まちのおやこテーブル

食を通して大人も子どもも一緒に作る
地域とつながるみんなの場所

週末の公園開催では子どもが好きな本をみんなに読む企画も みんな絵本に集中しています!

週末の公園開催では子どもが好きな本をみんなに読む企画も みんな絵本に集中しています!

ぶんハピネットのブログでは何度か開催のお知らせをしているイベント、まちのおやこテーブル。

「まちのおやこテーブル」(http://machinooyako.com/)代表で”呼びかけ人”のヨーコさんが他の“呼びかけ人”の皆さんと企画し、平日の夜に一緒にごはんを食べたり、週末に子どもと料理を作ったり、公園でピクニックをしたり……。

食を介したイベントは、回を重ねるたびに試行錯誤しながら場所や形のバリエーションを増やしてきました。

子どものいる人も いない人も みーんな「まちのおや」
この辺りに住む子どもたちは みーんな「まちのこども」

がコンセプト。子育て中の親子と、まちに暮らす人がつながるための場づくりをされています。

開催時のスケジュール、適度な時間で無理なく、というのが平日の夜にはありがたいですね。

開催時のスケジュール、適度な時間で無理なく、というのが平日の夜にはありがたいですね。

「まちのおやこテーブル」は、ヨーコさんの育休中の切実な想いからスタートしました。第一子を手探りで子育てをしながら都心での仕事も続け、必死に毎日をこなしてきたヨーコさん。二人目の妊娠が分かり、一人でもめいっぱいの毎日がどうなってしまうのかと不安になったといいます。とはいえ、人にアウトソースまでして子育てするのは違う。そう感じたヨーコさんは、仕事と子育て両方にポジティブに取り組むためにはどうしたらよいか、自分には何が必要かを考えました。

その結果、子どものいるこれからの生活の中で自分が求めるのは、「人との繋がり」だ、と実感。人と繋がることができ、自分らしくいられる時間と場所を探したものの、思い浮かべたようなものは見つからず、ならばつくってみよう!と思ったのが、そもそもの始まりだったといいます。

平日の夜は、子どもの相手をしながら夕食を用意し、食べ終えると片付け、お風呂……と、慌しく、ときには殺伐としてしまうこともあった、というヨーコさん。それならば平日の夜こそ、人と会って、話をしながらくつろいで食事ができるという形がいいのでは、と自然に「食」を中心に据えた形が見えてきたそうです。

ご飯を作る回の深津さんと子どもたち それぞれ出来ることで楽しく参加

ご飯を作る回の深津さんと子どもたち
それぞれ出来ることで楽しく参加

まちのおやこテーブルでは、参加者は「お客さま」ではなく、共に場をつくる仲間として位置づけられます。子どもたちも、お客さまではなく「まちのこども」として、場作りに参加し、できることをどんどんやる、というのがこの場の大事なポリシーです。

国際モンテッソーリ協会※の公認教師でもあり、「まちのおやこテーブル」の“呼びかけ人”でもある深津高子さんは、「子どもはできない、のではなく、段階によってできることが違う。その子どもの年齢、発達段階に沿って、できることをやってもらうことはできます」といいます。

子どもたちにとっては、お店のお皿を運ぶというのも貴重な体験。真剣です

子どもたちにとっては、お店のお皿を運ぶというのも貴重な体験。真剣です

実は取材の日の夜も、まちのおやこテーブル開催日。「お手伝いお願いしまーす!」の声に「はーい!」と元気な声が上がり、お皿の縁をお腹につけ、両手でしっかり持った子どもたちが配膳をしていました。

「いつも思うのは、モンテッソーリで言う『子どもの発達段階』を知っていればお母さんはもっと楽なのに、ということ」と深津さん。例えば、“この時期にはこれが気になり、乱されると怒る(秩序の敏感期)”、など、子どもの育ちには普遍的な法則があるといいます。そうしたことをあらかじめ知っていれば、もっと余裕をもって子育てができるとのこと。

「これは子育て中の母親だけの話しではなく、“まちのおや”みんなが知っておくべきことだと思います。大人がみな子どもの法則を知っていれば、温かく見守ることができますよね」

食後は子どもはキッズスペースで楽しみ、大人はおしゃべりで交流タイム

食後は子どもはキッズスペースで楽しみ、大人はおしゃべりで交流タイム

キッズスペースでは、参加する子どもの年齢に合わせて深津さんが用意した絵本や粘土、おもちゃが並べられています。初めはおずおずと集まってきた子どもたちも、あっという間にその場にひきつけられ、粘土や絵本に積極的に手を伸ばしていました。

以前のまちのおやこテーブルで、キッズスペースのおもちゃを大人が並べ、片づけまでやってやる様子を見て、深津さんはショックを受けたといいます。現在は、使いやすく片付けやすいようにおもちゃが用意されているので、全て子どもたち自身が出し、しまうことができます。
「このスペースで遊ぶ様子を見ているだけで、『うちの子ってこんなこともできるんだ!』と、発見することがたくさんありますよ」という深津さんの言葉に、ヨーコさんも深く頷いていました。

最後に、今後「まちのおやこテーブル」ではどのような展開を考えているのかをヨーコさんに聞いてみました。

「本当の『まちのおや、まちのこども』を作っていくことですね。母親もまちの中で『わたし』を大切に活動できるようにしていければ、もっといい。まちを基盤にした仕事も生み出していけたらよいな、とも考えています。そのためには、いまの活動だけではなく、あらたなプロジェクトを立ち上げることもあるかもしれません」
ヨーコさんの視線の先には、世代や性別を超えて、人と人とが地域でやさしく繋がるコミュニティの姿がありました。

※国際モンテッソーリ協会 http://www.geocities.jp/ami_tokyojp/ami.html

モンテッソーリ教育について
参考: http://ikihug.com/kenkyu/montessori/tokucho.html#top

 

ヨーコさんのぶんハピ 国分寺歴 4年

代表で呼びかけ人のヨーコさん

代表で呼びかけ人のヨーコさん

武蔵国分寺公園

武蔵国分寺公園で、ピクニックしながら青空を眺めているときが、最高にHAPPYです!

 

深津さんのぶんハピ 国分寺歴 7年

深津高子さん

深津高子さん

カフェスロー

やっぱり、カフェスローかな(深津さんは、カフェスローのオーナー、吉岡淳さんのパートナーでもいらっしゃいます)。特にお店に入って右奥の、この窓際の席が気に入っています。ギャラリーや自然育児の会のスタッフやカフェ併設の「こどもパン」の店長さんが出入りする姿も見えるので、ちょっと声をかけてお話ししたりできて、いいコミュニケーションの場です。

 

 

取材:ぶんハピリポーター

青木さん2

 

活動情報

まちおやこマークまちのおやこテーブル

※過去のイベントの様子や今後のイベントの開催場所、日程などについてはホームページやFacebookページなどでご確認ください。

ホームページ http://machinooyako.com/

Facebook まちのおやこテーブル

twitter ‎@machinooyako

メール info@machinooyako.com


コメントは受け付けていません。

記事一覧

  • ママ同士で子どもを預け合う取り組み 親子ひろばスタッフがサポート   国分寺駅南口にある親子ひろば、BOUKENたまご の施設内で少しの間、子どもを他のお母さんに預けて、自分の時間を作れるという取り組みが「あず […]

    BOUKENたまご あずこっこクラブ
  • 親子が離れて過ごす2時間 子どもと自分を見つめ直す貴重な教室 並木公民館の井上さんにお話を伺いました。   Q1.講座の特色 育児や自分、家族、将来の事などを立ち止まって考える時間を持つこと、地域で子育てを互い […]

    並木公民館 「幼い子のいる親のための教室」
  • ママたちの「ほしい、やりたい」を形にし 地域で支え合う仲間との出会いを生む教室 光公民館の米光雪美さんにお話しを伺いました。   Q1.講座の特色 「昨年のテーマは、『地域で育つ親と子の暮らし』。地域で子育てを […]

    光公民館 「幼い子のいる親のための教室」
  • 自分らしさを大切にしながら 子どもと一緒に育ちを楽しむ温かな時間 もとまち公民館の南波素子さんにお話しを伺いました。   Q1.講座の特色 「もとまち公民館では、今期は早稲田大学の竹内麻子さんを講師に招き、『子 […]

    もとまち公民館 「幼い子のいる親のための教室」
  • 「じぶん」を見つめ 生き方・家族・子育てを前向きに考える場 恋ケ窪公民館の保育室担当の萩野可奈子さんにお話しを伺いました。   Q1.恋ケ窪公民館での講座の特色   「今年度は、全回を通して『母でもな […]

    恋ケ窪公民館 「幼い子のいる親のための教室」
  • 育児サークル はとぽっぽを取材して来ました。 ほとぽっぽは、しんまち児童館を主な活動場所としている育児サークルです。現在は、主に幼稚園入園前の子どもとママ達が中心となって週2回(火・木)活動しています。サークルメンバーは […]

    育児サークル はとぽっぽ
  • 講座内容は参加者のオーダーメイド 語りつくせる仲間ができる教室   本多公民館の子育て支援事業担当の木場さん、櫻井さんに「幼い子のいる親のための教室」について、お話しを伺いました。   Q1.本多公民 […]

    本多公民館 「幼い子のいる親のための教室」(子育て支援事業)
  • 「幼い子のいる親のための教室」とは?   国分寺市内の公民館で行われている、子育て支援事業。幼い子を育てる人たちが子育てで感じている疑問や悩み、家族のこと、自分の生き方などを地域の仲間と話し合う目的で、各公民館にて年1回 […]

    公民館の子育て支援事業「幼い子のいる親のための教室」紹介
  • 子育てサークル バンビーニ バンビーニを取材してきました。 バンビーニが活動している場所は、トミンハイム住宅の一角にある集会所。取材した日もたくさんの親子連れで賑わっていました。 4月に引越ししてきた親子からお話を聞くと […]

    子育てサークル バンビーニ
  • ニュージーランド生まれのプレイセンター 子育てを共に学び、親子で成長する遊び場 プレイセンター ピカソは、ニュージーランドで生まれたプレイセンターの活動を日本で初めて実践したグループです。活動拠点は、五日市街道沿いにある […]

    プレイセンター ピカソ
  • BOUKENたまごが北口から南口へ移転しました BOUKENたまごが2015年11月に国分寺駅南口から徒歩約1分の都営住宅1階に移転しました。以前の場所から3倍くらい広くなりました。ねんねの赤ちゃんと動き回るお子さんが遊 […]

    BOUKENたまご移転
  • 「ハンティントン」を取材してきました 小雨が降る中、ハンティントンの活動がスタート。取材した日のメニューは炊き込みご飯とスープ、どちらも炊飯器で作るとのこと!毎回、メンバーで炊き出しをしながら自然と料理の知恵を共有できる […]

    自主保育グループ ハンティントン
  • 「ぐるんぱ」を取材してきました 自主保育グループ「ぐるんぱ」の活動を取材するために国分寺市プレイステーション(以下プレステ)へ行ってきました。この日は、炊飯器(プレステで借りられます)でトマトリゾットを作ることに。皆が持 […]

    自主保育グループ ぐるんぱ
  •   自主保育グループとは   未就園児を持つ親が親子で週に数回集まり、一緒に遊んだりおしゃべりするグループ活動。遊ぶといっても内容はグループやその日の参加メンバーによっても様々です。おもに公園や国分寺 […]

    市内にある自主保育グループの紹介
  • 1時間でも預けられる保育サービス 訪問保育と託児室の両方で利用可 『とんとん♪あそぼ』は、NCMA.Japan認定チャイルドマインダー(※)の速水朋子さんが国分寺近辺の子どもを対象に2015年4月からスタートした家庭的な […]

    とんとん ♪ あそぼ *託児室は3月で終了。訪問保育、イベントでの保育を受付け
  • ひとつのテーブルを囲みお茶で一息 子育ての不安もみんなで共有出来る場所 親子の遊び場『おやこのひだまり』を主催する「NPO法人ワーカーズ風ぐるま」は、赤ちゃんからお年寄りまで、いつも安心して暮らせるまちづくりを目指し、た […]

    おやこのひだまり
  • 季節の音や手遊びをプラスして 親子で一緒に楽しいわらべうたの時間 坂野知恵さんとわらべうたの出会いは、一番上のお子さんが3歳、二人目のお子さんが1歳だった1989年、近所の人に教えてもらって親子でわらべうたの会『たんぽぽ […]

    知恵さんのわらべうた
  • 同じメンバーが揃う良さを実感 国分寺の老舗的会員制親子ひろば 恋ヶ窪公民館の向かいにあるペールグリーンの素敵なお家。週に3回OPENする「親子スペース麦」の看板を気になりながら結局素通りしていた私、もしかするとそんな方が […]

    親子スペース麦
  • 東恋ヶ窪親子ひろば 国分寺第三小学校内にあるひろばへは連雀通りに面した校門から入ります。校舎を右からぐるりと回って校庭に出て直進するとひろばのある学童保育所の建物が、プールの右隣に見えてきます。 スタッフは16名。ひろば […]

    東恋ヶ親子ひろば
  • 日吉町親子ひろば ぬくもりのある木のおもちゃを多く揃えています。スタッフによる手遊びうたで親子で楽しくスキンシップがとれます。初めての方でもスタッフや先輩ママが気軽に声をかけてくれるので安心。とてもアットホームな雰囲気で […]

    日吉町親子ひろば
  • 戸倉親子ひろば 初めてでもスタッフの方が話しかけてくださったり、子どもの歌のBGMが聞こえたりして馴染みやすい雰囲気です。入り口近くのカーペットには木の電車やお手玉などおもちゃがたくさん用意されています。奥の畳の上にはす […]

    戸倉親子ひろば
  • 西町親子ひろば 緑の多い静かな住宅街にある八小の校門の少し右側に小さな入口があります。「にしまちおやこひろば」と書かれた赤い看板が目印です。 3人のスタッフが、優しい笑顔で迎えてくれます。曜日によっては、お兄さんのスタッ […]

    西町親子ひろば
  • 泉町親子ひろば 大きな窓から光が差し込む明るく広い気持ちの良い場所です。駅から徒歩約3、4分と便利。 近くのマンションに住む親子や、子どもの健診帰りにちょっと寄っていく親子も。広いスペースも多いときには50組以上の親子で […]

    泉町親子ひろば
  • 本多親子ひろば 本多児童館の2階にある二部屋が親子ひろばのスペースになっています。常時2名いるスタッフが迎えてくれます。多いときは50組以上の親子が来ることも。 児童館で開催していることもあり、親子ひろばが終わった後も児 […]

    本多親子ひろば
  • 自宅の一室を地域に開き 親子におはなしの魅力を伝える空間 武蔵国分寺公園近くの静かな住宅街。毎週金曜日の午後、赤ちゃん連れのお母さんたちや近所の小学生が集まる場所があります。そこは、長年、小学校や児童館で多くの子どもたち […]

    はらっぱ文庫
  • 開放的な広い和室 ちょっとした心配事を相談できる場所 「西恋ケ窪親子ひろば」はNPO法人冒険遊び場の会が市から委託され2013年4月から市民プール内の和室にて運営しています。「BOUKENとっとこ」は、同会が北口駅前の商 […]

    西恋ヶ窪親子ひろば「BOUKENとっとこ」
  • 子どもの遊びを通して親子で育ち学び合い みんなで協力して運営する会員制サロン 住宅街の一角で遊ぶ子どもたちとそれを見守る母親たちの姿。近づいてみると、和やかな雰囲気の中、笑顔で応じる人たちの輪は、プレイセンター小さな森の […]

    プレイセンター小さな森
  • 経験豊富な講師の指導のもと 広いスペースで親子一緒に健康づくり 毎週木曜、ひかりプラザで行われている親子体操クラブ「チックタック」に、1歳3ヶ月の娘と一緒に参加しました。 指導するのは健康運動指導士で、NPO法人 「健康 […]

    親子体操クラブ「チックタック」
  • 魅力的なプログラムとスタッフが ママのリフレッシュと笑顔をサポート ファミリーサロンのある一軒家のドアを開けると、スタッフの方が笑顔で迎えてくれます。ゆったりと明るいメインルームには、子どもが自由に遊べるようにおもちゃや […]

    ファミリーサロン
  • ハンデのあるお子さんの一時預かり 地域に開いた交流の場として運営 クローバーは、2011年の夏からNPO法人グリーンハートが、国分寺市から委託されて運営する障がいのあるお子さんの一時預かり事業です。「ハンデのある子どもと […]

    クローバー