施設 勉強カフェ

目標達成にスタッフが後押し
大人のための勉強スペース

国分寺駅南口の階段を下りて右手に進むと、ビルの入り口に「勉強カフェ」の看板が見えてきます。エレベーターを6階で降りると仄かに良い香りが漂い、パリッとした暖簾が。ほどよく光が入ったカフェ内には、小さな音量で音楽が流れています。壁紙やソファはグリーンで統一され、オーナーがこだわった重厚感のある家具と奥に並ぶ本が部屋全体に落ち着きを与えています。新聞を読む人、ヘッドホンをつけて机に向かう人、スタッフの方とお話しする人。みなさんリラックスして過ごす様子は、シェアハウスのリビングといった雰囲気です。

落ち着いた色調が大人な雰囲気のラウンジ

「大人のための勉強場所」として2016年に国分寺にオープンして以来、学生から主婦、フリーランス、サラリーマンまでと幅広く利用されている「勉強カフェ」。定期利用の方が着々と増えているのだとか。「ビジターとしてスポット利用も可能ですが、目標達成には月会費を納めて継続的に来ることをオススメします」と話すのは、勉強カフェ国分寺スタジオ マネージャーの小熊裕美子さん。会員同士で顔見知りができ、“ここで勉強をする”というリズムもできてくるため、ほとんどの方が月会員として利用しているそうです。

一人になって集中できる、ワークスペース

入口すぐの「ラウンジ」や、会議室やセミナールームとしても使える「イベントルーム」では、勉強はもちろん、他の利用者と話をしたり、食事をとったりして過ごすことができます。誰にも邪魔されず、もっと集中したいときには、奥にある「ワークスペース」のブース席を利用しても。こちらでは食事はできませんがコーヒーや紅茶などのフリードリンクは他の部屋と同様に利用可能。全席フリーアドレス(自由席)、店内では電源、Wi-Fiが使用可能です。

マネージャーの小熊さんは、実は元々は「勉強カフェ」の利用者。「勉強カフェ」の魅力と可能性に惹かれ、スタッフとして働きながらキャリアコンサルタントの資格も取得したという努力家です。「勉強カフェ」の良さを知り、場所の提供だけではない価値を創り出そうという前向きな気持ちが、ここに来る人の「がんばろう」という気持ちを後押しし、会員との温かな繋がりを結んでいることが伝わってきました。

 

利用するには

珈琲や紅茶、お茶が無料で提供され、飲み放題

1.会員登録が必要

カウンターで会員カード(1080円)を作成し、会員の種類を希望に合わせて選び、申し込みます。※ビジター使用の場合は、会員登録は必要なく、席が空いていれば利用できます。

また、どんなところか事前に知りたい方や体験したい方などは、まずは無料見学会に参加してカフェ内の使い方のレクチャーを受け、利用体験をしてみるのがおススメです。(見学は予約不要。無料見学会は、店舗ごとの開催日をHPでご確認ください。2時間無料体験は、希望の日時を申込フォームから登録。)見学会当日に会員登録すると会員カード作成料が無料になってお得です。※お子さん連れでの見学は、勉強カフェという場所のためNGです。

 

バラエティに富んだ書籍は貸し出しも     (会員のみ)

2.利用時間

平日:9時から23時まで

土:9時から22時まで

日・祝日:9時から20時まで

 

3.利用料金

プランによって様々なバリエーションがあります。

例)

【レギュラー会員】 月会費:11.750円(税込み)

平日:17時から23時まで

土:9時から22時まで/日祝 9時から20時まで

【デイタイム会員】8,618円(税込)

平日:9時から18時まで

【ビジター料金】1時間500円(税込)、1日2,500円(税込)

※時間や料金は、HPやパンフレットで詳細をご確認ください。

 

誰におすすめ?

資格試験や専門知識の習得など、目標のために勉強をしたい人におすすめです。

とはいえ、「今は子どもが小さいから、もう少ししたら何か始めたい」と思っていても「勉強」という言葉にはすぐにピンとこないという方も多いでしょう。そんな方も、読みたかった本を集中して読んでみたり、一人になって自分のことをじっくり考える時間を持ったりすることで、次のステップに繋がる何かを発見できるかもしれません。これから何をしようかを考える人にもオススメです。マネージャーの小熊さんは、キャリアコンサルタントなので相談してみることも可能です。

 

なぜここを利用するといいの?

stamp sheet 。小さな積み重ねが力に    (希望者のみ)

‣目標に向かって集中できる→ 一人だと気が滅入ったり、怠けてしまったり、他のことに目が行ったり……。しかし、「勉強カフェ」に来れば、よい刺激を受けながら仕事や勉強に集中することができます。同じ目標に向かって学ぶ人、また全く違うジャンルの人、いろいろな人が集まるこの場所には、様々な仕掛けがあります。
「せっかく料金を払ってきていただくので、ただ空間を提供するだけではなく、是非目標を達成してもらいたいな、と思っています」と、小熊さん。

会員は、和室を1日30分無料で使えます

‣様々な人と交流できる→学生から会社員、研究者や音楽家まで実に多様な方々が利用するこのカフェ。ラウンジで息抜きに会話をしたり、スタッフの方が同じ勉強をしている人を紹介(希望者のみ)してくれるなど、コミュニケーションの後押しもあります。勉強に直結しなくとも、いろいろな人と交流することが大きな刺激になることは間違いありません。
‣グループの集まりや、趣味の場所としても利用できる→セミナールームで話し合いや研修を行ったり、和室でお稽古をしたり、といった使い方も可能。「和室はマンツーマンレッスンで使われる方もいますし、勉強の合間の休憩にも。リラックスできるので好評です」(小熊さん)

 

利用を考えている方へ

各席には小さな「ことば」が。「日々置く場所をシャッフルしているので、その日その日で出会うことばを楽しみにしてもらえたら」との心配り

「やりたいこと、学びたいことが決まっている方には、是非一度訪れてみていただきたいと思います。まだ明確には浮かばないという方は、お子さんが保育園や幼稚園、小学校に言っている時間や土日などに一度、体験にいらしてください。この空間で一人机に座っていると、やりたいことがあれやこれやと頭に浮かんでくるかもしれません。
コーヒーを飲みながらぼんやりするというのも、頭と心をリフレッシュの役に立つのではないでしょうか。 子育てに忙しいお母さんにも、自分の勉強や考え事をする空間としてご利用いただけると嬉しいです」(小熊さん)

 

もっと知りたい方へ

HPでは、利用方法の他に単発・定期で行われるイベントや交流会などの情報もチェックすることができます。
https://www.benkyo-cafe.net/studio/kokubunji/

 

小熊さんのぶんハピごはん  国分寺歴1年9ヶ月

国分寺センターマネージャー    小熊裕美子さん

でみCafeのドーナッツ
店主のでみさんにはオープン当初から大変おせわになっており、地域活動をご一緒させて頂いております。でみさんのドーナツはもちもちしていて本当に美味しいですし、お店ででみさんとお話しするだけでHAPPYな気持ちになります!

 

 

取材を終えて

近隣のお店のフライヤーコーナーにぶんハピねっと作成の「ようちえんナビブック」で紹介した勉強カフェのページを展示してくださっていました

実は、「勉強カフェ」と聞いたときには「家で勉強するのと何が違うのかな」と思っていました。が、暖簾をくぐった途端、想像とは全く違う空間に驚きました。音楽が流れ、人の気配があり、遠からず近からずのスタッフとの距離感。これは勉強もはかどるな、と思いました。マネージャーの小熊さんやスタッフの皆さんのきめ細やかな対応や、会員のみならず地域とのつながりも大切にする姿勢に、今後の広がりが見えるようでした。

 

 

取材:ぶんハピリポーター


コメントは受け付けていません。

記事一覧

  • 子育ても仕事も自分らしく生きられる社会に 「人生は自分で選ぶ」をサポート 出産や育児、介護などのライフイベントをきっかけに女性は「家庭か仕事か」悩みがち。でも、二者択一の人生ではなく選択肢が溢れる未来、そして女性が選びた […]

    堀江由香里さん(NPO法人ArrowArrow代表理事)
  • 自分の「やりたい!」が叶えられる場所 国分寺駅南口から徒歩5分に位置するマンション「プラウド国分寺」の1階にある「カフェといろいろびより」は、2016年11月にコミュニティカフェとしてオープン。カフェの隣には南町ひだまり […]

    施設 カフェといろいろびより&びよりbis(ビス)
  • 家族みんなで居心地よい家をつくる NPO法人 tadaima! 三木智有さん 女性目線で語られることの多い家事・育児。NPO法人 tadaima!は男性目線で家庭のあり方を考え、活動をしています。家事や育児を家族で「シェ […]

    スキル  家事シェア NPO法人tadaima! 三木智有さん
  • 段取り上手で心の余裕を生み出す 『発酵家族』青木光左代さん 子育てや家事に忙しい毎日のご飯作り。今日は外食で楽がしたいな、誰か作ってくれないかな、と思うこともきっと多くの方にはあるはず。「発酵家族」として活躍する光左代( […]

    スキル 時短料理『発酵家族』青木光左代さん
  • 地元のカフェスタッフ、スクール講師の顔をもち 多摩を中心に町と関わり活動するライター 「はたらく」ページでご紹介するお一人目は、ぶんハピねっとを立ち上げる際に多くのアドバイスをいただいたフリーライター・エディターの石川理 […]

    石川理麻さん(フリーライター・エディター)