プレイセンター ピカソ

ニュージーランド生まれのプレイセンター
子育てを共に学び、親子で成長する遊び場

活動中は入り口にピカソの看板がかかっています

活動中は入り口にピカソの看板がかかっています

プレイセンター ピカソは、ニュージーランドで生まれたプレイセンターの活動を日本で初めて実践したグループです。活動拠点は、五日市街道沿いにある国分寺野中神明宮の共益公会堂内です。

ここで毎週2回(月曜と金曜)活動しています。また、毎月第1土曜は、近くの並木公民館にて学習会も行っています。

 

 

ピカソの立ち上げメンバーであり、今もこの活動を支えている、スーパーバイザーの足立隆子さんと海田みどりさんにお話を伺いました。

国分寺野中神明宮の鳥居をくぐって右手の建物が活動場所

国分寺野中神明宮の鳥居をくぐって右手の建物が活動場所

プレイセンターを知ったきっかけをお聞きすると「新聞でニュージーランドのプレイセンターに関する記事で初めて知りました」と足立さん。ちょうど足立さんが、母親へサービスを提供し、母親はサービスを受けるお客さんという状況になっている子育て支援のあり方に疑問を感じていた時期だったこともあり、子育て中の母親が主体的に運営に関わり、活動するというプレイセンターに興味を持ったそうです。

記事で紹介されていたスーパーバイザーの養成講座に、海田さんと一緒に参加。その後、足立さんの地元である小平市内でお試しの活動を行い、現在の活動拠点である国分寺市で2002年9月から正式にスタートしました。

*プレイセンターとは
ニュージーランド生まれの乳幼児と親のための遊び場です。活動の柱は

①子どもの自由な「遊び」

②親による自主運営

③親たちの学習会、の3つ。

プレイセンターには子育ての先輩(スーパーバイザー)がいて必要なサポートをします。困ったことがあってもみんなで話し合い、解決の糸口を考えます。

「今の日本は、学校で何でも教えてもらうのが当たり前の社会になっていますが、子育てだけは学校で教えてもらえません。そのため、子育てが苦になっているお母さんがたくさんいます。ピカソは子どもを育てる団体ですが、お母さんが親としてどうすべきかを学ぶ場でもあります。その結果として家族が一緒に成長することができます」と足立さん。

取材時は、みんなでお昼ご飯を食べる日だったようで、子どもたちもカレーに入れる野菜の型抜きをお手伝い

取材時は、みんなでお昼ご飯を食べる日だったようで、子どもたちもカレーに入れる野菜の型抜きをお手伝い

ニュージーランドではプレイセンターは、親の生涯教育+子どもの遊び場として位置づけられた活動です。ピカソではプレイセンターの理念に基づいて国分寺の地域にあわせた内容で活動しています。

普段の活動は、40畳もある広い和室にお絵かきコーナー、絵本コーナー、木のおもちゃコーナーなどを参加した母親達が設置、子どもは自分の好きなところへ行って、自由に遊びます。時には、母たちが自分の得意なことで先生となり講習会を行うこともあるそうです。教えてもらう側は学ぶ楽しさが、教える側は社会で役にたったという満足感を得ることができるよい機会になっているそう。

また、神明宮近くにある市民農園を借りて、野菜の栽培を行っているとのこと。作業は主に大人が担当するそうですが、子どもたちにとって、野菜の生長を観察したり、収穫を手伝うなど貴重な体験の場になっています。そして収穫したものをみんなで食べられるのは何よりの贅沢です。市民農園を通じて地域の人との交流にも繋がっているそうです。

子どもたちは40畳の和室でのびのび遊ぶ 手前はテントの引っ張りあい 奥ではお絵かき

子どもたちは40畳の和室でのびのび遊ぶ
手前はテントの引っ張りあい 奥ではお絵かき

今後の目標をお二人にたずねたところ「ピカソは10年以上活動が続いているので、母たちも自分がどのように動くべきか心得ていて、だんだんとプレイセンターのあるべき姿に安定してきました。ここを卒業してスーパーバイザーになった母親が私達以外に3名になりました。そろそろスーパーバイザーの世代交代をしていきたい」と足立さん。

海田さんは、「現在、日本に13箇所あるプレイセンターの数をもっと増やして、集団で子育てする環境を作っていきたい」とのことでした。

「ピカソに興味をもってくださった方には、まず、子育てを一人で頑張りすぎずに子どもと楽しくすごすことをここで体験してもらい、遊ぶことの底力に気付いてほしいですね。気軽に遊びに来てください」とのことでした。体験は、6回まで無料だそうです。

取材は、子どもたちが自由に遊んでいる部屋の中で行いました。
子どもが一人で上手くできないことがあると、近くにいる親以外の大人がさりげなくお手伝いする場面も。週2回の活動で顔を合わせているためお互いをよく知っていて、まるで大家族のようでした。あるママが、「ここにいると子どもを怒らなくてすむんです」と言っていたのが印象的でした。

 

足立さんのぶんハピ 国分寺歴 13年

子どもたちの絵を背に足立隆子(右)海田みどりさん(左)

子どもたちの絵を背に足立隆子(右)       海田みどりさん(左)

国分寺の近代的なところとのどかなところ

国分寺市内には、国分寺駅付近の近代的なところと、神明神社付近ののどかなところの両方あるのがいいですね。

 

海田さんのぶんハピ 国分寺歴 13年

国分寺の地元愛

国分寺市は市民活動に理解があってありがたいです。市民の方々が地元愛を持っているのもいいですね。

 

取材:ぶんハピリポーター

 

 

基本情報

プレイセンター ピカソ

活動場所:国分寺野中神明宮 共益公会堂

住所:国分寺市北町1-13-1

TEL:080-3080-1981(海田)

活動日時:月・金 10:00~12:00 第4金曜は午後まで遊ぶ日

水曜は小平中央公園で遊ぶ日、第1土曜は学びあい(並木公民館)

会費:入会金3000円(教材費含む)

月会費1500円/一家族(会場費・暖房費・駐車場代含む)

※6回まで無料で体験ができます

*赤ちゃん連れ特別料金(月会費無し)

生後6ヶ月まで 1回200円

生後7ヶ月~1歳まで 1回200円+月500円

ベビーチケット(200円×10枚つづり)を購入して参加したときに受付に渡す

ホームページ:http://www.geocities.jp/pica_beans/

●チェックポイント
 おむつがえ 
*駐輪スペース有、洋式トイレあり。駐車場あり(1台200円、ピカソ会費から支払い)

コメントは受け付けていません。

記事一覧

  • 親子が離れて過ごす2時間 子どもと自分を見つめ直す貴重な教室 並木公民館の井上さんにお話を伺いました。   Q1.講座の特色 育児や自分、家族、将来の事などを立ち止まって考える時間を持つこと、地域で子育てを互い […]

    並木公民館 「幼い子のいる親のための教室」
  • ママたちの「ほしい、やりたい」を形にし 地域で支え合う仲間との出会いを生む教室 光公民館の米光雪美さんにお話しを伺いました。   Q1.講座の特色 「昨年のテーマは、『地域で育つ親と子の暮らし』。地域で子育てを […]

    光公民館 「幼い子のいる親のための教室」
  • 自分らしさを大切にしながら 子どもと一緒に育ちを楽しむ温かな時間 もとまち公民館の南波素子さんにお話しを伺いました。   Q1.講座の特色 「もとまち公民館では、今期は早稲田大学の竹内麻子さんを講師に招き、『子 […]

    もとまち公民館 「幼い子のいる親のための教室」
  • 「じぶん」を見つめ 生き方・家族・子育てを前向きに考える場 恋ケ窪公民館の保育室担当の萩野可奈子さんにお話しを伺いました。   Q1.恋ケ窪公民館での講座の特色   「今年度は、全回を通して『母でもな […]

    恋ケ窪公民館 「幼い子のいる親のための教室」
  • 育児サークル はとぽっぽを取材して来ました。 ほとぽっぽは、しんまち児童館を主な活動場所としている育児サークルです。現在は、主に幼稚園入園前の子どもとママ達が中心となって週2回(火・木)活動しています。サークルメンバーは […]

    育児サークル はとぽっぽ
  • 講座内容は参加者のオーダーメイド 語りつくせる仲間ができる教室   本多公民館の子育て支援事業担当の木場さん、櫻井さんに「幼い子のいる親のための教室」について、お話しを伺いました。   Q1.本多公民 […]

    本多公民館 「幼い子のいる親のための教室」(子育て支援事業)
  • 「幼い子のいる親のための教室」とは?   国分寺市内の公民館で行われている、子育て支援事業。幼い子を育てる人たちが子育てで感じている疑問や悩み、家族のこと、自分の生き方などを地域の仲間と話し合う目的で、各公民館にて年1回 […]

    公民館の子育て支援事業「幼い子のいる親のための教室」紹介
  • 子育てサークル バンビーニ バンビーニを取材してきました。 バンビーニが活動している場所は、トミンハイム住宅の一角にある集会所。取材した日もたくさんの親子連れで賑わっていました。 4月に引越ししてきた親子からお話を聞くと […]

    子育てサークル バンビーニ
  • BOUKENたまごが北口から南口へ移転しました BOUKENたまごが2015年11月に国分寺駅南口から徒歩約1分の都営住宅1階に移転しました。以前の場所から3倍くらい広くなりました。ねんねの赤ちゃんと動き回るお子さんが遊 […]

    BOUKENたまご移転
  • 食を通して大人も子どもも一緒に作る 地域とつながるみんなの場所 ぶんハピネットのブログでは何度か開催のお知らせをしているイベント、まちのおやこテーブル。 「まちのおやこテーブル」(http://machinooyako. […]

    まちのおやこテーブル
  • 「ハンティントン」を取材してきました 小雨が降る中、ハンティントンの活動がスタート。取材した日のメニューは炊き込みご飯とスープ、どちらも炊飯器で作るとのこと!毎回、メンバーで炊き出しをしながら自然と料理の知恵を共有できる […]

    自主保育グループ ハンティントン
  • 「ぐるんぱ」を取材してきました 自主保育グループ「ぐるんぱ」の活動を取材するために国分寺市プレイステーション(以下プレステ)へ行ってきました。この日は、炊飯器(プレステで借りられます)でトマトリゾットを作ることに。皆が持 […]

    自主保育グループ ぐるんぱ
  •   自主保育グループとは   未就園児を持つ親が親子で週に数回集まり、一緒に遊んだりおしゃべりするグループ活動。遊ぶといっても内容はグループやその日の参加メンバーによっても様々です。おもに公園や国分寺 […]

    市内にある自主保育グループの紹介
  • 1時間でも預けられる保育サービス 訪問保育と託児室の両方で利用可 『とんとん♪あそぼ』は、NCMA.Japan認定チャイルドマインダー(※)の速水朋子さんが国分寺近辺の子どもを対象に2015年4月からスタートした家庭的な […]

    とんとん ♪ あそぼ *託児室は3月で終了。訪問保育、イベントでの保育を受付け
  • ひとつのテーブルを囲みお茶で一息 子育ての不安もみんなで共有出来る場所 親子の遊び場『おやこのひだまり』を主催する「NPO法人ワーカーズ風ぐるま」は、赤ちゃんからお年寄りまで、いつも安心して暮らせるまちづくりを目指し、た […]

    おやこのひだまり
  • 季節の音や手遊びをプラスして 親子で一緒に楽しいわらべうたの時間 坂野知恵さんとわらべうたの出会いは、一番上のお子さんが3歳、二人目のお子さんが1歳だった1989年、近所の人に教えてもらって親子でわらべうたの会『たんぽぽ […]

    知恵さんのわらべうた
  • 同じメンバーが揃う良さを実感 国分寺の老舗的会員制親子ひろば 恋ヶ窪公民館の向かいにあるペールグリーンの素敵なお家。週に3回OPENする「親子スペース麦」の看板を気になりながら結局素通りしていた私、もしかするとそんな方が […]

    親子スペース麦
  • 東恋ヶ窪親子ひろば 国分寺第三小学校内にあるひろばへは連雀通りに面した校門から入ります。校舎を右からぐるりと回って校庭に出て直進するとひろばのある学童保育所の建物が、プールの右隣に見えてきます。 スタッフは16名。ひろば […]

    東恋ヶ親子ひろば
  • 日吉町親子ひろば ぬくもりのある木のおもちゃを多く揃えています。スタッフによる手遊びうたで親子で楽しくスキンシップがとれます。初めての方でもスタッフや先輩ママが気軽に声をかけてくれるので安心。とてもアットホームな雰囲気で […]

    日吉町親子ひろば
  • 戸倉親子ひろば 初めてでもスタッフの方が話しかけてくださったり、子どもの歌のBGMが聞こえたりして馴染みやすい雰囲気です。入り口近くのカーペットには木の電車やお手玉などおもちゃがたくさん用意されています。奥の畳の上にはす […]

    戸倉親子ひろば
  • 西町親子ひろば 緑の多い静かな住宅街にある八小の校門の少し右側に小さな入口があります。「にしまちおやこひろば」と書かれた赤い看板が目印です。 3人のスタッフが、優しい笑顔で迎えてくれます。曜日によっては、お兄さんのスタッ […]

    西町親子ひろば
  • 泉町親子ひろば 大きな窓から光が差し込む明るく広い気持ちの良い場所です。駅から徒歩約3、4分と便利。 近くのマンションに住む親子や、子どもの健診帰りにちょっと寄っていく親子も。広いスペースも多いときには50組以上の親子で […]

    泉町親子ひろば
  • 本多親子ひろば 本多児童館の2階にある二部屋が親子ひろばのスペースになっています。常時2名いるスタッフが迎えてくれます。多いときは50組以上の親子が来ることも。 児童館で開催していることもあり、親子ひろばが終わった後も児 […]

    本多親子ひろば
  • 自宅の一室を地域に開き 親子におはなしの魅力を伝える空間 武蔵国分寺公園近くの静かな住宅街。毎週金曜日の午後、赤ちゃん連れのお母さんたちや近所の小学生が集まる場所があります。そこは、長年、小学校や児童館で多くの子どもたち […]

    はらっぱ文庫
  • 開放的な広い和室 ちょっとした心配事を相談できる場所 「西恋ケ窪親子ひろば」はNPO法人冒険遊び場の会が市から委託され2013年4月から市民プール内の和室にて運営しています。「BOUKENとっとこ」は、同会が北口駅前の商 […]

    西恋ヶ窪親子ひろば「BOUKENとっとこ」
  • 子どもの遊びを通して親子で育ち学び合い みんなで協力して運営する会員制サロン 住宅街の一角で遊ぶ子どもたちとそれを見守る母親たちの姿。近づいてみると、和やかな雰囲気の中、笑顔で応じる人たちの輪は、プレイセンター小さな森の […]

    プレイセンター小さな森
  • 経験豊富な講師の指導のもと 広いスペースで親子一緒に健康づくり 毎週木曜、ひかりプラザで行われている親子体操クラブ「チックタック」に、1歳3ヶ月の娘と一緒に参加しました。 指導するのは健康運動指導士で、NPO法人 「健康 […]

    親子体操クラブ「チックタック」
  • 魅力的なプログラムとスタッフが ママのリフレッシュと笑顔をサポート ファミリーサロンのある一軒家のドアを開けると、スタッフの方が笑顔で迎えてくれます。ゆったりと明るいメインルームには、子どもが自由に遊べるようにおもちゃや […]

    ファミリーサロン
  • ハンデのあるお子さんの一時預かり 地域に開いた交流の場として運営 クローバーは、2011年の夏からNPO法人グリーンハートが、国分寺市から委託されて運営する障がいのあるお子さんの一時預かり事業です。「ハンデのある子どもと […]

    クローバー
  • 国分寺市が運営する近隣の市では数少ない 子どもの発達支援施設   国分寺市立第十小学校の近く、福祉センターの西向かいに「こどもの発達センター つくしんぼ」があります。この施設は、在宅心身障害児を持つ親の会「つく […]

    こどもの発達センター つくしんぼ