古本 雲波

元図書館員のご夫婦の蔵書がスタート
親子で本との出会いが楽しめる場所

 

純文学、映画、サブカル、思想系……。多彩で深い品ぞろえに惹かれ、以前から何度も足を運んでいた、雲波。実は子どもの本も壁いっぱいにあり、親子で行っても楽しめるお店なのです。
子どもが立ち読みを止めないので焦っていたら、「いいのよ」と椅子を持ってきてくださり、古本屋さんに勝手に抱いていた敷居がとても低くなりました。

店主の佐藤勝彦さん、奥様の石川七重さんにお話を伺いました。

 

~お店のオープンはいつですか?

2014年9月5日です。

青が目に鮮やかな看板

~お店の名前の由来?

由来の元となったものは、3つあります。

①中国の詩の一節、「雨過天晴雲破処」(青磁の色を、雨が降った後の雲の隙間に見える空の色にたとえたもの)から。店名なので「破」は「波」にしました。

②ロアルド・ダールの「チョコレート工場の秘密」に出てくる、“ウンパ・ルンパ”の響きから。

窓辺にはウォンカチョコレートのトラックが

 

 

 

③寺田寅彦の随筆にある「雲のようにまた波のように」という一節から。

※寺田寅彦随筆集 第一巻(岩波文庫)

 

~お店を始めたきっかけは?

2人とも図書館員をしていたものですから、本を読んだり、買ったりするのが趣味で、どんどん増えっていって。定年退職後、実家をリフォームし、たまり過ぎた蔵書を並べるところから始まって今の形になっていきました。(佐藤さん)

絵本と児童書も、棚にびっしり

「現在ではお客様からの買い取り商品も店に並びますが、わりときれいな本が多いと思いますよ。自分が1-2度読んだだけですから(笑)」

「基本的には自分が好きな作家や分野が多いですが、お客さんの動きを見ながら出したり引っ込めたりと、中身を変えています。いろいろな本があるので、自分の好みから一歩踏み出して本と出会ってほしいと思います」(佐藤さん)

「児童図書を専門としていたので、子どもの本が自ずと増えました。子どもが自分のお小遣いでも買えるように、と思って値段を安くしたら、大人買いされちゃったことも(笑) 図書館的表現でいうと、いわゆる909(日本十進分類法の「児童文学研究」)の辺りをぜひ読んでもらいたいと思って置いています。なかなか動きませんが」(石川さん)

「いい本には言葉の重みがあるから、古くてもごみにするのではなく、少しでも多くの人に手に取ってもらいたいと思っています。子どもには『どんな本が好き?』と聞きながら、一緒に探すこともできますよ」(石川さん)

 

〜おすすめの本は?

森忠明「君はサヨナラ族か」(佐藤さん)

『いるいるおばけがすんでいる』は『かいじゅうたちのいるところ』の旧訳版で稀少本です

M.センダック「いるいるおばけがすんでいる

(※「かいじゅうたちのいるところ」として知られる、センダックの作品“Where The Wild Things Are” 。現在の冨山房の前に、ウエザヒル出版から出ていたバージョンです。) 「ざんぶりこっこがいっしゅうかん ざんぶりこっこがいちねんかん」といった七五調のリズムが楽しく、読み聞かせでは子どもたちも喜びます。(石川さん)

ご夫婦の本に対する愛情を隅々に感じることができました。セレクトも、稀少であることや専門的であることを誇るのではなく、「多くの人に良い本をお勧めしたい」という想いが一貫していて、図書館員だったからこその視点だと思いました。

ネット販売などはやっておらず、HPやブログなども開いていないので、お店に来て直接手に取ってもらう形で今後もやっていく、とのこと。

石川さんは、児童図書館研究会の会員でもあります

書棚の一部に車輪がついていて、「これは、棚を移動してスペースを作り、イベントなどもできるということ?」と前からチェックしていたリポーター。これについて尋ねると、「はじめはそんなことも考えたんだけど、本を全部出さないと重くて動かなくて」と笑う佐藤さん。当面イベントなどの予定はないということです。石川さんの児童文学のお話しや、佐藤さんの文学愛好話なども聞く機会があったらいいなあ、と勝手に夢想してしまいました。

 

 

佐藤さんのぶんハピ  国分寺歴  63年

空の広がりとさくらの季節の国分寺尼寺跡

湧水から北に山を登っていって、都立公園に出たときの空の広がりが良い。また、

桜の季節の国分寺尼寺跡あたりもいいですよ。

 

※この取材の後、佐藤さんが急逝され、お店はしばらくお休みされていました。今年に入り、開店日などを変更する形で再開されましたので、石川さんのご了承を得てこちらのインタビューを掲載させていただくことにいたしました。

 

取材:ぶんハピリポーター

 

 

 

お店情報

古本 雲波

TEL:042-321-2258

住所:東京都国分寺市本多1-1-17

(国分寺駅北口から徒歩7分 国分寺街道「国分寺七小入口」信号脇)

営業時間:12:30〜19:00

定休日:毎週 火・水・木曜日(祝日の場合は開店)

夏休み/冬休み(店頭に貼りだされます)

 


コメントは受け付けていません。

記事一覧

  • こだわりランチが日替わりで楽しめ 有機コーヒーと手作りスイーツも魅力 国分寺駅南口から徒歩5分。「カフェといろいろ びより」は、プラウド国分寺の1階にあります。 2016年11月18日にオープンしました。この日が、ちょう […]

    カフェといろいろ びより
  • 美味しいお茶作りに土からこだわり オリジナルブランド国分寺茶を製造・販売 府中街道に沿いにある日本茶専門店の松本園。お店の横の道を入っていくと製茶工場があり、さらにその先にはお茶畑が続いています。都心に近い茶畑ということ […]

    松本園製茶工場
  • 店主手作りのこだわり芋けんぴと おにぎりとお総菜を小上がりで 国分寺駅から国分寺街道を下り、ちょうど一里塚あたりにある訪問介護ことりとねじまき雲の間に佇む加藤けんぴ店。 「生活の中にある身近なもの」を楽しんでもらいたい、 […]

    加藤けんぴ店
  • 行くたびに発見がある 様々なジャンルの本に出会える古書店   店主の北村誠さんにお話をうかがいました。   ~お店のオープンはいつですか? 2016年の2月3日です。   ~お店の名前の由来 […]

    七七舎(しちしちしゃ)
  • 音楽・アート・福祉が自然に融合し 誰もが自分らしく過ごせる地域の居場所 「すうぷ屋 でみCafé」は、小平市の鷹の台駅近くにあった「すうぷ屋Hygge(ヒュッゲ)」のお店を期間限定で任せられていた嶋岡秀美さんが、2015 […]

    すうぷ屋 でみ Café
  • 初心者への細やかな気配りがうれしい 丘の上のかわいい小鳥屋さん 国分寺駅南口から4,5分歩き、国分寺街道沿いにある階段を上がるとすぐに、緑の屋根と白い壁の小さなお家が見えてきます。近づくと、かわいらしい鳥の声。ここが、2 […]

    ピッコリアニマーリ
  • 絵本や児童書が充実 子ども連れでも入りやすい古書店 店主の小林良壽さんのお話しをうかがいました。   〜お店のオープンはいつですか? 2013年5月に国分寺街道沿いに3坪ほどの小さなスペースでオープンしました。 […]

    古書まどそら堂
  • 店頭で毎朝焼く種類豊富なベーグル 川越発のパン屋さん、イートインもOK 川越に本店があるVanitoy Bagelの国分寺店が、国分寺駅から歩いて約8分、国分寺街道沿いの早稲田実業向かいに2015年秋オープンしました。 […]

    Vanitoy Bagel 国分寺店
  • 前田夫妻の暮らしから生まれ 丁寧に作られた木の家具と小物のお店 閑静な住宅街にあるkitote直売所。作家の前田充さんとお店番の前田由美さん夫婦で営む直売所は、木のぬくもりに包まれた空間で、初めてでもどこか懐かしいような […]

    ki-to-te 直売所
  • 妊娠中のママや子育てママの助っ人 マタニティ時と産後の整体を受けられるサロン 整体サロンslowは代表の浜田尚加さんがご夫婦で2011年12月に開店しました。国分寺駅南口から徒歩1分の便利さで、殿ヶ谷公園のすぐお隣という […]

    整体サロン slow
  • 地場野菜や果物を循環させる工房 食だけでなくモノや人も巡るカフェ お鷹の道にある史跡の駅おたカフェの運営に関わる高浜さんが、ジャムやピクルスの工房兼カフェとして2015年3月末、国分寺の北口に「めぐるみlabo& […]

    めぐるみlabo&cafe
  • 好きなヴィンテージカップを選んで 店主とのおしゃべりが楽しめる珈琲店 今でも住宅の間に畑が点在し、昔のたたずまいを残す東恋ヶ窪。「けやき公園」や「孫の湯」にも近い住宅街の一角に、2015年1月「焙煎珈琲 いずみや」がオー […]

    焙煎珈琲 いずみや
  • 子連れでも大人の時間を過ごせる 野菜中心メニューが魅力のお家カフェ 西国分寺駅の南口、泉町多喜窪公園近くの静かな住宅街にある、まめカフェ。控えめに置かれた看板が、かえって目を引きます。 まめカフェの前身は、2004年に国 […]

    まめカフェ
  • こだわり生地のパンが40種類以上 焼きたてパンとコーヒーが楽しめるスペースも 本多公民館から北に向かっておよそ徒歩5分。閑静な住宅街に、温かなたたずまいのお店があります。大きな窓からは、店内に並べられたいろいろな種類のパ […]

    木もれび
  • 西国分寺のバール的カフェ バリスタの本格コーヒーを味わいたい Lacuna(ラクナ)は、バリスタの小笠原光子さんが2013年5月、西国分寺駅から南に徒歩5分の住宅街にオープンしました。 ※「バール」とは、イタリアでは朝か […]

    Lacuna(ラクナ)
  • 自家製天然酵母と国産小麦の焼きたてパンを 家族みんなで楽しみたい 国立駅北口にあるベーカリーハース。HPもブログもないお店は、開店して1年もたたないのに口コミで開店前からお客さんが並び、早いときはお昼過ぎには売り切れてし […]

    ベーカリーハース
  • 「くらし」に「デザイン」を繋げる 新しいコミュニティ文具店 国立駅から歩いて約20分、住宅地にさりげなくたたずむ文具店。お店に入るとそのシンプルさゆえに、ここから新しい何かが始まりそうな予感がする不思議な空間です。 つく […]

    つくし文具店
  • 地域の子どもと大人の元気の源に 厳選した素材の自家製天然酵母パン   国分寺街道沿い、カフェスローの隣に待望オープンしたお店「こどもパン」。 店主の矢島美希さんにお話を伺ってきました。   ――お店の […]

    こどもパン
  • 紅茶やハーブティーメニューが充実 アンティークソファで自分時間を過ごしたい よりたくさんのお客さんに楽しんでもらえるカフェにしたいと、2012年6月に北口カフェは生まれました。 「雨のち晴れのち曇りのちいつでもここに」を […]

    北口カフェ
  • 国分寺をバラいっぱいの街に 自然栽培にこだわるバラ苗専門店 国分寺二小に隣接するバラ苗専門店「ひかりフラワー」は、広い畑が庭園のようになっていて、自由に見られます。5月のシーズン中はライトブルーのフェンスにバラが映えて、 […]

    ひかりフラワー
  • 大型バイク、ハーレーダビットソンが目印 住宅地の中のアメリカンなカフェ 2012年11月にオープンしたGarage Cafe JJは、店名からわかるように元ガレージをカフェにしたお店です。営業中は赤いサイドカー付きのハー […]

    Garage Cafe JJ
  • 国分寺発のオリジナルスイーツ しっとりとケーキのような焼きドーナツ 国分寺駅北口から東へ徒歩5分、早稲田実業に抜ける大学通りにある焼きドーナツ専門店。店名は店主の梅津玲雄奈(れおな)さんの名前とイタリア語でライオンを意味 […]

    LEONE DOUGHNUTS(レオーネ・ドーナツ)
  • 本場ドイツで修行した店主が作る こだわりの手作りハムとソーセージのお店 高木町の住宅地の一角に、知る人ぞ知る手づくりハムとソーセージのお店があります。 1975年に精肉店として開業し、1991年からは現在の「アレマンニャ […]

    アレマンニャ(ALEMĂNIA)*西国分寺駅北口へ移転
  • 素材にこだわって作るパンは 優しいママンの味 国分寺駅北口から徒歩2分のところに、ママンの味を25年守り続けているパン屋さんがあります。店内には、デニッシュパン・調理パン・目の詰まったズッシリめのドイツ風パンなどその日の […]

    ラ・ママン
  • 地元に根づいて30年以上 お総菜パンが豊富なパン屋さん 西武多摩湖線の線路沿い、国分寺第三小学校前の踏切から北へ少し歩いた左側にボンジュールはあります。 店主の中村さんご夫婦にお話を伺いました。   ――お店の […]

    ボンジュール
  • 自分だけのオリジナルスーツをリーズナブルに 国分寺の隠れ家的テーラー 国分寺駅南口から徒歩約5分。イギリスの街角にあってもおかしくない、落ち着きのある店構えは、昔から国分寺にあったような佇まい。吉田スーツの前を1度でも通 […]

    吉田スーツ
  • 住宅地にある小さな天然酵母のパン屋さん   連雀通り沿いにあるゲミュートリッヒは、お食事パンをメインにパンと焼き菓子を販売する小さなお店です。 店主の伊藤幸代(いとう さちよ)さんにお話を伺いました。 &nbs […]

    Gemütlich(ゲミュートリッヒ)
  • 思い思いの使い方が楽しめる 地元に愛されるハンバーガーショップ   国分寺駅南口、殿ヶ谷戸庭園の隣りにひときわ目を引くポップな赤いハンバーガーの看板。ディス•イズ•ザ•バーガー国分寺店は、2006年6月にオープ […]

    THIS IS THE BURGER(ディス•イズ•ザ•バーガー)国分寺店
  • 大人向けオリジナルスイーツが人気 駅近の隠れ家的なケーキ屋さん  2012年10月に国分寺マンションの地下1階に開店した「洋菓子舗 茂右衛門」さん。 「茂右衛門」は、新潟の親戚の屋号とのこと。店名と入口の暖簾が、和菓子屋 […]

    洋菓子舗 茂右衛門(ようがしほ もえもん)
  • 昭和31年に創業、国分寺の魅力を オリジナル商品で発信する文具店   山水堂さんは、昭和31年、国分寺駅南口開発の際に、現在の店主小林治さんのご両親が文具店を開店。当時はお店の裏に国分寺市立第一小学校があったそ […]

    山水堂(さんすいどう)