと、“いのち・平和”にこだわって文庫を続けています。」とおっしゃる主宰の山崎さん。

文庫内に飾られた、子どもと一緒にお話を楽しむ動物たちの絵

文庫活動の3本柱は、

①子どもたちに良質な本の貸出

②絵本の読み語り

本の文字を読んで聞かせるだけでなく、読み手の思いを語りかけるという点で、『聞かせ』ではなく『語り』にこだわっています。

③お母さんたちの交流と、異年齢の子どもたちの交流、だそうです。

 

「乳幼児期に、親や家族が『あなたが生まれてきてくれて嬉しい』という気持ちをしっかり伝えることが大切です。絵本を読むことで、気持ちを伝えることができます。絵本を読む時は言葉が優しくなり、それが子どもには心地良いのです。」とのこと。

また、日本中のお母さんに「言葉を大切にする家庭は、人を大切にしていること。」を知ってほしいともおっしゃっていました。

育てに絵本の大切さを伝える山崎さんの著書

午後2時、赤ちゃんをだっこしたお母さんが次々に文庫を訪れ、赤ちゃん達はカーペットの上でゴロンとなり、お母さんたちの会話がはじまります。山崎さんに赤ちゃんの月齢にあった本の選び方、読み方を教えてもらっている方もいました。

2時30分、小学生が学校から直接来ます。3時まで2階の部屋で宿題をするそうです。

3時に読み語りが始まりました。取材した日の最後には、小学生がみんなの前で新聞の4コマ漫画を声色たっぷりに楽しく読んでくれました。聴いている子どもたちは、それぞれの心地よい体勢で座り、お話に引き込まれていました。

読み語り終了後に、幼稚園児や小学生が前に借りた本を返し、別の本を借りて行きました。

山崎さんが読む本に興味津々の赤ちゃん

読み語りに参加させていただいて、童心に帰って絵本の世界を楽しむことができました。また、優しい語りかけで、心の中が温かいもので満たされました。言葉の持つ力を知ったので、これからは、誰に対してもきちんとした綺麗な日本語を使うようにしたいと思いました。

 

 

取材:ぶんハピリポーター

 

 

 

 

山崎さんのぶんハピ 国分寺歴30年以上

山崎翠さん

豊かな自然環境と社会教育が充実していること

国分寺は農業のある都市です。雑木林や野川がある自然環境に魅せられて、約50年前に今の「なかよし文庫」のある土地を購入しました。また、国分寺は公民館活動があり、社会教育が盛んに行われているのが良いですね。現在の学校教育は「覚えること」が多いので、社会に出てから仲間と共に「考えること」を学ぶ場として、公民館活動が大切だと思います。

 

 

子連れのぶんハピポイント

子どもの月齢や年齢にあった本の選び方、読み方を教えてもらえます。

子育ての情報交換、先輩ママのアドバイスも得られます。

 

*文庫を利用する方へ*

お世話係の大人が交代でけがの無いように見守っていますが、「なかよし文庫」として保険には入っていません。今までに大きな事故は無いそうですが、「なかよし文庫」内でのケガも家との往復のケガも保護者の責任となります。
お子さんに、十分な注意喚起をお願いします。

 

施設情報

なかよし文庫

TEL:042-322-1961

住所:西元町2−15−5

国分寺市立第四小学校や白鳥幼稚園の近く

開催日時:2012年10月までは毎週水曜14:00〜15:00(0歳〜2歳)
15:00~16:30(夏は17:00まで、3歳以上)
※2012年11月より第1・第3水曜のみに変更

*夏休み・冬休み・春休み期間はお休み

 

利用方法:入会申込書に住所・氏名等の必要事項を記入し「なかよしカード」

(借りた本を記入するカード)を発行してもらえば、誰でも無料で利用できます。

1回に2冊借りられます。次回「なかよし文庫」に来た時に返却。


大きな地図で見る
●チェックポイント
おむつがえ駐車場有*ベビーカーは建物の外に置く


 


市内にある家庭文庫の紹介

 

家庭文庫とは

なかよし文庫、読み語りの様子

家庭文庫とは 、個人宅の一室を図書館のように地域の親子や子どもたちに開放して、個人が所有する本の閲覧や貸出ができる場所です。文庫によっては開催時間内に、手遊び、わらべうた、読み聞かせ、紙芝居、工作、季節の行事なども行っています。

国分寺市内には魅力的な4つの家庭文庫があります。
本の貸し出しだけでなく、子育て中のお母さんたちが情報交換したり、交流できるゆったりした場所です。

市内にある家庭文庫の様子を、順に紹介していきます。

 

施設情報

 

なかよし文庫

TEL:042-322-1961

住所:西元町2−15−5

開催日時:水曜14:00〜15:00(0〜2歳くらい) 15:00〜16:30(3歳以上)

*夏期は17:00まで

*第5水曜日と学校のお休みの時は休み

 

東元町文庫

TEL:042-304-8977

住所:東元町1−25東元町1丁目自治会公会堂(平安神社内)

開催日時:水曜14:30〜16:00

*学校が休みの時はお休み

*12歳くらいまで

*8月最後の水曜日/夕涼み文庫あり

 

はらっぱ文庫

住所:泉町1−9−13

Tel:042-326-1253

開催日時:金曜14:30〜17:00

*学校が休みの時はお休み

*大人まで

ともだち文庫

TEL:042-321-2102

住所:東恋ケ窪3−17−1

開催日時:水曜14:00〜17:00

*学校が休みの時はお休み

*小学校低学年くらいまで